"2ボーカル&2ラッパー"のWINNERが魅せる磨き抜かれたパフォーマンス

「MTV LIVE: WINNER JAPAN TOUR 2019」
「MTV LIVE: WINNER JAPAN TOUR 2019」

韓国の大手芸能事務所・YG ENTERTAINMENTに所属する4人組グループ・WINNER。2014年に日本デビューした彼らは今年で5周年。来年2月には全編日本語楽曲で収録された5周年記念ベストアルバム『WINNER THE BEST "SONG 4 U"』がリリースされることも先日発表されたばかりで、ファンは喜びに湧いている。

(写真左より)MINO(ラップ)、HOONY(ラップ)、JINU(ボーカル)、YOON(ボーカル)。WINNERオフィシャルサイト https://ygex.jp/winner/

WINNERの魅力といえば、"2ボーカル&2ラッパー"という絶妙なバランスが織りなす中毒性の高い楽曲。作詞・作曲は、グループの要であり最年少リーダーのYOONをはじめ、メンバー自身が行っている。YOONはWINNERとして活動する前にソロアーティストとしてデビューする経歴を持つなど、その作曲センスは折り紙付きだ。しかも、一体いくつの顔があるのだろう?と思ってしまうほど幅広いスタイルの楽曲はどれも驚くほどクオリティが高い。

「MTV LIVE: WINNER JAPAN TOUR 2019」

例えば、今年8月7日にリリースした日本ミニアルバム『WE』。リード曲の「AH YEAH」は別れがテーマの歌でありながら清涼感も感じられる夏のダンスチューン。寂しさと明るさのギャップが1曲に込められた、聴けば聴くほどハマってしまうナンバーだ。他にもラッパーのMINO作曲の「ZOO」はユニークな比喩表現と芝居を取り入れたようなライブパフォーマンスが必見。クールなメロディーラインと胸を撃ち抜くダークなトラックにヤラれる「MOLA」、自然と体がリズムを刻む「BOOM」など楽曲はバラエティ豊かだ。これからも無限に溢れ出てきそうな、WINNERの多彩な楽曲アプローチは、数曲でも聴けば、それを十分実感することができるだろう。

「MTV LIVE: WINNER JAPAN TOUR 2019」

また、彼らは自分たちのライブ制作にも関わっており、磨き抜かれたステージパフォーマンスは圧巻。楽曲ひとつひとつにこだわる演出は、緩急に富んでいて、魅惑のジェットコースターにでも乗っているかのよう。今年7月から7都市9公演を巡り、自身最多の約5万人を動員した全国ツアー「WINNER JAPAN TOUR 2019」では、巨大なLEDステージから登場し、WINNER初となるトロッコもお目見え。さらに、WINNERが初めてバンドを迎えたツアーとなり、全ての楽曲がバンドサウンドによって新たにアレンジされたものに一変。表現力豊かな歌声とキレのあるダンスがバンドと一体化し、5年目の新たな"挑戦"に会場が最高潮の盛り上がりに包まれたのは言うまでもない。

「MTV LIVE: WINNER JAPAN TOUR 2019」
「MTV LIVE: WINNER JAPAN TOUR 2019」

この全国ツアーの模様は「MTV LIVE: WINNER JAPAN TOUR 2019」として11月28日(木)にMTVにて放送される。日本でも多くのファンに愛され、その楽曲とパフォーマンス力が高く評価されているWINNERの語り尽くせない魅力を映像でチェックしたい。

文=川倉由起子

この記事の画像

放送情報

MTV LIVE: WINNER JAPAN TOUR 2019
放送日時:2019年11月28日(木)19:00~
チャンネル:MTV
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!