世界中が熱狂するBTS (防弾少年団)の華々しい軌跡に迫る

「BTS (防弾少年団)『2017 BTS LIVE TRILOGY EPISODE Ⅲ THE WINGS TOUR THE FINAL』全曲ノーカット版」
「BTS (防弾少年団)『2017 BTS LIVE TRILOGY EPISODE Ⅲ THE WINGS TOUR THE FINAL』全曲ノーカット版」

11月に開催される日本初の全4都市ドームツアーを前に、ますます過熱しているBTS (防弾少年団)への注目度。今年8月に発売された最新アルバム『LOVE YOURSELF 結 'Answer'』が、前作『LOVE YOURSELF 轉'Tear'』と2作連続で、全米アルバムチャート「ビルボード200」で首位を獲得するなど、その活躍ぶりはもはや世界規模だが、そもそも彼らの人気はどのように浸透していったのか?
圧倒的なパフォーマンス力を誇る彼らの魅力を紐解きながら、これまでの華々しい軌跡を振り返ってみたい。

防弾少年団 1st JAPAN TOUR 2015「WAKE UP:OPEN YOUR EYES」

(C)2015 BigHit Entertainment/PONY CANYON INC.

韓国7人組のヒップホップグループとして、2013年6月に韓国でデビューした彼らは、翌年「NO MORE DREAM-Japanese Ver.-」で日本デビュー。2015年2月には、日本1stアルバム『WAKE UP』を引っさげ、早くも初の日本単独ツアー「防弾少年団 1st JAPAN TOUR 2015」を開催。同年6月には、日本4thシングル「FOR YOU」が海外ヒップホップアーティストとして初のオリコン週間シングルランキング1位を獲得。12月には初の単独アリーナ公演「2015 BTS LIVE<花様年華 on stage>~Japan Edition~」、翌年アジア10都市全14公演を巡った「2016 BTS LIVE<花様年華 on stage:epilogue>~Japan Edition~」で大成功を収めるなど、徐々に日本でも確固たる地位を築いていく。

2015 BTS LIVE<花様年華 ON STAGE>~Japan Edition~at YOKOHAMA ARENA

(C)2016 BigHit Entertainment半角/PONY CANYON INC

その後、2016年にリリースした韓国2ndアルバム『WINGS』が、97の国と地域でiTunesチャートの1位を獲得したほか、ビルボード200で当時の韓国人アーティスト最高位となる26位を記録するという、世界的ヒットを連発。2017年のミニ・アルバム『LOVE YOURSELF 承 'Her'』では同チャート7位、そして今年は前述の通りV2達成と、自ら記録を更新しながら着実に進化し続けてきた。

2016 BTS LIVE<花様年華 on stage:epilogue>~Japan Edition~

(C)2016 BigHit Entertainment半角/PONY CANYON INC

作詞作曲にも携わり、振り付けなども手掛ける彼らは、これまでの軌跡を振り返ってみても、セルフプロデュース力に長けたグループといえるだろう。EDMやトラップといった中毒性の高いトレンドをいち早く取り入れ、K-POPではポピュラーな「カル群舞」と呼ばれるシンクロダンスの完成度も超ハイレベル。そうしたコアな音楽通に響くプロ集団でありながら、"ファン第一主義"という親しみやすさも、現在の人気の高さを裏付ける理由のひとつ。日本では、あの吉本新喜劇にゲスト出演したり、阪神戦で始球式に登場したりと、常日頃からファンサービスを欠かさない彼らだが、日常的にTwitterやV LIVE(韓国の動画配信アプリ)といったSNSを活用し、ファンとの交流を絶やさないことでも知られている。

新人王防弾少年団-チャンネルバンタン

TBSチャンネル1・2では、10月20日(土)と21日(日)、前述した「防弾少年団 1st JAPAN TOUR 2015」や、「2015 BTS LIVE<花様年華 on stage>~Japan Edition~at YOKOHAMA ARENA」、「2016 BTS LIVE<花様年華 on stage:epilogue>~Japan Edition~」といった、日本国内でブレイクのきっかけになったともいえる貴重なライブや、デビュー直後の初々しいBTSに密着したリアルバラエティ番組「新人王防弾少年団-チャンネルバンタン」などを一挙放送。また、2017年8月4日にシンガポールで開催された「K-POP FESTIVAL MUSIC BANK」の貴重な一夜限りのスペシャルステージもお目見え。メンバーのVと親友として知られる人気俳優パク・ボゴムとのスペシャルMCシーンは必見だ。

2017 K-POP FESTIVAL MUSIC BANK IN SINGAPORE(BTS (防弾少年団)、SHsINee、パク・ボゴム)

(C)KBS

11月2日(金)の23時から3日(土)にかけては、2017年ワールド・ツアー「2017 BTS LIVE TRILOGY EPISODE Ⅲ THE WINGS TOUR」のソウル開幕公演(2月※完全ノーカット版)、さいたまスーパーアリーナ公演(6月)、京セラドーム大阪公演(10月)、ソウルファイナル公演(12月※完全ノーカット版)のアンコール放送も決定。さらに、2017年5月に行われた大阪公演や、京セラドーム公演直前の密着ドキュメント番組を含めた多数の番組が、一挙放送されるという贅沢さ。

デビュー直後の初々しい素顔から、より洗練された近年のパフォーマンスまで。全米トップに輝いた今だからこそ、振り返って見ておきたい珠玉のラインナップといえそうだ。

文=ホミニス編集部

BTS(防弾少年団)のニュース、コラムはこちらから↓↓


この記事の画像

放送情報

2017 K-POP FESTIVAL MUSIC BANK IN SINGAPORE(BTS (防弾少年団)、SHINee、パク・ボゴム)
放送日時:2018年10月20日(土)20:00~
チャンネル:TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画

防弾少年団 1st JAPAN TOUR 2015「WAKE UP:OPEN YOUR EYES」

2015 BTS LIVE<花様年華 on stage>~Japan Edition~at YOKOHAMA ARENA

2016 BTS LIVE<花様年華 on stage:epilogue>~Japan Edition~
放送日時:2018年10月21日(日)13:00~
チャンネル:TBSチャンネル2 名作ドラマ・スポーツ・アニメ

新人王防弾少年団-チャンネルバンタン
放送日時:2018年10月21日(日)20:10~
チャンネル:TBSチャンネル2 名作ドラマ・スポーツ・アニメ

BTS(防弾少年団)ライブ&密着番組 超豪華一挙放送
放送日時:2018年11月2日(金)23:00~
チャンネル:TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!