接戦に次ぐ接戦に野性爆弾・くっきーも絶句!「第16回高校生RAP選手権」2回戦~決勝レポート

「BSスカパー!BAZOOKA!!! 第16回高校生RAP選手権 令和元年スペシャルトーナメント」が、7月24日に東京・新木場 STUDIO COASTで開催され、若手ラッパーたちが激戦を繰り広げた。

今大会では、第11回から15回大会までの優勝・準優勝者7名に審査員推薦枠1名を加えた8名と、東京・大阪で行われたオーディションを勝ち抜いた現役高校生MC8名の、現役組と卒業組16名がしのぎを削るスペシャルトーナメントを実施した。

現役王者・百足が沈むなど波乱の1回戦を経て、勝ち上がった8名が2回戦に進出。

→1回戦レポートはこちら

■2回戦

tricot・中嶋イッキュウ、野性爆弾・くっきー、小籔千豊

©BSスカパー!BAZOOKA!!!第16回高校生RAP選手権 令和元年スペシャルトーナメント

レギュラー出演のtricot・中嶋イッキュウは1回戦を振り返り「(審査員の勝敗の判断が)全員一致が多かったんですけど、それは本当に差がないところでの判断になったと思うから、逆に接戦が多かったんだろうなって思います」と分析。また、野性爆弾・くっきーも「レベルが高くてすごいな...」と言葉を失っていた。

Novel Coreto(左)/八咫烏(右)

©BSスカパー!BAZOOKA!!!第16回高校生RAP選手権 令和元年スペシャルトーナメント

2回戦Aブロック第1試合は、Novel Coreと八咫烏が激突。Novel Coreの先攻でスタートしたバトルは、Novel Coreが4、八咫烏が1という結果に。

審査員のICEBAHN・FORKは「とにかく接戦でした。(判定は)もう好みになると思う。レベルの高い試合でした」とコメントし、同じく審査員のSIMI LAB・MARIAは「接戦だったんですけど、割とNovel Coreの方が大事なポイントを突いていたというか、核心的だった」と明かした。

HARDY(左)/韻マン(右)

©BSスカパー!BAZOOKA!!!第16回高校生RAP選手権 令和元年スペシャルトーナメント

2回戦Aブロック第2試合は、HARDYと韻マン。先攻と後攻を決めるじゃんけんに勝ったHARDYは、悩みながら先攻を選択。韻マンの韻を踏みまくるというスタイルについて展開したバトルは延長戦までもつれた末、HARDYが3、韻マンが2という僅差でHARDYが勝利を収めた。

審査委員長の漢 a.k.a. GAMIは「HARDYは分かりやすさとポイントの強さがあった。韻マンのラップはどうしても韻を意識して聴いてしまう」と告白し、審査員のCreepy Nuts・R-指定は「HARDYの方がパフォーマンスで一枚上手だった」と称えた。

G-HOPE (左)/Red Eye (右)

©BSスカパー!BAZOOKA!!!第16回高校生RAP選手権 令和元年スペシャルトーナメント

2回戦Bブロック第1試合は、G-HOPE対Red Eye。じゃんけんに勝ち後攻を選んだRed Eyeが5対0で勝利を手にした。

FORKは「Red Eyeの"見せ方"が、現場経験なのかカッコ良かった。G-HOPEも自分のペースでラップをして退かなかったけど、相手の方が上だったかな」と戦評。

9for(左)/S-kaine(右)

©BSスカパー!BAZOOKA!!!第16回高校生RAP選手権 令和元年スペシャルトーナメント

2回戦Bブロック第2試合、9forとS-kaineの一戦では、9forが2票、S-kaineが3票という結果に会場からどよめきが起る一幕も。

白熱した勝負に、S-kaineの札を上げた漢は「(S-kaineに)ヒップホップのカッコ良さを感じた。(勝負は)上手い下手というレベルじゃなかった」と評し、一方、9forの札を上げたMARIAは「(勝負が)上手い下手じゃなかったからこそ(判定に)悩んだ。でも、9forの方が打ち返してたかな」と見解を示した。

二人の熱い勝負にくっきーは「血がたぎる勝負! 決勝みたいだった」と絶賛。

■準決勝

Novel Core(左)/HARDY(右)

©BSスカパー!BAZOOKA!!!第16回高校生RAP選手権 令和元年スペシャルトーナメント

ベスト4による準決勝の第1試合は、Novel Core対HARDY。互いに非の打ちどころのない見事なラップを披露した二人に、漢は「両方ともノーミスで削るところがなかった」とうなり、延長戦を決定。延長戦では、Novel Core4票、HARDY1票でNovel Coreに軍配が上がった。

R-指定は「むちゃくちゃ良かった!」と2人のバトルを称え、Novel Coreについて「倍速で畳み掛けるけどちゃんと聞き取れるし、そんな中で最後はゆっくり落とすといったラップの完成度としてきれいだった」と勝因を語った。

また、審査員のMC☆ニガリ a.k.a 赤い稲妻が「(判定が)すっごく難しくて審査しづらいです...(苦笑)」と接戦に頭を抱える場面も。

Red Eye(左)/S-kaine(右)

©BSスカパー!BAZOOKA!!!第16回高校生RAP選手権 令和元年スペシャルトーナメント

準決勝第2試合は、Red EyeとS-kaineが激突。Red Eyeの後攻で始まったバトルも実力伯仲の試合に。3対2でRed Eyeが辛くも勝利。

Red Eye勝利に票を投じたFORKは「Red Eyeの"見せ方"が上回ったかな。でも、S-kaineは『ニクいな』というメタファーを盛り込んでいて、ラップとしてカッコいいなと思った」と両者を称賛。

対してS-kaineに投票したMARIAは「バックグラウンドが見える系のラッパーってオラオラしているだけだったりするけど、S-kaineにはセクシーさがあった。私が欲しいものを持ってた」とS-kaineのラップに心酔したことを明かした。

■決勝戦

Novel Core(左)/Red Eye(右)

©BSスカパー!BAZOOKA!!!第16回高校生RAP選手権 令和元年スペシャルトーナメント

数々のライバルとの激闘を経て決勝に進んだNovel CoreとRed Eye。漢が「スター性を持っている2人だけに期待して見たいですね」と期待を寄せる中、Novel Coreは「ここまで来るためにやってきたんで当然勝ちます!」と意気込みを語り、Red Eyeは「頑張ります」とクールな言葉で静かに闘志を燃やした。

8小節の3ターンでバトルする決勝では、Red Eyeが勝利を収め、念願の王者に輝いた。

©BSスカパー!BAZOOKA!!!第16回高校生RAP選手権 令和元年スペシャルトーナメント

勝利を手にし、「ありがとうございます」と喜びを語るRed Eyeに対し、Novel Coreは「正直めちゃくちゃ悔しいです。でもこれから(ラップに)説得力をつけられるように頑張りたいです」と前向きなコメントを。

→Red Eye優勝インタビューはこちら

FORKは「『努力してのし上がって来た』という(ライムの)Novel Coreに対し、Red Eyeは『好きなことを努力と言っているうちは...』と一個上のスタンスを見せ続けた」と勝因を解説。R-指定は「両方レベルアップしている中で、互いを認め合って戦う姿は美しいなと思いました」と感想を。最後に、漢が「難しい判断もたくさんありました」と激戦続きの今大会を総評し、大会を締めくくった。

文=原田健

この記事の画像

放送情報

BSスカパー!BAZOOKA!!!第16回高校生RAP選手権 令和元年スペシャルトーナメント
放送日時:2019年8月26日(月)21:00~
チャンネル:BSスカパー!
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事