今市隆二Suchmosサカナクションらが出演、3日間の祭典

サカナクション
サカナクション

J-WAVEが主催する大型音楽イベント『J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 supported by antenna*』が、7月21日(金)、22日(土)、23日(日)に横浜アリーナで開催された。

今年で18回目となる同イベント。初日はAimer、秦 基博、サカナクションが登場。2日目はRIRIがフロントアクトを務め、水曜日のカンパネラ、ユニコーン、福耳、平井堅、Suchmosが出演した。最終日はDAOKOがフロントアクトを務め、CHEMISTRY、AI、RHYMESTER、久保田利伸、今市隆二(三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE)ら全5アーティストの演奏を大橋トリオが率いるバンドが担当するという、『J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017』ならではの特別な共演が実現。加えてスペシャル・ゲストとして清水ミチコがパフォーマンスを披露した。

2日目のアンカーにSuchmosを抜擢

そんな強力なラインナップなだけに、もちろん見どころは数知れない状況である。水曜日のカンパネラは、無国籍的な装飾を施した山車や、ステージを覆い尽くすような巨大な仕掛けとともにアーティスティックかつポップな世界観でアリーナを包んだ。

水曜日のカンパネラ
福耳

杏子、山崎まさよし、COILの岡本定義、あらきゆうこ、元ちとせ、スキマスイッチ、長澤知之、秦 基博、さかいゆう、浜端ヨウヘイ、松室政哉という豪華な面々からなるユニット、福耳は、『ひまわりの約束』『セロリ』『全力少年』といった各メンバーのヒット曲から、5年ぶりとなる新曲『ブライト』『Swing Swing Sing』までを惜しげもなく披露。メンバーそれぞれの歌声と躍動感あふれる演奏で客席を引き込んでいった。

Suchmos

2日目のフィナーレを飾ったのはSuchmos。昨年からの躍進ぶりには凄まじいものがあるが、J-WAVEリスナーの間で支持が拡大したこともブレイクのきっかけの一つだ。ボーカルのYONCEはそうした経緯をふまえ、ラジオから「音」を通して出会ったリスナーたちへ感謝の想いを表明し、彼らのサウンドが横浜アリーナのスケール感にもハマるものであることを証明するパフォーマンスをみせた。

オオトリ今市隆二は新曲を披露!

最終日の特色は、なんといっても総勢12名のミュージシャンからなる大橋トリオスペシャルバンドがスペシャル・ゲストの清水ミチコを除くすべてのアーティストたちのバックバンドを務めるというところ。加えて、この日はCHEMISTRY、AI、久保田利伸と日本のポップ・シーンが誇る圧倒的歌唱力のアーティストたちが勢ぞろいという特色もある。どのアーティストも12名からなるバンドをバックにパフォーマンスすることの貴重さと豪華さに感激していたのが印象的であり、実際に素晴らしい演奏だった。

CHEMISTRY
AI
RHYMESTER
久保田利伸&AI

今年2月末に活動を再開したCHEMISTRYは、『PIECES OF A DREAM』、『君をさがしてた~The Wedding Song~』などヒット曲を次々と繰り出した。気さくなトークと迫力の歌声で場内を掌握したAIの時間帯には、大橋トリオスペシャルバンドの奏でる爆音サウンドが炸裂。また、RHYMESTERはスペシャルバンドとの共演とは別に、この日唯一のヒップホップ・アーティストとして冒頭の2曲では2MC+1DJからなる正統派のヒップホップスタイルでのパフォーマンスも提示し気を吐いた。また久保田利伸の『Soul 2 Soul feat. AI』ではAIがステージに登場し共演が実現。イントロと同時に場内がどよめいた『LA・LA・LA LOVE SONG』はこの日のピークポイントの一つだっただろう。

今市隆二

そんな歓喜の瞬間が続出したスペシャルな3日間のラストを飾ったのは、今市隆二(三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE)。われんばかりの大歓声に迎えられステージに登場すると、すぐさま「Are You Ready?」と客席とコミュニケーションをとる。まぶしい笑顔がスクリーンに映し出されれば、満員の場内の視線をくぎ付けに。華と存在感がやはりすごい。1曲目の『Over & Over』からステージの左右端まで向かい、艶やかな歌声を響かせつつ、情熱的に場内のテンションをさらに高めていく。三代目J Soul Brothersの『Eeny,meeny,miny,moe!』をソロ・バージョンで披露したのち、「ということで、横浜アリーナの皆さん盛り上がってますか!」と、スタンド、アリーナそれぞれに向けて声をかける。「2年ぶりのJ-WAVE LIVEです。ソロという夢をかなえてもらった場所でもあったので帰って来られて嬉しいです」と同イベントとの縁を語った。

「頭の2曲はアップテンポでいったので、バラードでいきたいと思います」と『ALL LOVE』を情感たっぷりに歌い上げ、そこから一転しての『Won't Be Long』のカバーでは、場内が一気にお祭り状態に。「お客さん、みんなの声をきかせてください」と煽りながらのコール&レスポンスもばっちり決まって、「みなさん本当にありがとうございました」と一礼して颯爽と退場した。濃密なパフォーマンスだったが、まだまだ聴き足りない。当然、アンコールの声と拍手が沸き上がる。

今市隆二

暗いステージの中央、スポットライトの光のみに照らされながらアンコールに応えてまず披露したのが『君の瞳に恋してる』の邦題で知られる『Can't Take My Eyes Off You』のカバー。ホーンセクションの音が映える曲で大橋トリオスペシャルバンドの演奏も素晴らしい。男の色気と包容力に溢れた今市の歌唱と重なりあって、J-WAVE LIVE SUMMER JAMだけで味わうことのできる一夜限りのコラボレーションの醍醐味が満開となった。

「3日間、自分からしたら尊敬に値する人達ばかり出ているんですけど。そこでトリを務めさせていただいて。本当に光栄です」と語ったのち、「いやあ、これ終わりたくないですね。ステージに立つのは久しぶりなので懐かしいというか。ステージの上は最高ですね、みなさん」と客席を見渡した。そして、今市が尊敬するR&B界の大御所、ブライアン・マックナイトにロサンゼルスで対面し書き下ろしてもらったという新曲『Thank You』を披露。ずっと歌い続けていきたいという想い、感謝の気持ちを忘れない人間でありたいという想いが込められた曲で、一言一句聴き漏らすまいという観客皆の気持ちが反映されたかのような静寂さのなかで、「Thank You」というフレーズがドラマチックに響き渡った。感謝の想いが託された新曲は、まるで観客席に届けられたギフトのようで、充実感に溢れた心温まるフィナーレとなった。

Writer:森田美喜子

※この記事はヨムミル!ONLINEの転載になります。

この記事の画像

放送情報

J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 【Day1&2】 <出演 Day1> Aimer/サカナクション/秦 基博 <出演 Day2> Suchmos/水曜日のカンパネラ/平井 堅/ユニコーン/福耳
放送日時:2017年9月4日(月)21:00~5日(火)0:00
チャンネル:フジテレビNEXT ライブ・プレミアム


J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 【Day3】 <出演> AI/今市隆二(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)/久保田利伸/CHEMISTRY/RHYMESTER/大橋トリオ/清水ミチコ
放送日時:2017年9月5日(火)21:00~23:00
チャンネル:フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!