伊東健人が1stEP「華灯」の聴きどころや、自身が目指すアーティスト像を語る!

人気を博した「ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-」で観音坂独歩役を演じ、第13回声優アワードで歌唱賞を授与した声優の伊東健人。デビュー10周年という節目にソロアーティストとしてデビューも果たした伊東が、1stEP「華灯」を2月15日(水)にリリースする。当初はアーティストデビューに消極的だったという彼に、今後のアーティスト活動や本作への思いを聞いた。

1stEP「華灯」について語る伊東健人
1stEP「華灯」について語る伊東健人

――昨年はデビュー曲の配信やリリースイベントなどが行われました。当初デビューについて悩まれたそうですが、改めてデビューしてみていかがでしたか?

「もともとは音楽をやるつもりがなかったのは本当で、僕は声優をやるためにこの業界に入ったので、まだ声優としてしっかりと柱があるわけでもないのに音楽をやっていいのかという思いがありました。しかも、こだわりが強くて、周りを困らせる自信もあったので、どこまで我を通させてくれるのかがすごく重要だったんです。そういう悩みを1つ1つ聞いていただいて、それでもいいと言ってくださったから今があるんだなと思うと、スタッフの方々に感謝もしているし、あの時決断して良かったなと思っています」

――これから活動していく上で、どのようなアーティストを目指していますか?

「僕は自分がいいと思う音楽を突き詰めたい。でも、声優でもあるのでアーティストの方々のように音楽性を極めることに集中し過ぎると、ファンを置いていってしまう気がするんです。それに自分に求められているものもあると思うので、まずは音楽性よりバランスを大切にしたいと思っています。ただ勢いに乗っている声優が盛り上げるだけの歌を出す活動にはしたくなくて、できればアニソンをやっていきたいと思っているし、最終的には業界への恩も返したい。自分の本業に返ってくるものじゃないと意味がないと思っているので、還元していく気持ちを表していきたいです」

――今後はアニソンを中心に活動していくのでしょうか?

「アニソンって幅が広くて、ジャンルでは表しづらいと思いませんか?僕はそこに自由度みたいなものを感じていて、今回は1stEP『華灯』をリリースしましたけど、その音楽性に縛られることなく、次の新曲は全く違うジャンルにしてもいいと思っているんです。例えば、ダンサブルな曲で踊り出しても面白いと思うし、そういう自由なことができるのが声優アーティストのいいところだと思っているので、たくさん開拓していきたいです。すでにいろいろな方が活動されていますが、それとは少し違った見せ方をしていけたらいいなと思います」

この記事の全ての画像を見る

放送情報

伊東健人 1stEP「華灯」
2023年2月15日(水)発売
https://ito-kent.com/

詳しくはこちら

キャンペーンバナー

関連記事

関連記事

記事の画像

記事に関するワード

関連人物