底知れない表現力...ソロアルバムが話題を呼んだD.O.(EXO)、俳優復帰を待ちわびる声多数!

「7号室」
「7号室」

デビュー後初となるソロでのミニアルバム『共感』を今年の7月にリリースし、ボーカリストとしての実力の高さを見せたD.O.(EXO)。アコースティックな楽曲に乗せた温かみのある歌声はもちろん、タイトル曲「Rose」では作詞も担当。愛のストーリーを紡ぎ出し、その多才さでもファンを驚かせた。

その一方で、本名のド・ギョンス名義で役者としても活動し、高い評価を獲得していることは、ファンの間では周知の事実。10月には彼の演技も話題になった『神と共に』シリーズのキム・ヨンファ監督の新作で、事故によって宇宙に一人取り残された男を演じる『ザ・ムーン(仮題)』もクランクアップするなど、精力的な俳優活動を展開している。

新作『ザ・ムーン(仮題)』では、韓国映画界で随一とも言われる名優ソル・ギョングと肩を並べる形で共演。今となっては"演技ドル"の枠をも超えたポジションを確立させているが、そんな現在の活躍に繋がっていく"転機"について振り返ってみたい。

映画「7号室」はD.O.が俳優として転機になった作品の1本
映画「7号室」はD.O.が俳優として転機になった作品の1本

(C) 2017 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

ドラマに初挑戦した「大丈夫、愛だ」(2014年)を含め、現在に至る出演作は決して多いとは言えないD.O.だが、韓国で最も権威ある映画賞"青龍映画賞"の新人賞を受賞した2016年頃から、その勢いを加速させていく。

特に、現在話題沸騰中のドラマ「イカゲーム」でも注目を浴びているイ・ジョンジェのほか、ハ・ジョンウ、チュ・ジフン、チャ・テヒョンといった実力派俳優たちと現場を共にした『神と共に』2部作(2017・2018年)は、映画自体の世界的評価はもちろん、俳優としてのD.O.の評価を飛躍的に高めた作品といえるだろう。

韓国では『~第一章:罪と罰』が1440万人を動員し、歴代2位の記録を更新。『~第二章:因と縁』との累計では韓国人口の半分以上(2700万人)を動員するまでに至った『神と共に』の反響は凄まじく、D.O.も、実際その後は、『スウィング・キッズ』(2018年)、「100日の郎君様」(2018年)...とキャリアを代表するような主演作品が次々と公開・放送された。

準備に約5年、撮影に約1年もの歳月を費やし製作したとされる『神と共に』シリーズの現場を経て、D.O.が撮影に臨んだのが、アジアドラマチックTV (アジドラ)にて12月4日(土)に放送される映画が『7号室』(2017年)。とある個室DVD店の1室を巡り、追い詰められた2人の男が対峙するブラックコメディだ。

勤務中に事故死した新人バイトの死体を隠した社長・ドゥシク(シン・ハギュン)と、同じ部屋に密売人から預かった麻薬を隠していたバイトのテジョン(D.O.)――部屋を開けたくないドゥシクと、部屋を開けたいテジョンの攻防が繰り広げられていく。

「7号室」
「7号室」

(C) 2017 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

D.O.が演じたテジョンは、音楽で成功することを夢見るも生活が困窮し、裏の世界に足を踏み入れてしまうという、韓国の若者の多くが抱える"闇"を象徴するかのようなキャラクター。首にはタトゥーを施し、どこか陰鬱としたムードを湛えた異質さを極めて自然に体現している。

また、スリリングな探り合いから、次第に取っ組み合ってのハードなアクションにまで発展していく"7号室"を巡るバトルでは、名優として知られるハギュンに一歩も引けを取らない見事な演技合戦を展開。感情を爆発させていく中で、時折コミカルな表情も覗かせるなど、物静かな演技の印象が強かったD.O.の、新たな境地が引き出された名シーンの数々が印象深い。

「7号室」
「7号室」

(C) 2017 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

この作品での経験を活かし、朝鮮戦争下の捕虜収容所を舞台とした『スウィング・キッズ』では、米兵にも怯まずに立ち向かう北朝鮮側の捕虜役をチャーミングに表現。また、ファン人気の高いロマンス史劇「100日の郎君様」でも、心を閉ざした世子(王位継承者)と、記憶を失った庶民のウォンドゥクという一人二役といえる役に挑戦。冷徹な世子からポンコツ過ぎて周囲からイジられるウォンドゥクへと一気に様変わりしており、その印象が180度異なる演技は見事だった。

「7号室」
「7号室」

(C) 2017 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

『神と共に』の際に、キム・ヨンファ監督から「ド・ギョンスの俳優としての眼差しがとても良かったんです。その目が信憑性を語るのに適任だと思いました」と、役者としての素質を絶賛されているD.O.。そんなヨンファ監督との再タッグ作となる『ザ・ムーン(仮題)』では、どんな姿を見せてくれるのか、俳優としてのカムバックが待ち遠しくてならない。

文=HOMINIS編集部

この記事の画像

放送情報

7号室
放送日時:2021年12月4日(土)22:30~
チャンネル:アジアドラマチックTV (アジドラ)
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

衛星写真に写った海の色から産まれた海のクレヨン
スカパー!