動員よりも「意味」を――GLAY野外ライヴの変遷

7月31日、最高気温33℃。雨の予報を覆す炎天下、お台場の野外会場にて開催されたGLAYのフリーライヴ『TOKYO SUMMERDELICS』。

ファンと大切にしてきた「GLAYの日」

1999年、伝説の20万人ライヴ『GLAY EXPO '99 SURVIVAL』が開催されて以来、7月31日は「GLAYの日」としてファンに親しまれてきた記念日である。去る7月10日、オリコン1位を獲得した最新アルバム『SUMMERDELICS』の試聴会を機に、オフィシャルサイトで謎のカウントダウンを開始。「7月31日に何かが起こる」とほのめかしはしたものの、場所や時間などの詳細が明かされたのはフリーライヴ当日の午前10時。にも関わらずお台場には1万人が詰めかけた事実に、衰えることのないバンドのパワーを痛感する。

午後3時30分に開演すると、TERU(Vo)は満面の笑みで投げキッスを放ち、HISASHI(G)は水鉄砲を客席に向けて撃ちながら登場。フリーライヴという特性もあり、コアファンのみならず一般の観客への親しみやすさを重視したヒットパレードにするかと思いきや、1曲目に選んだのは新曲『the other end of the globe』。テレビドラマ『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』(2017年、TBS系)主題歌に抜擢されたアップチューンで、開放的なラテンのリズムが大空に溶け込んでいく。

セットリストの大半は新曲で構成したが、ピアノ・イントロの印象が強い90年代のミリオンヒット曲『HOWEVER』は、TERUもアコースティック・ギターを奏でる新鮮なトリプル・ギター編成で披露。選曲、アレンジ両面に「最新形態のGLAY」を感じさせる、瑞々しいステージだった。メンバーはMCでしきりに水分補給を呼び掛けながら、異口同音に「20万人ライヴの光景を思い出す」と懐かしそうに語った。

10年にわたり開催されなかった『GLAY EXPO』

『GLAY EXPO '99 SURVIVAL』の、単独アーティストによる有料ライヴとしては世界最多、未だ破られることのない20万人という巨大動員数。音楽に合わせてファンが両手を振り下ろす特徴的なアクション、通称「GLAYチョップ」が一斉に波打つような空撮映像は、誰の目にも明らかな「成功の証」だった。その後2001年に2度目、2004年には3度目の『GLAY EXPO』を開催し、数々の記録を樹立する。しかし、2005年に彼らは大手事務所から独立。自社を立ち上げ、苦難も味わいながら道を切り開き、動員記録・規模拡大を追い求めるのではなく「意味」のある活動を、との思いを深めていく。

デビュー15周年の2009年には『HOTEL GLAY』と題した2公演を日産スタジアにて開催。ホテル風豪華セットのみならず、実際にホテルともコラボレーションし、GLAYのおもてなしを体感できるユニークな企画で、『GLAY EXPO』に代わる新コンセプトとなった。2013年には故郷・函館での初野外ライヴ『GLAY Special Live 2013 in HAKODATE GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT Vol.1』を豪雨の中敢行。街を歩けばGLAYのポスターや幟(のぼり)を目にし、市と連携した盛り上げ体勢を取ることで地元の活性化を図った。

そして2014年9月、デビュー20周年という節目に、仙台・宮城スタジアムにて10年ぶりの『GLAY EXPO』を開催。10年とは、動員増・規模拡大を目指すのではない、『GLAY EXPO』の進むべき道がようやく定まるのに要した時間でもあった。同年3月の記者会見でTAKUROが「僕らの20周年は東北と共にあります」と誓った通り、東日本大震災の復興支援を掲げ、自治体と連携して経済波及効果をもたらした。郷里での凱旋公演同様、それは、言葉だけではない実質的な貢献だった。

25周年へ向けて。変わらないこと、変わっていくこと

自分たちの絶好のハレの舞台であるはずのアニバーサリーライヴを他者へ捧げる、GLAYというバンドの「人柄」。彼らがこれほどまでに長く愛され続ける理由は、そういった嘘のない活動の積み重ねから見えて来る誠実さにあるのだろう。もちろん、その魅力の大元にあるのは音楽だ。昨今ではTAKURO中心の楽曲制作から変化を遂げ、最新アルバム『SUMMERDELICS』にはTERU、HISASHI、JIRO(Ba)作の新機軸曲がひしめき、その空気感は今回のフリーライヴ『TOKYO SUMMERDELICS』にダイジェストされている。9月23日からはアリーナツアーがスタート。デビュー23年を数えるベテランは、きっとこれからも新しい顔を見せ続けてくれることだろう。

Writer:大前多恵

※この記事はヨムミル!ONLINEの転載になります。

この記事の画像

放送情報

GLAY LIVE SPECIAL "TOKYO SUMMERDELICS & HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2017 -Never Ending Supernova-"

放送日時:2017年10月15日(日)22:00~

チャンネル:MTV HD

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!