WINNER、念願の日本武道館で「一生一緒だよ」と涙の誓い

WINNER(左から) イ・スンフン、カン・スンユン、ソン・ミノ、キム・ジヌ
WINNER(左から) イ・スンフン、カン・スンユン、ソン・ミノ、キム・ジヌ

「YG ENTERTAINMENT」所属のボーイズグループ・WINNERが、4人体制となって初の日本ツアー「WINNER JAPAN TOUR 2018 ~We'll always be young~」を開催、4月28日にファイナルを飾る初の日本武道館を行った。

2年ぶりとなる日本ツアー、日本デビューから4年目でたどり着いた念願の日本武道館。熱気と期待感に包まれた会場に開幕を告げる映像が流れると、「W」のサイリウムで深い青に染まり、幻想的な空間を作り上げる。星空をイメージしたひし形のステージに4人が登場した瞬間、悲鳴のような大歓声が沸き起こった中、22ヵ国で配信1位を獲得したディスコナンバー「LOVE ME LOVE ME」でライブがスタート。続く「DON'T FLIRT」では観客たちと早くも熱狂的な掛け合いを見せた。「LOVE IS A LIE」はキム・ジヌ、カン・スンユンの熱量を抑えめにしたスリリングなボーカルワークに、ソン・ミノ、イ・スンフンのラップがクールに絡み合い、"オトナな"WINNERを披露してみせた。

ジヌが「武道館のステージで皆さんに会えて嬉しいです。一生忘れない、忘れられない日にしましょう!」と挨拶。その思いをスンフンが「(ぶ)武道館に来て」「(ど)(う)ドキドキしている僕たちの気持ちを皆さんも」「(か)(ん)感じてますよね?」と"武道館"をテーマにしたあいうえお作文で伝えたあと、中央のソファに腰をかけた4人は、敬愛する先輩・BIGBANGの名曲「HaruHaru」をWINNERバージョンにアレンジしたカヴァーを披露! 4人の個性とスキルがフルに活かされたボーカルリレーとラップで観客たちを魅了した。さらに未発表の新曲「RAINING」をスタイリッシュなダンスとともに届け、低音のハスキーボイスが耳をくすぐる「HAVE A GOOD DAY」は、青いサイリウムがきれいな波を描き、楽曲の情景をより深く映し出した。「COLOR RING」ではスンユンがアコギを弾き、メンバーがカメラ片手に表情豊かに歌う自撮り映像が映し出され、まるで4人の部屋に招かれているかのような嬉しい演出で観客たちの心を撃ち抜いた。

ライブ中盤、カジュアルな衣装にチェンジした4人が「準備はいいですか?」と飛び出して「REALLY REALLY」を披露。さらにトロピカルなダンスサウンドに合わせてサイリウムが七色に変化する「ISLAND」をパワフルに届けて一足早い夏気分に。新アルバムから「EVERYDAY」の日本語バージョンを初披露するサプライズも飛び出して、「最高で最強で最大級にしましょう、準備はいい? みんなで青春をしましょう!」というスンユンの掛け声を合図に、「OK、めいっぱい楽しもう!」と「IMMATURE」「JUST ANOTHER BOY」「SMILE AGAIN」の強めビートと最新鋭EDMサウンドが取り入れたダンスクラッシュを立て続け、メンバーの仲の良さが伝わるワチャワチャ感満載で、観客たちと一緒に弾けまくり。「SMILE AGAIN」の途中で「WINNER 武道館おめでとう」の巨大垂れ幕と、観客たちの手には「WINNER 愛してる」のスローガンが掲げられるサプライズも。青いテープがキラキラと舞う中、温かい雰囲気に包まれながら本編の幕が閉じた。

アンコールでは、ポップな「LA LA」を届けたあと、イヤモニの調子が悪いと一度ステージを去った4人。スタッフ、ファンへの感謝の思いを伝える映像が流れたのだが、これはメンバーがスタッフにも内緒で進めていた逆サプライズ。「デビューして4年、僕らのそばにはインナーサークルがいたからできたことです。僕たちはいつも青春であります。We'll always be young」とメッセージを送った。

目を赤くしながら「今まで一緒にいてくれて、武道館に立たせてくれてありがとう」と伝えたジヌ。「初めて覚えた日本語は『一生一緒だよ』でした。覚えた通り、僕は責任を取らないといけないですね」とミノ。「毎回泣いていたら泣き虫WINNERになっちゃう」と涙をこらえながら「素敵な思い出を本当にありがとう」と感謝したスンフン。「日本で初めてライブがここで観たD-LITE先輩のステージで、ずっと夢を見ていたんです。練習生だった4人がここに立つことが出来て幸せです。WINNERの音楽がある限り、青春になります。ずっと一緒についてきてください」とスンユン。大きな感動に包まれた中で「LOVE ME LOVE ME」「REALLY REALLY」の2曲を再び届け、さらに「一緒に歌って!」と爽快なダンスチューン「GO UP」で一緒にスパーク。「まだ終わってないよ!」とオーラスで未発表のミディアム曲を披露。歌詞がWINNERの思いと重なってまっすぐ届き、観る者の胸を熱くした。

4人がステージを去ろうとした時、「Road to BUDOKAN」と題した映像が流れる。これは2014年からこの日を迎えるまでの軌跡を辿ったスタッフからのサプライズ映像。決して平坦ではなかった道のりの中で実現した夢のステージ。「WINNERとインナーサークルの深い絆はスタッフの誇りです。一生一緒だよ」のメッセージに「やられたね!」「これは幸せな涙ですよ」と涙腺が崩壊した4人。WINNERと彼らに関わる全ての人の愛を感じることができた忘れられない1日となった。

念願の武道館のステージに立ち、音楽的にも精神的にも成長した姿を見せたWINNER。
この日の模様は、6月30日(土)17:00よりテレ朝チャンネル1で独占放送されるので、WINNER愛をぜひ分かち合ってほしい。

文=高橋公子

この記事の画像

放送情報

WINNER JAPAN TOUR 2018 〜We’ll always be young〜

放送日時:2018年6月30日(土)17:00~

チャンネル:テレ朝チャンネル1 ドラマ・バラエティ・アニメ

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!