『ヘチ(原題)』で実在の王 英祖(ヨンジョ)に挑戦したチョン・イルが語る時代劇の魅力|Kカル!

チョン・イルは"王になれる顔相"!?

――英祖(ヨンジョ)を演じるにあたり、どんな役づくりをしましたか?
「英祖は自分の息子を殺した冷徹な父親、というイメージが強いですよね。僕もそう思っていました。でも、ここでは、もっと人情味がある王として描きたかったんです。温かくて平民を理解し、他人を理解し、配慮する王。老論派と少論派に振り回されることなく、どんな困難が訪れても強い気持ちで乗り越えて、芯をしっかりと持って、政をすすめていく王。そんな王として見せたいと思いました」

――劇中、「王」になった瞬間の気持ちはどうでしたか?
「重臣たちが僕に一斉に礼をするシーンは新鮮な気持ちがしました。とうとう王になった!という気持ちもして。その瞬間からは王という役を演技しなくてはいけないので、少しプレッシャーも感じました。王としての重厚感については、たくさん悩みながら演技をしました」

――プライベートでつい「王」っぽく振る舞っちゃったりしませんでしたか?
「あはは。僕よりも周りが"王扱い"していましたね(笑)僕が見えると『王様のおな〜り〜〜!』と言ったり。そういう時には、ふざけて王様っぽいジェスチャーで返したりしていました(笑)」

――『太陽を抱く月』でも思いましたが、チョン・イルさんは韓服が本当にお似合いで素敵です。「韓服姿」は時代劇のオファーが来る理由の一つだと思いますが、イルさん的にはどう思いますか?
「似合うと思います。あはははは(笑)」

――ご自身では、時代劇のオファーが来る理由はどこにあると思いますか?
「今回ご一緒した脚本家のキム・イヨンさんがこんなことをおっしゃっていたんです。『王の役を演じられる顔というのがある』と。具体的にはよくわからないんですけど。それが僕のような顔だそうです」

――韓国では、英祖から正祖(チョンジョ)の時代を描く時代劇が多い気がするのですが、韓国の方から見て、その時代が魅力的だということでしょうか?
「英祖が君臨していた時代は朝鮮時代のルネッサンス期と言われる時期で、もっとも華やかで劇的で、多くの偉人も出ました。描く要素が多いので、脚本家さんたちも好んで描くのではないでしょうか」

――チョン・イルさんを含め、若手俳優たちが時代劇に出るメリットはなんだと思いますか?
「現代劇よりも時代劇の方が少し『重みがある』と言いますか、より深くキャラクターについて研究し、それを演技に落とし込むことができるのは、俳優としてやりがいを感じます。また、今回の『ヘチ(原題)』のような場合には、史実を背景になにか再解釈をして演技するのも面白いと思います」

――韓国では若者も時代劇を観ますか?
「見ると思いますよ。僕も幼い頃から時代劇が好きで『ホ・ジュン〜宮廷医官への道〜』(韓国で視聴率63%を突破したヒット作)や『宮廷女官チャングムの誓い』を観たりしていました。今も昔も人々の生きる姿は変わらない。視聴者の方も共感するのではないでしょうか」

――チョン・イルさんは幼いころから歴史の勉強は好きでしたか?
「実際に起こったことを学ぶのは楽しいですよね。僕は世界史の方にもっと興味があったのですが(笑)」

――ちなみに、学校で時代劇の話をしたりも?
「あはは。どうですかね。男ですからね......ただ走り回っているだけで、ドラマの話をしたりはしないんじゃないかな、と思います(笑)」

取材・文:酒井美絵子

聖心女子大学卒業後の2001年に渡韓。韓国外国語大学大学院在学中の2002年から、韓国から日本に輸出されるK-POP紹介番組などに出演。2004年からは日本の韓流ブームに乗り韓流雑誌への寄稿を開始。その後、出版・テレビ・映画といったメディア業界を中心に、ライター、コーディネーター、翻訳家として日々活動中。
2016年4月からは、BSスカパー!(BS241)で放送中の『韓流ザップ』で「天の声」を担当。

「Kカル! powered by スカパー!」とは

「Kカル! powered by スカパー!」とは、2016年4月より読売新聞夕刊「POPSTYLE(ポップスタイル)」紙面にて「シムクン♥韓流」として始まったスカパー!とのコラボ連載企画です。
2019年4月からは枠はそのまま内容がリニューアル!
お隣だけど、まだまだ知られざる魅力がいっぱいの韓国。
その文化、社会、流行、グルメなどを「Kカルチャー」=「Kカル」と称して毎月紹介します。

当サイトでは、「Kカル!」専属ライター、酒井氏によるコラム記事を紹介していきます。
「Kカル!」は、毎月第4水曜日にて連載中です。
※読売新聞夕刊をご購読でない方は、駅売店などでお求めください。50円です。また、よみうりショップでも紙面販売を受け付けております。

詳しくは、こちら↓の紙面購入方法をご覧下さい。
http://blog.yomiuri.co.jp/popstyle/yukan.htm

Kカル!コラム一覧はこちら

この記事の画像

放送情報

(C)SBS


へチ(原題)


【番組概要】
『イ・サン』『トンイ』『馬医』の脚本家キム・イヨンによる本格時代劇。存在感のある登場人物たち、手に汗握るアクション、陰謀渦巻く宮廷など、韓国歴史ドラマの魅力的な要素が満載!除隊後初のドラマ出演となったチョン・イルが、トンイの息子であり、イ・サンの祖父となるイ・グムこと、ヨニングン(21代王英祖)を演じる。“ヘチ”とは、善悪を見分け正義を守る伝説の動物。

【番組詳細】
18世紀。新しい朝鮮を夢見て改革の道を開いた君主、イ・グム(ヨニングン・イ・グム)!!賤民の血を継いでいるからと除け者にされてきた王子、ヨニングン・イ・グムが、後に暗行御史として名をはせることになる熱血青年パク・ムンス(朴文秀)、村のごろつきのダルムン(達文)、そして司憲府の茶母ヨジと共に力を合わせて数々の難題に立ち向かい、現代で言えば検察組織に当たる朝鮮の司憲府を改革し、時代の正義を立て直す、友情と冒険を描いた、痛快なサクセスストーリー!


出演:チョン・イル、クォン・ユル、Ara、パク・フン、イ・ギョンヨン、チョン・ムンソンほか


演出:イ・ヨンソク


脚本:キム・イヨン


放送情報:放送中
本放送 (水)23:00~
再放送 (火)13:30~

チャンネル:衛星劇場
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

チャンネル・料金情報はこちら

この記事をシェアする

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!