チョン・ユミ×イ・グァンスが警官となって大奮闘!人間味あふれる演技で話題

「相棒」や「踊る大捜査線」など、日本でも人気が高く、数多くの作品が生み出されてきた警察ドラマ。けれど、事件と犯人を追うだけの警察ドラマの定説に、たまには違う角度からの警察ドラマを見たい!と思う方も多いのではないだろうか。そんな気持ちに応えてくれる警察ドラマが、6月に韓国から日本へと初上陸。交番で働く警官たちに焦点を当て、日常の中での悲しみや喜び、傷跡といった人間的な姿を描いたドラマ「Live(原題)」が、6月18日(月)に日本初放送でスタートする。

 

(C)STUDIO DRAGON CORPORATION

ドラマ「Live(原題)」は、"女性、地方大学出身"というだけで就職できずにいたハン・ジョンオ(チョン・ユミ)と、詐欺に遭い、被害届を出しに行った先で出会った警官の姿に憧れたヨム・サンス(イ・グァンス)が、警察官を目指すところから始まる。2人は熾烈な競争を経て警察学校を卒業したものの、配属先は韓国国内で最も忙しいと言われる「ホンイル交番」に決定。憧れと期待に胸をはずませていた2人だが、想像よりも過酷な仕事が待ち受けており、彼らは壁にぶつかっていくのだ。

本ドラマの脚本を務めるのはノ・ヒギョン。そして演出はキム・ギュテと、ドラマ「大丈夫、愛だ」や「その冬、風が吹く」など、ヒットドラマを世に送り出してきたコンビが再結成。さらに久しぶりのドラマ復帰となったチョン・ユミと、イ・グァンスが主演を務め、これまでの警察ドラマとは一線を画す内容に本国韓国でも話題を集めた。

チョン・ユミ

(C)STUDIO DRAGON CORPORATION

気の強い性格を生かし、多発する事件や事故に立ち向かう女性新人警官ハン・ジョンオを演じたチョン・ユミは、ドラマ「ロマンスが必要2012」や「オフィスの女王」、「恋愛の発見」に出演してきた実力派女優。彼女は「百想芸術大賞」や「KBS演技大賞」など、韓国国内での受賞歴も多く、近年は活躍の場を映画に移していたが、本作でドラマ作品へと戻ってきた。

イ・グァンス

(C)STUDIO DRAGON CORPORATION

そしてハン・ジョンオの同期であり、行く先々で不運のアイコンとなってしまう新人警官ヨム・サンスを演じるのは、人気バラエティ番組でも活躍を見せるイ・グァンス。ドラマ「優しい男」や「大丈夫、愛だ」でも存在感を見せた彼が、本作では自身が抱く警察官への憧れと、実際に相対する過酷な現実との間で揺れ動く、ヨム・サンスが抱く感情の機微を繊細に紡ぎだしていく。

また本ドラマの脇を固めるのは、チョン・ユミ同様、久しぶりのドラマ復帰となるペ・ソンウと、演技派女優のペ・ジョンオク。他にも、独自のカラーを持つ名俳優たちが揃い踏みし、より人間味あふれる警官たちの姿を描き出していく。

文=椋鳥

この記事の画像

放送情報

Live(原題)

放送日時: 2018年6月18日(月)22:00~

※毎週(月)、(火)22:00~
チャンネル:Mnet


※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

関連記事