「ROAD to AVALON」中村悠一杉田智和沢城みゆき大塚明夫らが熱演 光の演出や壮大な音楽で彩る新感覚の音楽朗読劇

(C)READING HIGH

最先端の朗読劇を発信し続けている藤沢文翁の世界観とroom NB(ソニーミュージックグループ)の持つ音楽性やテクノロジーの融合により「まだ誰も体験したことのない音楽朗読劇」を追求するエンターテインメントプロジェクト・READING HIGH。完全新作となる「ROAD to AVALON」が、5月11日、12日の2日間にわたって、東京ガーデンシアターにて開催された。

本作は世界中で親しまれているファンタジー作品「アーサー王伝説」がテーマとなっている。原作・脚本・演出・作詞を手がけた藤沢文翁が、音楽監督の村中俊之らとともに、「栄光あるアーサー王伝説」が「終末」へと向かう物語を新たに再構築して作り上げた新感覚の音楽朗読劇だ。

スタッフのみならず、キャストも第一線で活躍している声優陣が勢揃い。中村悠一(ランスロット)、杉田智和(モードレッド)、安元洋貴(ガウェイン)、沢城みゆき(湖の乙女/幼少期のアーサー王)、梅原裕一郎(ガレス)、諏訪部順一(アーサー王)、大塚明夫(アンブローズ・マーリン)が集結し、これまで何度も舞台やミュージカルで描かれてきた「アーサー王伝説」を鮮やかに彩る。

(C)READING HIGH

「この剣を抜きし者が、ケルトの民を守る王とならん」――物語は伝説の剣であるエクスカリバーを抜いたアーサーが、エクスカリバーに拒まれるところから始まる。円卓の騎士であるランスロットは戦いで敗れ深い傷を負ってしまうが、そこには湖の乙女の姿があり......。次第にランスロットはアーサーの抱える秘密へと迫っていく。

(C)READING HIGH

冒頭から印象的だったのが音楽朗読劇ならではの光や炎の演出と壮大な音楽だ。チェロにコントラバス、ギター、ボーカルといった9人のミュージシャンによる音楽が作品の世界観と共鳴しながら華を添え、幻想的な光はまるで異世界へと迷い込んでしまったかのような錯覚へと誘う。特にランスロットが湖の乙女と出会うシーンや、攻め入ったアングロ・サクソンとの戦闘シーンなどは、音楽朗読劇でしかなしえない五感を刺激するものとなっていた。

(C)READING HIGH

この記事の全ての画像を見る

公演情報

音楽朗読劇 READING HIGH 『ROAD to AVALON』
公演日時:
2024年5月11日(土) <夜の部>開場17:00/開演18:00
2024年5月12日(日)<昼の部>開場11:30/開演12:30 <夜の部>開場17:00/開演 18:00
会場:東京ガーデンシアター

【PIA LIVE STREAM】
配信公演:2024年5月12日(日)18:00公演
販売期間:~2024年5月21日(火)20:00
アーカイブ視聴期間:~5月21日(火)23:59まで
国内チケット販売URL:https://w.pia.jp/t/rh12/
海外チケット販売URL:https://w.pia.jp/a/pls-rh12/
※国内・海外ともに字幕はございません。ご了承ください。
配信チケット:¥4,300


詳しくはこちら

キャンペーンバナー

関連記事

関連記事

記事の画像

記事に関するワード