圧倒的声量に鳥肌!リョウク(SUPER JUNIOR)が見せた復帰後初の日本ソロステージへのこだわり

SUPER JUNIORのメインボーカルを務めるリョウク。グループの中でもハイトーンかつ澄んだ歌声を持つ彼は、デビュー当初から彼の美声が高く評価され、SUPER JUNIORの音楽をより良いものにするために必要な存在である。

「SUPER JUNIOR-RYEOWOOK Special Live ~Bom Voyage~」

リョウクの歌声を語る上で外せないのは、まずバラード。その体型のどこから出ているのだろうと思うほどの圧倒的声量に驚かされる。音程やリズムの正確さ、表現力と感性の豊かさもメンバー随一で、コンサートでは甘く伸びやかな響きに涙する人も少なくない。バラード以外のアップナンバーでも、SUPER JUNIORの誰とも被らない特徴的な歌声はすぐに聴き分けられ、ステージではその"武器"が随所で重宝されている。リョウクの歌声は各楽曲の様々なアクセントとなり、会場に興奮と刺激、インパクトを与えているのだ。

「SUPER JUNIOR-RYEOWOOK Special Live ~Bom Voyage~」

例えば、昨年末に日本で開催されたSUPER JUNIORのオリジナル公演「SUPER SHOW 7」では、ライブ序盤、夏に復帰したばかりのリョウクが1人でメインステージにサプライズ登場。誰もが熱狂する中、会場の視線を一身に集めながらの大迫力のロングトーンには思わず鳥肌がたった。リョウクというボーカリストの歌の存在感に改めて脱帽した瞬間だった。

「SUPER JUNIOR-RYEOWOOK Special Live ~Bom Voyage~」

韓国ではミュージカルの出演経験も多く、さまざまなドラマOST(オリジナルサウンドトラック)にも参加。2016年にはソロアーティストとしてCDデビューを果たしている。日本でも今年、2019年の3月にシングル「桜の花が咲く頃」で待望のソロデビュー。同曲は春らしいアコースティックなメロディーとリョウクの情感豊かな歌声が融合したナンバー。ファンはもちろん、幅広い年齢層が楽しめる仕上がりで多くの人の胸を掴んだ。

「SUPER JUNIOR-RYEOWOOK Special Live ~Bom Voyage~」

さらにそのシングルの発売日当日には、日本初のソロステージ「SUPER JUNIOR-RYEOWOOK Special Live ~Bom Voyage~」を開催。ライブタイトルの"Bom Voyage"は韓国語で「春」を表す"Bom"と、フランス語で「旅」を意味する"Voyage"を組み合わせた造語。長い時間待っていてくれたファンと「春の旅をするような時間を作りたい」という気持ちから名付けられたそうで、シングル収録曲はもちろん、韓国での彼のオリジナル楽曲なども披露された。

「SUPER JUNIOR-RYEOWOOK Special Live ~Bom Voyage~」

チケット即完売のプレミアムな公演となった日本初のソロステージ。その模様がフジテレビNEXTにて6月2日(日)に独占放送される。春にピッタリの美しい演出と共に繰り広げられたリョウクの魅力満載のステージに期待してほしい!

文=川倉由起子

この記事の画像

放送情報

SUPER JUNIOR-RYEOWOOK Special Live ~Bom Voyage~
放送日時:2019年6月2日(日)21:00~
チャンネル:フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!