SEVENTEEN、日本デビュー4周年目前!驚くべきポテンシャルが実感できる多彩な楽曲群

「HOME;RUN」(「ミュージックバンクダイジェスト~SEVENTEEN出演回」より)
「HOME;RUN」(「ミュージックバンクダイジェスト~SEVENTEEN出演回」より)

(C)KBS

5月30日(月)で日本デビュー4周年を迎える"セブチ"ことSEVENTEEN。その直前、4月29日(金)にはCARAT(ファンの呼称)への想いも込められた初の映画『SEVENTEEN POWER OF LOVE : THE MOVIE』が公開されるほか、約2年半ぶりとなる待望の日本オフライン公演「SEVENTEEN 2022 JAPAN FANMEETING 'HANABI'」が5月7日(土)・8日(日)に開催されるなど、年に一度の"記念日"を前に、うれしいトピックが続々と控えている。

SEVENTEEN最大の特徴といえば、楽曲制作や振り付けなどを自身で手掛ける「自主制作」スタイル。各ジャンルに秀でたメンバーを中心に自らで作り上げるからこそ、一切のフィルターを通さず、その時々の率直な想いやメッセージがダイレクトに伝わる。

さらには、13人という大所帯でありながら信じられないほど高いシンクロ率で魅せるダンス。人数の強みを生かした独創的なパフォーマンスと繊細な表現力は比類のない完成度だ。「ボーカル」「ヒップホップ」「パフォーマンス」という3チームで構成されている点も珍しく、それぞれの分野の"職人"とも言えるメンバーが、スキルを研ぎ澄ませて常に新しいクリエイティブを生み出している。

SEVENTEENによる「Anyone」のステージ(「ミュージックバンクダイジェスト~SEVENTEEN出演回」より)
SEVENTEENによる「Anyone」のステージ(「ミュージックバンクダイジェスト~SEVENTEEN出演回」より)

(C)KBS

そうしたSEVENTEENの独創的なステージングは、韓国の国民的音楽番組「ミュージックバンク」でも顕著に表れている。カムバックの度に成長を遂げてきた彼らの珠玉のパフォーマンスをイッキ見できる特別番組が、「ミュージックバンクダイジェスト~SEVENTEEN出演回」だ。

2021年6月にリリースした8thミニアルバム『Your Choice』の収録曲「Anyone」はリズミカルなビートが印象的な1曲。ジョンハン、ジョシュア、ウジ、ドギョム、スングァンによるボーカルチームの成熟した歌声も必聴のナンバーで、歌い出しのジョシュアが見せる大人っぽい表情やセクシーなボーカルも注目だ。

同じく『Your Choice』のタイトル曲「Ready to love」は、R&Bベースの爽やかなポップナンバー。友達だと思っていた"君"に惹かれ、告白する準備ができた"僕"の視点で描かれる愛がテーマになっており、躍動感あふれるボーカルとダンスにも思わず引き込まれる。

「Ready to love」(「ミュージックバンクダイジェスト~SEVENTEEN出演回」より)
「Ready to love」(「ミュージックバンクダイジェスト~SEVENTEEN出演回」より)

(C)KBS

2020年の韓国スペシャルアルバム『; [Semicolon]』のタイトル曲「HOME;RUN」は、"青春を過ごす人たちへの応援と共感"というテーマが表現された1曲。「ミュージックバンク」では、レトロな雰囲気漂うサウンドと煌びやかなショータイムのようなステージが見どころだ。グルーヴ感のあるラップ、メロディアスな歌パート、問答無用に心が浮き立つサビ...。何度見返しても、13人のエネルギッシュなパフォーマンスからパワーがもらえることだろう。

2ndアルバム『TEEN, AGE』の収録曲「CLAP」は、日本デビュー前の2017年にリリースされた初期のヒットナンバー。歪んだギターから始まるロック調のイントロ、全員の高く掲げた"クラップ"から始まる圧倒的にクールなステージはこの頃から完成されていたという事実に改めて驚かされる。男性的で攻めまくる歌とラップにも度肝を抜かれるはずだ。

「CLAP」(「ミュージックバンクダイジェスト~SEVENTEEN出演回」より)
「CLAP」(「ミュージックバンクダイジェスト~SEVENTEEN出演回」より)

(C)KBS

今回紹介した4曲だけでも、それぞれ全く違う表情を見せるSEVENTEENの引き出しの多さには驚嘆させられる。ひと言ではとても括れない驚くべき多彩なバリエーション――しかし複数の楽曲を連続して堪能することで、どれもがSEVENTEENの味なのだということを実感する時間になるに違いない。

文=川倉由起子

この記事の画像

放送情報

ミュージックバンクダイジェスト~SEVENTEEN出演回
放送日時:2022年5月5日(木)5:30~
チャンネル:KBS World
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事