多忙なジェジュン、親しい"兄貴との対話"に「つらい...」と苦悶の表情!?

「RUN」に出演したジェジュン
「RUN」に出演したジェジュン

1月26日に34歳の誕生日を迎えたジェジュン。その直後には東京・大阪で「J-JUN MONDAY&FRIDAY PARTY 2020」を開催。当日会場に駆けつけた大勢のファンが祝福するなど、改めて日本での圧倒的な人気ぶりを感じさせた。

2018年に日本で本格的なソロ活動をスタートさせたジェジュンは、昨年9月にリリースした初のカバーアルバム『Love Covers』が、「第61回日本レコード大賞」で企画賞を受賞し話題に。さらに、1月10日からスタートしたTVアニメ「ランウェイで笑って」のエンディング曲に起用された新曲「Ray of Light」が、3月11日(水)にダンスナンバー「Brava!! Brava!! Brava!!」との両A面シングルとしてリリースされる。また、その飾らない天然キャラと流暢な日本語トークを生かし、日本のバラエティ番組にも度々登場。アーティストとしてだけでなく、お茶の間を沸かせるタレントしても広く支持を集めている。

当然のことながら日本以外での活動も活発で、現在は1月14日にリリースした2ndミニアルバム『愛謡』を引っ提げたツアー「2020 KIM JAE JOONG Asia Tour Concert」も敢行。とはいえ、これだけ忙しそうなジェジュンを見ていると「体調は大丈夫なの?」と、つい心配してしまうのがファン心。だが、トップスターであるジェジュンはそのあたりも抜かりなさそうだ。

「RUN」

(C) CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

3月18日(水)にMnetにて放送開始する「RUN」は、初めて本格的にリアリティ番組に出演するチソンら俳優4人が、ランニングクルーを結成し、韓国からイタリアまで国内外の美しいランニングスポットを巡る番組。第1話にはドラマ「ボスを守れ」(2011年)で共演し、チソンと親交の深いジェジュンが出演している。

ストイックな性格で走ることが日課だというチソンは、苦しそうな顔を一切せずに淡々と休むことなくランニング。途中、「あ~!狂いそう」、「兄さん、この番組は対話する番組ではないと思う」と愚痴を吐き出しながらも、その隣ではジェジュンが必死に食らいついている。またチソンが「つらい?」と問いかけると、ジェジュンは「いや、つらくない、死にそう...」とポツリ。走りながら2人の何でも言い合える関係性が垣間見えて、何とも微笑ましい。

「RUN」

(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

ジェジュンは苦しそうな様子はありつつも、チソンから離されまいと付いていくところはさすが!のひと言。その引き締まった身体と見事な走りっぷりからは、コンディションの良さが見て取れる。番組ではそんな彼の健康状態だけでなく、チソンとのまるで兄弟のような掛け合いや、走った後の達成感などランニングの楽しさを伝えてくれる。楽し気で元気いっぱいなジェジュンのランニング姿を見ているうちに、こちらもパワーがチャージできそうだ。

「RUN」

(C) CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

文=津金美雪

この記事の画像

放送情報

RUN #1
放送日時:2020年3月18日(水)22:30~
チャンネル:Mnet
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!