天才プロファイラー役に挑んだチャン・ヒョク「試行錯誤できる作品にはいつも挑戦したい」

すべてを失った天才プロファイラーと不思議な能力を持つ刑事が、五感を駆使した捜査で殺人犯を追跡するサスペンススリラー「見た通りに話せ(原題)」。6月19日(金)からMnetにて日本初放送される本作で、連続殺人犯に婚約者を殺害されたプロファイラー、オ・ヒョンジェを演じたのが人気俳優のチャン・ヒョクだ。日本でもリメイクされたドラマ「ボイス〜112の奇跡〜」(2017年)での繊細な演技と華やかなアクションも記憶に新しいヒョクが、役づくりや撮影の裏側などを語ってくれた。

チャン・ヒョク

(C) Mnet Japan / Park Kwang-Hee (ultrastudio)

――本作に出演を決めた理由は何ですか?

「まず、『ボイス』でタッグを組んだ監督と一緒に、という思いがありました。あと、全体的な作品についての台本をいただいた時に、キム・ホンソン監督が、スリラーだけど『ボイス』の時とは少し違う感じだとおっしゃったので、(台本を)見てみると、プロファイラーが目新しい、特殊な環境にいるんです。そのような点が面白そうだと感じ、出演を決めました」

「見た通りに話せ(原題)」

(C) STUDIO DRAGON CORPORATION

――今回は天才プロファイラーという難しい役どころでしたが、眼差しだけでもオ・ヒョンジェを表現されていたように思います。役づくりをするにあたってどんな準備をされましたか?

「事件が展開されながら、警察側の捜査チームとは、また違うものを作らないといけない状況で、個人的な事件を解決する部分に主眼を置く必要がありました。序盤では、目が見えない状態で、音が聞こえる方に眼差しを向けたり、といった部分にもかなり神経を使いましたね。後半では、容疑者の犯人に会う場面でインパクトをしっかり残さなければならなかったり、あとは、捜査から一、二歩下がって観察しないといけない立場だったので、そういった距離感を考えながら演技をしました」

「見た通りに話せ(原題)」

(C) STUDIO DRAGON CORPORATION

――「ボイス」以来となるキム・ホンソン監督とのタッグもかなり話題になりましたが、撮影現場の雰囲気はいかがでしたか?

「最初は、セットの中の閉じ込められた状況で撮影をしました。後々、事件が明らかになっていくにつれ、外に出ていくようになりましたが、セットでの撮影の時の方が楽だったように思います。動線も複雑ではなく。外に出た時の距離感がすごく遠くなったように感じて、難しかったですね」

――ご自身が演じていて特に印象に残っているシーンやセリフを教えてください。

「後半、『人はいつも固定的に見て、聞いて、経験したことだけを見るようになっている』ということについてのセリフがあるのですが、これはある意味、主観的な視点じゃないですか。オ・ヒョンジェという役自体が固定観念から脱して他のものを見なければならない、そういった視線を物語っているようで、このようなセリフに意味があったように思います」

「見た通りに話せ(原題)」

(C) STUDIO DRAGON CORPORATION

――様々なジャンルの作品でいろいろな役を経験されていますが、今後挑戦したい役はありますか?

「多いですね。挑戦したい役というよりは、今まで演じたものも同様ですが、どんなストーリーでこのキャラクターがもっと面白く魅力的に見えるか、そう試行錯誤できる作品にはいつも挑戦したいです」

――最後に番組の見どころと視聴者へのメッセージをお願いします。

「プロファイリングに関する心理的な部分もあり、距離感を保ちつつ、問題を解決していくストーリーも面白いと思います。そして、ジャンル的にはスリラーなので、集中して探さなければならない手がかりや要素が多くあるドラマだと思います。興味深く見ていただければと思います。ぜひ期待してください」

チャン・ヒョク

(C) Mnet Japan / Park Kwang-Hee (ultrastudio)

文=HOMINIS編集部

この記事の画像

放送情報

見た通りに話せ(原題)
放送日時:2020年6月19日(金)21:30~
※毎週(金)(土)21:30~
チャンネル:Mnet
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!