40代で再びブレイク!大人の色気が増すコン・ユが「尊い愛」を体現した永遠の名作ドラマ

「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」
「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」

世界を席巻している韓国発のサバイバルドラマ「イカゲーム」の序盤、主人公と対峙する謎の"めんこ男"として特別出演し、話題をさらったコン・ユ。『トガニ 幼き瞳の告発』(2011年)でタッグを組んだファン・ドンヒョク監督との縁から繋がったという今回の出演にも表れているように、近年は、『82年生まれ、キム・ジヨン』(2019年)、『SEOBOK/ソボク』(2021年)など映画出演が主体で、その多くが興行的にも評価の面でも成功を収めている。

とはいえ、コン・ユの魅力を語るときにはやはり、代表作「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」(2016年)を避けては通れない。韓国のケーブルテレビ局・tvNで当時の歴代ドラマ史上最高の視聴率を叩き出し、空前のブームを巻き起こした同作の人気は、約5年が経った今も色褪せることはない。そんな同作が、衛星劇場で12月15日(水)からアンコール一挙放送される。

コン・ユの魅力が詰まった代表作「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」
コン・ユの魅力が詰まった代表作「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」

(C) STUDIO DRAGON CORPORATION

「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」は、前述の『トガニ 幼き瞳の告発』など、映画での活躍が続いたコン・ユにとって4年ぶりのドラマ作品。「太陽の末裔 Love Under The Sun」(2016年)などのヒット作を手掛け、"視聴率の女王"といわれる脚本家キム・ウンスクから、5年もの間ラブコールを受け続けて実現した奇跡のタッグによる傑作で、"韓国のゴールデングローブ賞"ともいわれる第53回百想芸術大賞でキム・ウンスクが大賞を、コン・ユが最優秀演技賞を獲得した。

「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」
「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」

(C) STUDIO DRAGON CORPORATION

高麗時代に幼い王の嫉妬を買い、永遠を生きる鬼"トッケビ"にされてしまったキム・シン(コン・ユ)。それから900年が過ぎ、不滅の命を終わらせたいと思っていた彼がウンタク(キム・ゴウン)と出会い、ふたたび「生きたい」という思いを募らせていく...というストーリーが展開する。

「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」
「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」

(C) STUDIO DRAGON CORPORATION

「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」
「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」

(C) STUDIO DRAGON CORPORATION

長い間、孤独に苛まれてきたシンは、柔らかな眼差しの奥に哀しみと苦悩を秘めた大人の男性。そんな彼の前に現れたのが、天真爛漫な19歳の少女・ウンタク。彼女こそ、トッケビを永遠の命から解放する力を持った唯一の存在、"トッケビの花嫁"だった...。不遇な境遇ながらも明るく奔放なウンタクに、ペースを乱されっぱなしのシンの姿が何とも愛らしい。

「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」
「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」

(C) STUDIO DRAGON CORPORATION

視聴者の心を掴んだのは、そんなシンとウンタクのピュアな関係性だ。ウンタクが気になって仕方がないシンは、いつものポーカーフェイスはどこへやら...。関心を引こうとアピールしてみたり、ウンタクの憎まれ口にムキになって言い返したりと、中学生男子のようなピュアさを見せる。30代なかばに差し掛かったコン・ユの大人の魅力とその可愛らしいキャラクターとのギャップが、女性視聴者のハートをわし掴みにして離さない。

「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」
「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」

(C) STUDIO DRAGON CORPORATION

「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」
「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」

(C) STUDIO DRAGON CORPORATION

対するウンタクも、奔放な言動とは裏腹に、シンを見つめる瞳は真っすぐでひたむき。素直になれない2人のやり取りは永遠に見ていたくなるほどチャーミングだし、そんな2人が後半にかけて互いへの愛を自覚していく姿は"尊い"の一言だ。

「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」
「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」

(C) STUDIO DRAGON CORPORATION

シンと、ひょんなことから同居生活を送ることになる"死神"(イ・ドンウク)との友情も「トッケビ」の見どころの一つ。互いに相手のことが気に食わず、足を引っ張り合う掛け合いはコミカルで笑いを誘う。

それでいて、いつの間にか互いの一番の理解者になっていく――そんなブロマンス的な展開が用意されているあたりも実に心憎い。さらにユク・ソンジェ(BTOB)演じる御曹司のユ・ドクファも加わって、3人のイケメンによる"ケミ"がドラマを盛り上げる。

「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」
「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」

(C) STUDIO DRAGON CORPORATION

「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」
「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」

(C) STUDIO DRAGON CORPORATION

大人の包容力と色気をまといながら、女心をくすぐる可愛らしさを併せ持つ"究極のオトナ男子"トッケビ役は、コン・ユのまさにハマリ役。さらに、人気脚本家キム・ウンスクが手掛けただけあって、1話1話がまるで映画のように美しく洗練されているのも同作の魅力だ。また、そんなウンスクが全てをクリエイトしたとして話題を集めている最新作「あなたの運命を書いています」も、12月15日(水)より衛星劇場にて放送される。

「あなたの運命を書いています」
「あなたの運命を書いています」

(C) STUDIO DRAGON CORPORATION

人間の世界ではビルのオーナーとして存在する一方で、その実態は人間の運命を"物語"として紡ぎ出す神様・ホユン(キ・ドフン)が主人公となる「あなたの運命を書いています」。どこか「トッケビ」の世界観とも相通ずるファンタジックなラブロマンスだけに、こちらも合わせてチェックしたい。

文=酒寄美智子

この記事の画像

放送情報

あなたの運命を書いています
放送日時:2021年12月15日(水)5:00~
※毎週(月)~(金)5:00~
トッケビ~君がくれた愛しい日々~
放送日時:2021年12月15日(水)5:30~
※毎週(月)~(金)5:30~
チャンネル:衛星劇場
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!のサブスク PLUSY 4Kテレビのサブスクサービス
スカパー!