アカデミー賞の快挙から約2年...チョ・ヨジョンチェ・ウシクらの『パラサイト』組の活躍

「ハイクラス(原題)」
「ハイクラス(原題)」

新たな年を迎え、2月8日(水)のノミネート発表がいよいよ近づいてきた第94回アカデミー賞。特に、今年は日本映画『ドライブ・マイ・カー』(濱口竜介監督)が国際長編映画賞部門の最終候補に残るか?という点でも話題を集めている。昨年の監督賞に輝いたクロエ・ジャオなど、近年アジアの才能が目覚ましい活躍を遂げているが、その口火を切ったのは、外国語映画として初の作品賞受賞という快挙を達成した『パラサイト 半地下の家族』(2019年)だ。

オスカー4冠という偉業から2年が経つが、『パラサイト 半地下の家族』が韓国エンタメ界にもたらした影響はいまだ色濃く、本作に出演した俳優たちのその後のキャリアの充実ぶりを見てもそれは明らか。例えば、半地下で暮らすキム一家の長男・ギウを演じたチェ・ウシクは、プライベートでも親交の深いV(BTS)が歌うOSTでも話題の青春ドラマ「その年、私たちは」(2021年)で、「梨泰院クラス」(2020年)のキム・ダミと共に主演に抜擢された。

ギウの妹・ギジョン役のパク・ソダムは、パク・ボゴムの入隊前最後の主演作として注目を集めた「青春の記録」(2020年)でヒロインを演じ存在感を発揮。昨年12月、甲状腺乳頭がんの手術を受けたことを公表し、現在は回復に専念しているが、主演した初のアクション映画『特送(原題)』が1月に封切られるなど、女優としてより幅の広いキャリアを積み重ねている。

華やかな女性たちが抱える孤独を描くチョ・ヨジョンの主演作「ハイクラス(原題)」
華やかな女性たちが抱える孤独を描くチョ・ヨジョンの主演作「ハイクラス(原題)」

(C) STUDIO DRAGON CORPORATION

半地下暮らしのキム一家とは対照的に、高台の豪邸で暮らす裕福なパク一家の妻・ヨンギョを演じ、純真で清らかな魅力を放っていたのがチョ・ヨジョンだ。彼女もまた、「99億の女」(2019年)、「浮気したら死ぬ」(2020年)と、主演ドラマが相次いでいる。そしてこの度、新たに主演した「ハイクラス(原題)」が1月22日(土)よりMnetにて日本初放送される。

1999年に役者としてデビューを果たしたヨジョンは、その清らかな佇まいや魅力的なえくぼが印象に残る美人女優として数々の作品に出演。大胆な濡れ場も辞さないプロフェッショナルな姿勢も高く評価されてきた。

ベトナム戦争末期にある韓国軍官舎を舞台に、エリート軍人の破滅的な愛を描いた『情愛中毒』(2014年)では、ソン・スンホン演じる軍人の妻を演じた。洗練されたスタイルやウィットに富んだ振る舞いなど上流階級にいる女性像を見事に浮かび上がらせ、多くの映画賞で助演女優賞を受賞。本作での演技がポン・ジュノ監督の目に留まり、『パラサイト 半地下の家族』出演に繋がったとされている。

「ハイクラス(原題)」
「ハイクラス(原題)」

(C) STUDIO DRAGON CORPORATION

「ハイクラス(原題)」
「ハイクラス(原題)」

(C) STUDIO DRAGON CORPORATION

「ハイクラス(原題)」でも、ヨジョンはそのタイトルの通り、上流階級に属するセレブな女性に扮している。「愛の不時着」などヒット作連発中のSTUDIO DRAGONが制作する本作は、セレブが集う島を舞台に、次々と怪事件が発生する愛憎に満ちたミステリー。一見、華やかな女性たちが抱える、孤独な姿を映し出していく。

ヨジョンが演じたキャラクターは、夫を不慮の事故で亡くしたシングルマザーの弁護士、ソン・ヨウル。新たな人生をスタートさせるべく、ソウルを離れて、息子を済州島のインターナショナルスクールに通わせることを選ぶが、そこでもセレブたちの愛憎が行き交う人間関係に巻き込まれてしまう。

「ハイクラス(原題)」
「ハイクラス(原題)」

(C) STUDIO DRAGON CORPORATION

昨年、大胆にイメチェンしたショートカット姿をSNSで披露した際には、40代とは思えない可愛らしさが反響を呼んでいたが、本作でもその魅力は存分に活かされている。

成功を収めた弁護士であり、子どもを愛する母でもあるヨウルの、知的で芯のある一面を説得力抜群に体現。さらに、夫の死の真相を探るべく、女性たちのドロドロとした人間関係の中へと足を踏み入れるにつれ、予想外の真実にショックを受けたり、怒りを覚えたり...。脆さやダークな感情など心の内面も表情で語る演技はさすがの一言だ。

「ハイクラス(原題)」
「ハイクラス(原題)」

(C) STUDIO DRAGON CORPORATION

「ハイクラス(原題)」
「ハイクラス(原題)」

(C) STUDIO DRAGON CORPORATION

『パラサイト 半地下の家族』を見たクエンティン・タランティーノ監督が、ヨジョンの演技に魅了されたというトピックは有名だが、彼女以外にも、僅かな出演ながらインパクトを放ったパク・ソジュンが、その後にハリウッド進出を決めている。

鬼才ポン・ジュノ監督に「若手の代表格」とまで言わしめたチェ・ウシクを筆頭に、『パラサイト 半地下の家族』をきっかけに新たな道を切り拓いた俳優たちが、どこまで大躍進を続けていくのか?彼らの今後のキャリアが実に楽しみだ。

文=HOMINIS編集部

この記事の画像

放送情報

ハイクラス(原題)
放送日時:2022年1月22日(土)21:00~
※毎週(金)(土)21:00~
チャンネル:Mnet
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事