格好悪さすら愛おしい...第1次韓流ブームからトップで在り続けるイ・ビョンホンの繊細な魅力

韓国映画「それだけが、僕の世界」
韓国映画「それだけが、僕の世界」

韓国を代表するトップ俳優であり、国際的スターとしても活躍するイ・ビョンホン。世界的ブームとなった韓国発のサバイバルドラマ「イカゲーム」でもカメオ出演を果たし、わずかな登場シーンながら圧倒的な存在感を発揮して、改めて彼が特別な俳優であることを証明した。

そんなビョンホンが持ち前のクールでスマートなオーラを封印し、"落ちぶれた元ボクサー"という役どころに挑戦しているのが、映画『それだけが、僕の世界』(2018年)。不器用な優しさをにじませるキャラクターで、新鮮な魅力を見せつけている。

イ・ビョンホンのスポーツ刈りのボクサー姿も!(韓国映画「それだけが、僕の世界」)
イ・ビョンホンのスポーツ刈りのボクサー姿も!(韓国映画「それだけが、僕の世界」)

(C) 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED

1991年に俳優としてデビューし、ペ・ヨンジュン、チャン・ドンゴン、ウォンビンらとともに"韓流四天王"の1人として、第1次韓流ブームの立役者となったビョンホン。パク・チャヌク監督の『JSA』(2000年)や、韓国ノワールの代表的な1作『甘い人生』(2004年)などでの演技が高く評価され、着実に俳優としての地位を固めていった。さらに「G.I.ジョー」シリーズや『ターミネーター: 新起動/ジェニシス』(2015年)でハリウッドにも進出。今や世界から熱い視線を注がれるトップスターだ。

近年では、ディザスター・アクション『白頭山(ペクトゥサン)大噴火』(2019年)、実録サスペンス『KCIA 南山の部長たち』(2019年)が昨年日本公開され、今後の待機作としても、大地震で生き残った生存者たちの物語をつづる災害スリラー『コンクリートユートピア』が控えている。マーベル映画への出演も決定しているパク・ソジュンと共演するとあって、日本でも注目を集めること間違いなし。ビョンホンは50代を迎えてますます、精力的に役者業に挑んでいる。

韓国映画「それだけが、僕の世界」
韓国映画「それだけが、僕の世界」

(C) 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED

キャリアを振り返ってみると、アクションもこなし、どこか影のある役どころにも定評があるビョンホン。元プロボクサーのジョハを演じた映画『それだけが、僕の世界』は、『国際市場で逢いましょう』(2014年)のユン・ジェギョンが製作総指揮を務め、『王の涙 イ・サンの決断』(2014年)の脚本家、チェ・ソンヒョンが監督デビューを飾ったハートフルなヒューマンドラマだ。

かつてはアジアチャンピオンにまで上り詰めながらも、今は落ちぶれ、その日暮らしをしているジョハは、17年前に別れた母(ユン・ヨジョン)と偶然再会。サヴァン症候群の異父弟ジンテ(パク・ジョンミン)の存在を初めて知り、天才的なピアノの腕を持つ彼がコンテストに出られるように面倒を見始める...というストーリーが展開する。

韓国映画「それだけが、僕の世界」
韓国映画「それだけが、僕の世界」

(C) 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED

本作でのビョンホンは、スポーツ刈り&ジャージやTシャツ姿という、いつものクールなイメージの彼とは違った出立ちで登場。ジョハは「タダ飯が食べられるから」という理由で長く離れていた母の家に住み始めるなど、お金にも困っている、うだつが上がらない男だ。

ゲームが得意な弟に向かってムキになって勝負に挑んで負け続けたり、チラシ配りの仕事を弟に押し付けようとしたり、カッコ悪く子どもっぽさの残るジョハ。カリスマ性は潜めて市井の人を見事に演じているビョンホンにまず驚かされるが、物語が進むにつれてそのカッコ悪さすら愛らしく見えてくるから不思議だ。

韓国映画「それだけが、僕の世界」
韓国映画「それだけが、僕の世界」

(C) 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED

孤独の中で生きてきた人間特有の空気感をまとい、寂しさをいつもたたえているようなジョハの瞳も忘れがたく、次第にあらわになる母や弟のことを気に掛ける人間味など、"ワイルドであり繊細"という難しい役どころをビョンホンがすばらしく演じている。どんな役柄でもリアルな人間力を感じる存在にしてしまうからこそ、彼はスターなのかもしれない。

韓国映画「それだけが、僕の世界」
韓国映画「それだけが、僕の世界」

(C) 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED

韓国映画「それだけが、僕の世界」
韓国映画「それだけが、僕の世界」

(C) 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED

また弟役のパク・ジョンミンはダイナミックなピアノシーンを披露、『ミナリ』で第93回アカデミー賞助演女優賞を受賞したユン・ヨジョンは複雑な母心を表現し、こちらも見逃せない。ジョハと母、弟とのやり取りはコミカルでありながら、せつなくも温かく、クライマックスでは涙が自然と溢れ出す――何ものにも代えがたい"家族の絆"が心に染み入る、そんな感動作としてもおすすめだ。

韓国映画「それだけが、僕の世界」
韓国映画「それだけが、僕の世界」

(C) 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED

文=成田おり枝

この記事の画像

放送情報

韓国映画「それだけが、僕の世界」
放送日時:2022年2月13日(日)5:00~
チャンネル:アジアドラマチックTV (アジドラ)
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事