ワン・ダイレクション、「1D現象」を世界に巻き起こしたボーイズグループの軌跡

ワン・ダイレクション
ワン・ダイレクション

リアム・ペイン、ナイル・ホーラン、ルイ・トムリンソン、ゼイン・マリク、ハリー・スタイルズ。この5人が「ワン・ダイレクション」として活動をスタートしたのは2010年7月23日。彼らはイギリスのオーディション番組「Xファクター」(シーズン7)に参加したことをきっかけに、審査員を務めていたヒットメーカーのサイモン・コーウェルに見出され、グループを結成した。全員がソロでオーディションを受けており、それぞれが個性を持っていて歌唱力や表現力などのクオリティーも高かった。

■2011年9月にデビューし世界中で旋風を巻き起こす

結成当初から注目度が高く、2011年9月にリリースしたデビュー・シングル「ホワット・メイクス・ユー・ビューティフル」は全英チャート初登場第1位を記録。続けてリリースされたデビュー・アルバム『アップ・オール・ナイト』は、イギリス出身グループとして史上初となるデビュー作で全米アルバム・チャート初登場1位という快挙を達成した。あのビートルズも成し遂げられなかったことを実現させたことで、人気も注目度もさらに上昇。デビューからわずか数ヶ月で、"1D現象"を世界に巻き起こした。

2012年にリリースした2ndアルバム『テイク・ミー・ホーム』では、メンバー自身が曲作りに多くかかわっており、アーティスト性も強くなっていた。

2013年には3rdアルバム『ミッドナイト・メモリーズ』がリリースされ、1Dの勢いはさらに加速。彼らのツアーを追ったドキュメンタリー映画『ワン・ダイレクション THIS IS US』が公開され、2日間にわたる千葉・幕張メッセで初の来日公演も実現した。

そして2014年には日本のケータイ電話会社のCMにメンバーたちが出演し、大きな話題になった。その時のCMのメッセージが「たった3年で人生は変わる。」だったが、3年で世界を変えてしまった彼らだからこそ、説得力のあるメッセージとして受け取ることができた。

■2015年の年末で活動を休止、2021年7月23日で結成11周年を迎える

2014年11月、4枚目のアルバム『フォー』をリリース。もちろん世界的なヒットとなり、アメリカでも1位を記録して"デビュー作から4作連続で全米チャート初登場1位を記録した唯一のグループ"となる。人気と勢いはさらに増していたが、2015年3月にゼインがグループを脱退。4人で活動を続けるが、同年11月にリリースした5thアルバム『メイド・イン・ザ・A.M.』をリリースした後、各自がソロ活動に専念するために、15年いっぱいでグループでの活動を休止してしまった。

リアムは2019年12月にアルバム『LP1』を、ナイルはこれまでに『フリッカー』『ハートブレイク・ウェザー』の2枚のアルバムをリリース。ルイは2020年2月にアルバム『ウォールズ』を、ハリーはアルバム『ハリー・スタイルズ』『ファイン・ライン』を発表。脱退したゼインも『マインド・オブ・マイン』『イカロス・フォールズ』『ノーバディ・イズ・リスニング』をリリースしており、現在はそれぞれが自身の音楽を追求している。

活動再開を首を長くして待っているファンもきっと多いはず。その日を夢見て、MTVで放送される「ワン・ダイレクション VideoSelects」「MTV Asks:ワン・ダイレクション」「ワン・ダイレクション SOLO WORKS VideoSelects」で、1Dの魅力をじっくり味わいたい。

文=田中隆信

この記事の画像

放送情報

ワン・ダイレクション VideoSelects
放送日時:2021年7月24日(土)2:00~
MTV Asks:ワン・ダイレクション
放送日時:2021年7月24日(土)22:30~
ワン・ダイレクション SOLO WORKS VideoSelects
放送日時:2021年7月24日(土)23:00~
チャンネル:MTV
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!