赤西 仁 理想に向かって突き進む彼の5年間の軌跡を追う!

赤西 仁
赤西 仁

2014年、30歳を機に自主レーベルGo Good Recordsを立ち上げ音楽活動を続けてきた赤西 仁。彼の5年間の軌跡を描いたドキュメンタリーシネマ『JIN AKANISHI 5th Anniversary Our Years Film』が、MUSIC ON! TV(エムオン!)で放送される。

5月15日に、新作アルバム『THANK YOU』をリリースしたばかり。そのアルバムの発売を記念した全18公演のツアー「JIN AKANISHI "THANK YOU" TOUR 2019」を4月6日から開催するはずだった。しかし、スタート直前に腰の痛みを訴え病院で検査を行った結果、「変形性腰椎症」という診断を受け、急きょこのツアーが、『JIN AKANISHI 5th Anniversary Our Years Film』の上映会に変更となり、ツアーファイナルの5月30日まで会場で公開されていた作品だ。

ソロアーティストJIN AKANISHIは、とにかく音楽に対してストイックだ。海外の音楽トレンドを貪欲に取り入れたサウンドに英語詞の楽曲の数々。ホールツアーではプロジェクションマッピングと多様なジャンルのダンサーを使ったコンセプチュアルなパフォーマンスを行ったかと思えば、アリーナ会場では開場時間からDJタイムがスタートし、オールスタンディングにしたアリーナフロアにバーカウンターを設置して巨大クラブを再現したり、はたまたバンド編成のライブを行ったりと、ライブの形態も幅が広い。

もちろん楽曲制作からライブ制作、そしてグッズ制作にいたるまで、自分の思ったものに対して一切妥協を許さない赤西自身によるセルフプロデュース。

そのライブを一度でも見れば、なぜ彼がすべてセルフプロデュースを行っているかがわかる。彼には高い理想があり、その明確な理想に向かって、誰からも邪魔されることなく、猛スピードで突き進んでいきたいからだ。

彼のライブに行くと、思いのほか男性比率が高いのに気付く。しかも、赤西の容姿への憧れから真似る男性が多い。スタイリッシュなファッションはもちろん、彼が歌う姿、そして踊る姿は、同性が見てもカッコいいだろう。

また、「MCが苦手だ」といいつつ、トークコーナーでは気軽に客席と会話するフランクさや、そこで見せるやんちゃな感じとライブ中の彼とのギャップが女性ファンにはたまらない。俳優の山田孝之とユニットを組んでみたりするフットワークの軽さも、「何をするかわからない」ドキドキ感を味合わせてくれる。独特のツンデレ感が赤西の魅力なのではないだろうか。

そんな彼の5年間の歩みと魅力が『JIN AKANISHI 5th Anniversary Our Years Film』には詰め込まれている。独立してからメディアで自らを語ることのなかった彼、アーティストJIN AKANISHIが形作られていく過程がドキュメンタリーとして見られるのは貴重だ。

文=坂本ゆかり

この記事の画像

放送情報

赤西 仁 「JIN AKANISHI 5th Anniversary Our Years Film」 前編
放送日時:2019年7月4日(木)22:00~
チャンネル:MUSIC ON! TV(エムオン!)
赤西 仁 「JIN AKANISHI 5th Anniversary Our Years Film」 後編
放送日時:2019年8月3日(土)21:00~
チャンネル:BSスカパー!
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!