宇垣美里のときめくシネマ>「RRR」「チャトラパティ」「あなたがいてこそ」 次々繰り出されるハイカロリーな映像に心がたぎる

英国植民地時代のインドを舞台に、2人の男の友情と使命がぶつかるアクション『RRR』
英国植民地時代のインドを舞台に、2人の男の友情と使命がぶつかるアクション『RRR』

■ここがピークか?としか思えないハイカロリーな見せ場が毎秒続く

インド映画は万病に効く。いや、それはさすがに言いすぎかもしれない。骨折やねんざといった物理的なものはすぐさま病院に行くに越したことはないからね。おそらくガンや肺炎も治らなかろう。しかし「う~ん、病院に行くほどじゃないけどなんだか調子が悪いなあ~。というかこれから体調を崩しそうな予感がする」なんて季節の変わり目、風邪の引き始めや、「何をする気も起きない。何者かにやる気を奪われ続けている」といった5月病真っ只中な時、さらには「私はもうダメダメです。道端の石ころほどの価値すらありません。世界中にごめんなさい」という失敗続きで自尊心がゴマ粒くらいになっている時こそ、最後の力を振り絞ってテレビの電源を入れ、なんらかの方法でインド映画にアクセスしてほしい。私調べではあるが、観たらだいたい元気が出るから!!!

「これぞインド映画!」なパワフルなシーンが絶えることなく続く(『RRR』)
「これぞインド映画!」なパワフルなシーンが絶えることなく続く(『RRR』)

(C) 2021 DVV ENTERTAINMENTS LLP.ALL RIGHTS RESERVED.

その筆頭にして最愛の映画は「RRR」(2022年)。インド映画史上最高の製作費7200万ドル(約97億円)を投じて作られたこの作品は、日本でも熱狂的なファンを生み出した「バーフバリ」二部作の監督であるS・S・ラージャマウリの最新作。日本でも異例のロングヒットを記録し、宝塚歌劇団で舞台化もされた。

1920年代、イギリス植民地時代のインド。横暴なイギリス人総督夫妻に連れ去られた村の娘を助け出すためにデリーにやってきた田舎の青年ビーム(N・T・ラーマ・ラオ・Jr.)は、ある目的のために警察官となりイギリス政府の手先となって働くラーマ(ラーム・チャラン)と出会い、兄弟と呼び合うほどの親友となる。しかし、ある事件をきっかけにそれぞれの立場の違いが発覚し、2人は友情か使命か、究極の選択を迫られることになる。

水と火、それぞれの概念を背負った2人の濃厚な感情のやり取りとド派手な喧嘩シーンの映像は、まるで神話かと見まがうほど。ここがピークか?としか思えないハイカロリーな見せ場が毎秒続き、もはや3時間の上映時間が短くすら感じられる。なんの無駄もない構成はどこをとってもイチオシだ。驚き、興奮し、泣いて、うっとりして、いいぞもっとやれと心がたぎったらあっという間にエンディング。あの怒涛のエンタメをしっかり3時間浴びてしまえば、脳は必然的に活性化され、ポジティブにならざるを得ない。

この記事の全ての画像を見る

放送情報【スカパー!】

あなたがいてこそ
放送日時:2024年6月8日(土)13:15~、27日(木)10:40~

RRR
放送日時:2024年6月8日(土)21:00~、24日(月)9:40~

チャトラパティ
放送日時:2024年6月9日(日)0:15~、21日(金)0:00~

(吹)RRR
放送日時:2024年6月14日(金)21:00~
チャンネル:スターチャンネル

詳しくはこちら

キャンペーンバナー

関連記事

関連記事

記事の画像

記事に関するワード

関連人物