生来の天才的な表現力にただ圧倒...年齢と共に深みを増した歌姫、BoAの現在地

「LIVE ON UNPLUGGED」
「LIVE ON UNPLUGGED」

2001年当時、若干14歳とは思えない鮮烈なビジュアルと歌唱力でJ-POPシーンに彗星のごとく現れたBoAが、5月30日に日本デビュー20周年を迎える。2004年にリリースされた名バラード「メリクリ」がクリスマスの定番曲として長く愛される一方、最近では同じSM ENTERTAINMENTの後輩と結成したK-POPガールズユニット「GOT the beat」のセンターとしても活動。さらに日本デビュー20周年を記念したセルフカバープロジェクトやライブ、ベストアルバム『The Greatest』のリリース...など、精力的なスケジュールをこなしている。

■SM ENTERTAINMENTの歌姫、BoAが20年にわたり築き上げてきた快進撃

日本にK-POPを広めたSM ENTERTAINMENTの歌姫として、他を圧倒し続けるBoAだが、彼女が来日した2000年代初頭は、日本にK-POPという言葉も土壌もこれほど浸透していなかった時期。そこにソロ歌手として単身デビューし、のちに日本のK-POPブームの先駆けと言われる存在までに至った要因は、その多様な楽曲性と歌の力によるところが大きい。

デビュー曲「ID;Peace B」は、まだ幼さの残る声質ながら、独特の瑞々しさとハリのある歌声が今聴いても強く耳に残る。その後「気持ちはつたわる」「LISTEN TO MY HEART」など本人出演CMのタイアップにもなったナンバーで一気にブレイク。2002年の大ヒット曲「VALENTI」以降の快進撃はもはや説明不要だろう。

そもそもBoAは、各曲の歌詞に彼女にしか出せない光や希望、憂いや切なさといったものを乗せるのが天才的に上手い。神様からの贈り物のような透き通る美声を20年に渡って見事に輝かせ、振り幅の広い楽曲でリスナーの心を掴み続ける彼女に、今なお多くのファンが惹きつけられるのも納得だ。

■"UNPLUGGED"で真価を発揮!年齢と共に深みを増したBoAの歌唱に聞き惚れる

BoAの美声が引き立つステージ「LIVE ON UNPLUGGED」
BoAの美声が引き立つステージ「LIVE ON UNPLUGGED」

(C)SBS

シンプルな演奏の中だからこそ、歌い手の本当の力が試されるライブ。そのステージでも"クイーンof K-POP"のBoAの実力と魅力は大いに発揮される。2020年末より韓国で全11回にわたって放送された「LIVE ON UNPLUGGED」は、実力派ボーカリストたちが生演奏でパフォーマンスする本格的なライブ番組で、BoAはその初回に登場。当時、韓国デビュー20周年を記念してリリースされた韓国10thアルバム『Better』の中から、その同名タイトル曲など4曲を披露した。

イスに座って気持ちよさそうに歌い上げる「Better」は、確かなキャリアがもたらす貫禄と抜群のカリスマ性が漂うステージに。安定したリズム感とソウルフルな息遣い、そして抑揚の効いた巧みなボーカルに鳥肌が立つ。リラックスした表情で伸びやかな歌を届ける「Milky Way」、大人っぽく艶やかなボーカルでとろけさせるバラード「Cloud」、きらめく宝石のように美しい歌声の「Only One」も含め、BoAの"真骨頂"と"進化の足跡"が同時に堪能できるセットリストとなっている。客席で見つめる(おそらくファン歴の長い)オーディエンスの眼差しもとても温かく、彼女への敬愛を感じずにはいられない。

「LIVE ON UNPLUGGED」
「LIVE ON UNPLUGGED」

(C)SBS

年齢と共に深みを増した表現を携え、アーティストとしてまた新たなフェーズに突入している現在のBoA。歌に人生を捧げる彼女のブレない姿と堂々としたステージングを改めて見れば、自然と胸が熱くなるに違いない。

文=川倉由起子

この記事の画像

放送情報

LIVE ON UNPLUGGED
放送日時:2022年4月16日(土)0:00~
※毎週(土)0:00~
チャンネル:スカチャン1(KNTV801)、KNTV
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事