いま"旬な男"チャン・ヒョクを大解剖!さらに色気が増したその魅力とは?

1997年のドラマ「モデル」でデビューしてから、2004年から2006年の兵役期間を除きコンスタントにドラマや映画に出演してきたチャン・ヒョク。デビュー当初こそ"チョン・ウソンと似ている"ことで注目を集めた彼だが、特に兵役を経た30代以降は、確実にひと回りもふた回りも重厚感の増した異質な雰囲気を醸し出している。

2011年のドラマ「マイダス」で復讐に燃える冷徹な弁護士を演じ、2014年には、ラブコメディ「運命のように君を愛してる」で跡継ぎを望まれている短命家系の御曹司役に。また、現在放送中の「ボイス 110緊急指令室」(日本テレビ系)のオリジナル作品として再注目されているドラマ「ボイス~112の奇跡~」(2016年)では、敏腕刑事として緊迫感あふれるアクションも披露。シリアスなドラマでは見ているこちらまで胸が締め付けられるような鋭い眼光を発揮し、ロマンスでは軽快な笑い声と共に茶目っけ溢れる演技を披露する振り幅の広さが持ち味だ。

「マイダス」

(C) SBS

「油っこいロマンス」

(C) SBS

チャン・ヒョクの快進撃は衰えることなく、さらに2017年から2018年にかけて加速。俳優としてひと皮剥けるような様々なキャラクターを演じた年だったといえるだろう。サスペンス・ラブストーリー「カネの花~愛を閉ざした男~」(2017・2018年)では"財閥一家の犬"と揶揄される孤独な弁護士に、ラブコメディ「油っこいロマンス」(2018年)では中国料理店を営む人情的な元ヤクザに、そして感動のヒューマンドラマ「バッドパパ」(2018年)では元ボクシングチャンピオンでありながら、妻と娘からぞんざいに扱われるちょっぴり情けない父親に扮した。「バッドパパ」では、リング上でボクシングをするシーンもあり、40歳を越えたにも関わらず鍛え抜かれた肉体も惜しげもなく披露してくれた。

「バッドパパ」

(C)2018MBC

「バッドパパ」

(C)2018MBC

わずか1年の間に異なる役柄を見事に演じ分け、視聴者やファンから確かな支持を集めたチャン・ヒョク。短期間のうちにそれぞれの役に入り込み、さらに役に合わせた素晴らしい肉体を作り上げられるのは、彼の真摯に役に向き合う真面目な性格と向上心があるからに違いない。

チャン・ヒョク主演ドラマ「カネの花~愛を閉ざした男~」スペシャルイベント in TOKYO

(C)女性チャンネル♪LaLa TV

チャン・ヒョク主演ドラマ「カネの花~愛を閉ざした男~」スペシャルイベント in TOKYO

(C)女性チャンネル♪LaLa TV

女性チャンネル♪LaLa TVでは、そんなチャン・ヒョクを3ヶ月連続で特集。9月1日(日)に放送するヒョクの素顔に迫るオリジナル番組「独占!チャン・ヒョク2019」をはじめ、昨年11月に東京・豊洲PITで行われた「チャン・ヒョク主演ドラマ『カネの花~愛を閉ざした男~』スペシャルイベント in TOKYO」、主演ドラマなど計6番組が予定されている。独占インタビューでは、主演した「バッドパパ」の見どころや舞台裏について、また彼の内面や性格にも深く迫っていく。貴重なインタビューを見て、素顔や新たな一面を発見してみてほしい。

文=津金美雪

この記事の画像

放送情報

独占!チャン・ヒョク2019
放送日時:2019年9月1日(日)18:00~
マイダス
放送日時:2019年9月13日(金)9:30~
チャンネル:女性チャンネル♪LaLa TV
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事