赤西仁、初のバンドツアーが終演!力強く、時に優しい歌声でファンを魅了

赤西仁の約3年半ぶりとなる東名阪ライブハウスツアー「JIN AKANISHI "JINDEPENDENCE" TOUR 2018」が、5月24日(木)にZepp Tokyoにてファイナルを迎えた。
熱気に包まれた会場は、1曲目の「We The Party」からノリノリ。ファンのClap handsと共に、赤西が伸びた髪を振り乱しながら小気味いいリズムを刻んでいく。特筆すべきは絶妙なライティングと巧妙な見せ方。そこにクールなダンスを散りばめ、会場のボルテージを一気に上げていく。「Eat Ya Heart Out」では、真っ赤なライティングで踊ったかと思えば、次の瞬間にはレーザーを全身に浴びながら力強く、時に優しい歌声でファンを魅了。さらに、彼が20歳のころに応援ソングとして制作した「care」や、「ムラサキ」などなつかしい曲も披露。イントロが流れた瞬間にファンから黄色い歓声が飛び、歌い始めるとしっとりしたメロディーとその歌声に聞き入る姿が印象的だった。

アップテンポな「Lucky」が終わると、赤西が苦手(?)と自嘲するMCがスタート。「あー、しんどい!今の曲キライ(笑)」とのっけから彼らしいブラックジョークで笑わせつつ、「バンドでライブやるの初めてでドキドキしてた」と素直な心境を吐露。また「情報解禁!8月にリアレンジ・アルバムをリリースします」とファンにうれしいお知らせも。「この後、新曲2曲やるけど、1曲をアルバムに入れる予定。どっちが良かったか後で聞くから」と語り、その後に披露された「Candy Flavor Girl(仮)」「Felling(仮)」のどちらが好きか、ファンが投票する試みを実施。ファンにもアルバム制作に加わってもらおうという、赤西の粋な計らいが感じられた。

後半は「緊張する」と言いながらギター弾き語りで「Baby」、ウイスパーヴォイスが心地よい「Mi Amor」、ラップと超絶ロックを融合させた「Dayum」、ファンのジャンプで会場が揺れた「Fill Me Up」など、色彩豊かな楽曲をノンストップで熱唱。
息を切らしながら「ありがとうございました。今日でツアーが終わりましたー。では、よいお年を!じゃーねー」とステージを後にした赤西。ファンの前で歌うのは、ことしはこれで最後という意味での、だいぶ気が早い「よいお年を!」だったが、MC中には8月のリアレンジ・アルバムとは別に、2019年にリリースする予定の曲を現在、制作中であることも明かされた。
これまで、「世界で最もハンサムな顔100人」に5年連続で日本人トップを獲得したり、山田孝之とコラボしてCDをリリースしたり、活躍の場を自身で切り開いてきた赤西の今後の活動に目が離せない。

また、BSスカパー!では5月23日(水)の公演の模様を7月21日(土)に放送。テレビの前で、熱気を感じてほしい。

文=hacci 

この記事の画像

放送情報

JIN AKANISHI “JINDEPENDENCE” TOUR 2018

放送日時: 2018年7月21日(土)21:00~

チャンネル: BSスカパー!

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

関連記事