ソ・イングク、「感情のない怪物」とのシンクロ率は?|シムクン♥韓流

シムクン❤韓流にソ・イングクさん登場!主演ドラマ「空から降る一億の星」の裏話などお聞きしました!

北川悦吏子さん脚本の同名日本ドラマをリメイクした「空から降る一億の星(原題)」で、感情がないことから「怪物」と呼ばれるムヨンを演じました。役作りはどのようにしましたか?

「ムヨンを知る人がムヨンについて語るとき、何をどんな風に表現するのかを想像するところから始めました。ドラマにはキャラクターの過去はストーリーに関わる部分しか出てきません。でも、どの人物にもそれ以外の生きてきた日々があるわけです。それを想像しながら、ムヨンがなぜあんな人物になったのかを理解しようとしました。」

普段からそのように役を作って行っているのでしょうか?

「そうですね。今までのドラマでもそうでしたし、ほかの俳優さんもそうじゃないかな。『人生はA4用紙5枚で語れる』という言葉があるんです。その紙に誰が何を書くのかによって、その人がどんな人でどんなふうに生きてきたのかがわかるんです。」

自分についても、周りの人がどんなことを書くのか、気になりますね。

「そうですよね。だから常に誠実に生きないと。」

ムヨンとソ・イングクさんのシンクロ率はどのくらいだと思いますか?

「僕はシンクロする部分はないと思っているのですが、ユ・ジェウォン監督やパク・ソンウン先輩は僕とムヨンは似ていると言います。僕が黙っていると『何か気分が悪いことがあったのかな』『何か怒っているのかな』と思う時があるそうで、その"何を考えているのかわからない感"が似ているんだそうです。」

イングクさんが黙っている時、実際は何を考えているのでしょう?

「だいたいは、ただボーッとしているだけです(笑)。あとは、『今日の夜ご飯は何を食べようかな』とか『家に帰ったら何しようかな』とか......。本当にくだらないことなんです。でも幼い頃から黙っていると不機嫌に見えると言われたりしていたので、それは少し悩みでした。」

読売新聞のインタビューで、ムヨンを「野良猫のような男」と表現していましたが、ご自身を動物に例えると?

「外見はフェネックギツネに似ていると言われます。内面は......。犬っぽくもあり、猫っぽくもあり......よくわからないです。様々な動物の魅力を持ち合わせていると思います。」

感情がないムヨンは、ジンガンに刺激を受けて"感情"が芽生え、愛を知ります。ソ・イングクさんに刺激を与えてくれた人は誰ですか?

「今作でメガホンを取ったユ・ジェウォン監督です。視野が広くて、懐が深くて、その中にも自分の意思をしっかりと持っている。そして選択すべき時は失敗を恐れず果敢に攻めていく。そういう姿に刺激を受けますし、自分もそういう大人になりたいと思います。......と言ったと、必ず記事に書いてください。記事を監督に見せてアピールするので(笑)」

分かりました(笑) 必ず書きます。ムヨンとジンガンの愛を一言で言うと?

「絶対に引き離すことができない愛......ですかね。「運命の愛」というものがこの世に存在するのであれば、二人がそれを証明していると思います。」

ソ・イングクさんは「運命の愛」、信じますか?

「う~ん。信じている気もするし、信じていない気もするし。占いでいいことを言われたら信じちゃうと思うし、悪いことを言われたら運命に逆らおうともがくのを思えば、"運命"自体に懐疑的な方なのかもしれません。」

最後に、視聴者の方にメッセージをお願いします。

「日本でもマニアを生んだ名作のリメイクに出演することになり、とても光栄です。韓国版は日本版とは少し違う設定、新しいストーリーが盛り込まれていますので、日本版を見た方も、そうでない方も楽しめると思います。ドラマを通じて日本の皆さんと再会できたことがとても嬉しいです。特に僕のファンのみなさんには、長いあいだ待たせて申し訳ないという気持ちを伝えたいです。早く会いたいです。絶対会いに行きます!それまで(日本語で)よろしくおねがいします。」

取材・文:酒井美絵子

聖心女子大学卒業後の2001年に渡韓。韓国外国語大学大学院在学中の2002年から、韓国から日本に輸出されるK-POP紹介番組などに出演。2004年からは日本の韓流ブームに乗り韓流雑誌への寄稿を開始。その後、出版・テレビ・映画といったメディア業界を中心に、ライター、コーディネーター、翻訳家として日々活動中。
2016年4月からは、BSスカパー!(BS241)で放送中の『韓流ザップ』で「天の声」を担当。

「シムクン♥韓流 powered by スカパー!」とは

「シムクン♥韓流 powered by スカパー!」とは、2016年4月より読売新聞夕刊「popstyle(ポップスタイル)」紙面にて始まったスカパー!とのコラボ連載企画です。

「シムクン」とは、韓国語で「胸キュン」を意味する流行語です。
次世代の韓流スターの素顔に迫ったインタビューと写真、プレゼント企画など「シムクン」な内容盛りだくさんです。「シムクン♥韓流 powered by スカパー!」は、毎月第4水曜日にて連載中です。
※読売新聞夕刊をご購読でない方は、駅売店などでお求め下さい。50円です。また、よみうりショップでも紙面販売を受け付けております。

詳しくは、こちら↓の紙面購入方法をご覧下さい。

http://blog.yomiuri.co.jp/popstyle/yukan.htm

当サイトでは「シムクン♥韓流powered by スカパー!」と連動し、記事内では伝え切れなかったエピソードなどを読むことができます。ぜひ、「シムクン♥韓流powered by スカパー!」とあわせてお楽しみください。

シムクン韓流コラム一覧はこちら

この記事の画像

放送情報

(C)STUDIO DRAGON CORPORATION/FUJI TELEVISION


「空から降る一億の星」


「元カレは天才詐欺師~38師機動隊~」「ショッピング王ルイ」のソ・イングク主演最新作。2002年にフジテレビ系列で放送された北川悦吏子脚本の大ヒットドラマの韓国リメイク作。怪物と呼ばれた危険な男・ムヨンと、彼と同じ傷を持つ女性・ジンガン、そしてムヨンに立ちはだかる彼女の兄ジングク。彼らに訪れる衝撃的な運命を描くミステリーラブストーリー。


【あらすじ】
広告デザイン会社で働くユ・ジンガン(チョン・ソミン)は、20歳離れた警察官の兄・ジングク(パク・ソンウン)と2人で暮らす29歳の独身女性。ある日、陶芸家の親友・ペク・スンア(ソ・ウンス)が開く個展会場を訪れたジンガンは、怪物と呼ばれた男・キム・ムヨン(ソ・イングク)と偶然出会う。だが、会場で行われるパーティーの準備中にスンアの秘密を知ったムヨンは、その秘密を隠したいと願うスンアの望みを叶え、2人の距離は急接近していく。一方、ジングクは、同僚が捜査する事件現場に偶然出くわすが、飛び降り自殺だと思われたその事件は、実は他殺だった。独自で捜査を始めるジングクだったが、その事件の真実に近づくにつれ事件は思わぬ方向に進んでいく…。


出演:ソ・イングク、チョン・ソミン、パク・ソンウン
演出:ユ・ジェウォン
脚本:ソン・ヘジン


放送日時:2019年12月21日(金)23:00~
※毎週(金)23:00~2話連続放送
チャンネル名:衛星劇場
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

チャンネル・料金情報はこちら

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事