注目の新ドラマ『二度はない(原題)』の脚本家ク・ヒョンスクが人気のワケは?|Kカル!

「人情」を描く達人、毎日(イルイル)ドラマの人気脚本家ク・ヒョンスク

11月に韓国でスタートしたばかりの毎日(イルイル)ドラマ『二度はない』。この脚本を手掛けているのが、脚本家ク・ヒョンスクさんです。
クさんといえば、『19歳の純情』『百年の遺産-ククスがむすぶ愛』『伝説の魔女~愛を届けるベーカリー』など、手掛けたドラマは、ほぼ視聴率30%超えという毎日(イルイル)の人気脚本家。私、彼女のドラマが大好きなんです!その理由は二つ。
まずは、ヒロインの姿に元気がもらえること。クさんの作品に出てくるヒロインの多くは、まっすぐで頑張り屋な「愛されキャラ」(だいたいが田舎育ちの世間知らず(笑))。ある日突然、不可抗力で不幸のどん底に陥ってしまうのですが、持ち前のファイトと性格の良さで、周りを巻き込みながら、幸せな人生を勝ち取っていきます。そのひたむきさに胸が熱くなってしまうし、「私もへこたれてなんていられない!」と前向きな気持ちにさせてくれます。
『二度はない』のヒロインもそう。パク・セワン演じるヒロイン バクハは、方言バリバリの田舎者。もうすぐ赤ちゃんが生まれるという幸せの絶頂で、いきなり新郎が"自殺"をし、一人ぼっちになってしまいます。新郎の死に疑問を持った彼女は、新郎の働いていた高級ホテル「クソン」に単身乗り込んでいき......。まだドラマも序盤なので、これからどんな展開が待っているのかはわかりませんが、臨月の身で高速バスに乗り、大企業の会長に「会わせろ!」と息巻く1話を見ただけでも、ヒロインの強さが垣間見えて、ドラマが楽しみになってきます。

©2019MBC

ク作品のお約束(いや、これは韓国ドラマのお約束かも?)といえば、御曹司をはじめとするイケメン王子様たちが登場し、ヒロインの様々なピンチを助けてくれるということ。今回は、クァク・ドンヨン演じる「クソン」の後継者ヘジュンがヒロインを支えていきます。その中でバクハとヘジュンは恋に落ちるのか?はたまた「あしながおじさん」で終わるのか。ドラマの見どころの一つといえるでしょう。

©2019MBC

ク・ヒョンソクさんの脚本の素敵なところは、物語のベースにいつも「人情」があることです。
『二度はない』では、バクハが身を寄せることになる旅館「楽園荘」のおかみさん(ちなみに、演じているのは国民的大女優ユン・ヨジョン。久しぶりのドラマ出演です)を中心に、そこに住む"訳アリ"な人々が支えあって、励ましあって生きていく姿が描かれています。「お金」はないけど、打算もなく、そこにあるのは「人情」だけ。まったくの他人でありながら、バクハの赤ちゃんをあやし、相談に乗り、涙を拭き、見守り、絶対的な味方になってくれるのです。そんな登場人物たちの言動をみると、心がじんわりあったかくなってきます。災害や家族形成の変化などにより、「地域とのつながりの大切さ」や「人とのつながりの重要性」が叫ばれている昨今。だからこそ、ク作品の温かさが、私たちの心にしみわたるのかもしれません。
ク・ヒョンスクさんの脚本力が光る『二度とない』は、!月21日からKNTVで放送開始です。ぜひ、ご覧ください。



取材・文:酒井美絵子

聖心女子大学卒業後の2001年に渡韓。韓国外国語大学大学院在学中の2002年から、韓国から日本に輸出されるK-POP紹介番組などに出演。2004年からは日本の韓流ブームに乗り韓流雑誌への寄稿を開始。その後、出版・テレビ・映画といったメディア業界を中心に、ライター、コーディネーター、翻訳家として日々活動中。
2016年4月からは、BSスカパー!(BS241)で放送中の『韓流ザップ』で「天の声」を担当。

「Kカル! powered by スカパー!」とは

「Kカル! powered by スカパー!」とは、2016年4月より読売新聞夕刊「POPSTYLE(ポップスタイル)」紙面にて「シムクン♥韓流」として始まったスカパー!とのコラボ連載企画です。
2019年4月からは枠はそのまま内容がリニューアル!
お隣だけど、まだまだ知られざる魅力がいっぱいの韓国。
その文化、社会、流行、グルメなどを「Kカルチャー」=「Kカル」と称して毎月紹介します。

当サイトでは、「Kカル!」専属ライター、酒井氏によるコラム記事を紹介していきます。
「Kカル!」は、毎月第4水曜日にて連載中です。
※読売新聞夕刊をご購読でない方は、駅売店などでお求めください。50円です。また、よみうりショップでも紙面販売を受け付けております。

詳しくは、こちら↓の紙面購入方法をご覧下さい。
http://blog.yomiuri.co.jp/popstyle/yukan.htm

Kカル!コラム一覧はこちら

この記事の画像

放送情報

©2019MBC

「二度はない(原題)」
バクハ(パク・セワン)は愛する人と結婚、子供を身ごもり幸せの絶頂にいた。だが、そんな中夫が火災に巻き込まれ亡くなってしまう。事件は自殺として処理されたうえ、会社の資金を横領していた疑惑がかけられるが、夫が自殺するはずがないと考えたバクハは真実を明かすためソウルに上京、夫の勤務先であるクソンホテルへ押しかけるが、相手にされず追い返されてしまう。ホテルの戦略本部長のへジュン(クァク・ドンヨン)はそんなバクハを見かけ金目当てと勘違いする。その帰り道に産気づいたバクハは長期宿泊者たちが滞在する“楽園荘”の人々に助けられ、そのまま楽園荘で出産。バクハの事情を知った楽園荘のCEO、マンレ(ユン・ヨジョン)は彼女にしばらく楽園荘に滞在するよう勧める。こうしてバクハはワケありの住人たちが暮らす楽園荘で生活することに。その後、バクハを偶然見かけたヘジュンは彼女に突っかかり、2人は最悪の再会を果たす。一方、へジュンの祖父でクソンホテル会長のワンサム(ハン・ジ二)は、楽園荘の長期宿泊者でクソンホテルのゴルフ場で働くウンジ(イェ・ジウォン)が気になっていた。そしてウンジと同じく楽園荘に長期滞在中のプンギ(オ・ジホ)はある理由からクソンホテル会長の妻であるインスク(ファン・ヨンヒ)に近づくが…。

出演:チェ・ミンファン、キム・スンヒョン、キム・ソンス

演出:チェ・ウォンソク

脚本:ク・ヒョンスク

放送情報:1月21日(火)放送スタート
本放送 (火)20:50~ ※2話連続放送
再放送 (月)12:00~ ※2話連続放送

チャンネル:KNTV

チャンネル・料金情報はこちら


このチャンネルみるなら韓流セットがお得!

この記事をシェアする

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!