「ぼっち・ざ・ろっく!」の青山吉能が挑戦してみたい楽器とは?「初めて見た時に『なにこれ!?』と衝撃を受けました」

「まんがタイムきらら MAX」にて連載されているはまじあきによる同名4コマ漫画を原作として、2022年に放送され人気を集めたTVアニメ「ぼっち・ざ・ろっく!」。TVシリーズを再編集した「劇場総集編ぼっち・ざ・ろっく! Re:/Re:Re:」の前編が6月7日、後編が8月9日に公開される。

本作は極度の人見知りで陰キャな少女・後藤ひとりが結束バンドに加入し、伊地知虹夏、山田リョウ、喜多郁代といった個性的なメンバーとともに成長していく物語。2022年にTVアニメの放送がスタートすると、瞬く間に人気を集め、国内外問わず絶大な支持を獲得。新たな音楽アニメとしての地位を築いた。

今回は後藤ひとり役の青山吉能にインタビューを行い、劇場総集編が決まった時の心境や作品に対する反響、今後挑戦してみたい楽器などについて語ってもらった。

――劇場総集編が公開されるというお話はどのタイミングで聞かれたのでしょうか?

「確か『ぼっち・ざ・ろっく!』の生放送特番が終わった後にスタッフさんから言われました。あまりにもあっさりだったので『やったー!』みたいな気持ちになれなくて...でも心の中ではすごく嬉しかったです」

――そんなにあっさりと報告されたんですね。

「そうなんですよ(笑)。『みなさんにお知らせがあります』みたいな感じではなくて、別の話の流れの中で聞かされて、『え、ちょっと待って!』と驚いたのを覚えています」

――本作はアニメシリーズを再構成しているとのことですが、どのような作品になっていますか?

「新しい『ぼっち・ざ・ろっく!』と言うとまたちょっと語弊がありそうなんですけど、アニメ全12話をまた新しい形で楽しめるんじゃないかなと思います。総集編と聞くとただアニメを劇場用にギュッとしているように思えるんですけど、まったく違います。アニメの第1話の冒頭は後藤ひとりの回想から始まると思うんですけど、総集編は意外なシーンから始まるんですよ。私も初めて見た時はびっくりしたので、楽しみにしていてください。どのシーンから始まるのか、きっと誰も当てられないんじゃないかな...(笑)」

――アニメをすでに見ている方はもちろん、これまで一度も見たことない方でも楽しめますか?

「そう思います。これまでの『ぼっち・ざ・ろっく!』を知っている方はもちろんなんですけど、知らない方も『何が始まったんだ?』ってなると思いますし、確実に楽しいものになっていると思います」

――アニメが放送されてから幅広いファンの方からの反応が集まっていますが、作品に対する反響についてどのように感じていますか?

「声優としてどの現場行っても、やっぱり『ぼっち・ざ・ろっく!』の話になりますし、『ぼっち・ざ・ろっく!』というタイトルを知らない人がもうこの業界にいないんじゃないかというくらい広がっているな、と実感しています。毎クールいろんなアニメが放送されているのに、放送から2年が経っても作品を知っていただけるのは当たり前のことではないですし、本当にありがたいですね」

この記事の全ての画像を見る

作品情報

劇場総集編「ぼっち・ざ・ろっく!」
前編「Re:」2024年6月7日(金)公開
後編「Re:Re:」2024年8月9日(金)公開

詳しくはこちら

キャンペーンバナー

関連記事

関連記事

記事の画像

記事に関するワード