鈴村健一蒼井翔太ら12名の声優がアドリブで共演!ハプニングもスパイスに!?

声優・鈴村健一が総合プロデューサーを務める舞台劇「AD-LIVE(アドリブ)」。鈴村をはじめ人気声優がコンビを組み、「2人の関係性」「結末の行動」など、事前に与えられたキーワードを頼りに、90分間の舞台劇を全てアドリブで紡ぐ、演技力とアドリブ力が試されるスリリングなエンターテイメントだ。初演から10周年を迎えた2018年は、4都市で10公演開催されただけでなく、日本全国、香港、台湾の映画館でライブビューイング上映されるなど、その規模と人気は拡大を続けている。

そんな大人気即興舞台劇から、2017年に開催した「AD-LIVE 2017」全12公演が、ファミリー劇場で3ヶ月連続放送されることが決定した。2017年は「ヒミツ」をテーマに、自分が抱える秘密や相手との関係など、わずかな設定のみを頼りにメインキャストの声優2人が「彩-LIVE(イロドリブ)」と呼ばれる個性的なゲストキャストと共にアドリブで物語を動かしていく。さらにストーリーが進むにつれ、2人には新たな秘密が舞台上で明かされていく。声優陣は90分という限られた時間内に、事前に指定された「結末の行動」で、舞台に幕を下ろすことができるのか。ドキドキハラハラの展開と、舞台上で演技合戦が繰り広げられる。

全ての公演で、異なる世界観とストーリーが生まれた意欲作「AD-LIVE 2017」に出演したのは、鈴村健一、てらそままさき、鳥海浩輔、中村悠一、関智一、羽多野渉、豊永利行、森久保祥太郎、高垣彩陽、津田健次郎、蒼井翔太、浅沼晋太郎、12名のそうそうたる人気声優陣。12月は、2017年9月9日、10日に行われた千葉公演が放送される。

9月9日の千葉公演1日目に登場したのは、舞台の生みの親で総合プロデューサーの鈴村健一と、俳優としても活躍するベテラン声優・てらそままさき。昼公演では、2人の関係性が「過去のライバル」ということのみ共通認識で展開され、観客はもちろん演じる声優たちも予測不能な即興劇となる。鈴村が演じたのは、黒ぶちメガネ、レトロファッションが気になる青年・赤星拳(あかぼしけん)。一方、てらそまが演じたのは「ザン」と呼ばれる、顔に縫い傷を持った怪しげな関西弁の男。

ザンが拳を自宅に招き入れるところから始まった舞台では、久々の再会という設定からぎこちないムードが漂う舞台上、てらそまが抹茶の粉を盛大にぶちまけてしまうなどのハプニングが起こり、鈴村が戸惑う場面も。そんな「AD-LIVE」でなければ観ることのできない声優陣の表情にも注目の、本当に何が起こるか分からない全12公演。観客を楽しませるために全力で挑む、声優陣の卓越したエンターテイナーぶりを心行くまで堪能してほしい。

文=中村実香

この記事の画像

放送情報

AD-LIVE 2017
放送日時:2018年12月5日(水)21:00~
※毎週(水)21:00~
チャンネル:ファミリー劇場
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事