Suchmosが語る横浜スタジアム 「ハマスタでライブやって、美味いステーキを食うのが目標だった(笑)」

Suchmos  YONCEとTAIKING
Suchmos  YONCEとTAIKING

ロック、ソウル、ジャズ、ヒップホップなど幅広い音楽から受けた影響を研ぎ澄まされたセンスと卓越した演奏技術によって昇華したオリジナルな音楽が絶大な支持を集めるSuchmos。今年3月に新作アルバム『THE ANYMAL』をリリースし、全国7都市8公演のアリーナ・ツアーを行った彼らは、ツアー途中でベースのHSUが緊急入院するというアクシデントに見舞われるも見事復活。大成功のうちにツアーを終えたが、その先に控えているのは、結成当初から目標に掲げてきた地元・横浜スタジアムで開催される単独公演「"Suchmos THE LIVE" YOKOHAMA STADIUM」。BSスカパー!で9月8日(日)に独占生中継される、バンドにとって大きな節目となるライブを前に、彼らは今どんな思いを抱いているのだろうか。ボーカルのYONCEとギターのTAIKINGに聞いた。

──9月8日に予定されている横浜スタジアムでのライブを目前に控えたSuchmosですが、2019年は3月に発表した新作アルバム『THE ANYMAL』から始まりましたよね。まず、バンドの新たな方向性を切り開いた作品について振り返っていただけますか?

TAIKING「聴いていただければ分かると思うんですけど、あのアルバムの制作は大変だったんです(笑)。でも、その後、アルバムのアリーナツアーも終わり、自分たちもようやく客観視出来るようになりましたね」

YONCE「スタジオでトライ&エラーを繰り返した大変さとそれに見合うだけの手応えや発見があり、自分たちでもすごい作品を作ったなと思いますね」

──あのアルバムは流れに流されず、自分たちの表現したい音楽と向き合った作品でしたが、Suchmosの曲は毎回作品からライブで大きく成長していますよね。

TAIKING「そう、Suchmosはジャズ・セッションから曲を作ってきたんですけど、その極まった形が『THE ANYMAL』というアルバムなんですよ。ある意味でライブもそのセッションの延長というか、その時のテンションがそのまま反映されて、同じ曲でも作品とライブでは全くの別物になるんです」

YONCE「そして、今の俺らは仮にミスがあったとしても、その時の味として肯定出来る。音楽に対するそういう姿勢を保ったまま、アルバムからその後のアリーナツアーにかけて、『THE ANYMAL』の世界を突き詰めることが出来ましたね」

TAIKING「アリーナでライブをやるとなると関わるスタッフが多くなり、効果的に映像や照明を使いますし、通常なら使うタイミングを決めるために、演奏も固めておく必要があるんです。でも、僕らの場合、その時のテンションで曲の長さが変わってしまったりするので(笑)、そんな僕らに対応するべくスタッフには負担をかけてしまったと思います。ただ、『THE ANYMAL』は色んな音楽の楽しみ方提示した作品だったので、その後のライブも自由度の高いパフォーマンスをやらなきゃいけないタイミングでしたし、そういうライブをアリーナという大きな会場でやり遂げた達成感は大きいですね」

昔から横浜スタジアムでライブをやりたかったというSuchmos

──そのアリーナ・ツアーの最中にベースのHSUさんの緊急入院によって、新潟、福岡公演が振替となり、アジア・ツアーが中止になりました。その後、HSUさんは回復、完全復帰されましたが、緊急事態を経験したことでバンドはどう変わりましたか?

TAIKING「まず思ったのが、僕らに限った話ではなく、何をするにも健康第一だなって。体調不良になるタイミングは選べませんし、あいつが戻ってこれなかったらどうしようと思いましたし、『THE ANYMAL』というアルバムはこの6人じゃないとライブは出来ないなって思ってたので。だから、延期、中止という決定を下させてもらったんですけど、今後もし同じような事態が起きたらどうする?という話し合いをしたり、メンバーみんなのフィジカル、メンタルのケアの必要性を再認識したり、今回の経験によって、バンドは間違いなく強くなったと思いますね」

──そして、アルバム・リリース後は週末ごとにアリーナ・ツアーで全国各地に出かける日々が続きましたが、お二人はプライベートな時間をどのように過ごされていましたか?

TAIKING「結構難しかったですね。レコーディングが終わった後、そのまま、ツアーのリハーサルをやりつつ、プロモーションが始まり、『THE ANYMAL』をリリースする前からツアーが始まったので、カオスな日々でした。ライブを1箇所終えると、ぽーんと1週間空くんですけど、レコーディングで疲れてしまったので、空いた時間はメンバーとも会わず、それはそれで不思議な気持ちでした」

YONCE「空いた1週間は抜け殻のような状態になるんですけど、また週末には規模が大きいライブがやってくる。そのギャップで精神的にグラグラしている日々で、空いている時間に遊んだり、どこかに出かけるような感じではなかった。だから、まぁ、Suchmosは生活だったり、時間の使い方が下手くそなバンドなんですよ(笑)」

この記事の画像

関連情報

<放送情報>
“Suchmos THE LIVE” YOKOHAMA STADIUM 【独占生中継】
放送日時:2019年9月8日(日)17:00~
チャンネル:BSスカパー!
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。
<公演情報>
“Suchmos THE LIVE” YOKOHAMA STADIUM
日程:2019年9月8日(日)
会場:【神奈川】横浜スタジアム
時間:OPEN 15:00 / START 17:00
*追加席販売中

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!