梶裕貴は"甘えたがりを引き寄せる"タイプ!?島崎信長内田雄馬の暴露に苦笑

続いて、「○×『モーリス』」と題して、14個の質問に3人が○×で答える企画を実施。3人は「親友と呼べる人がいる」「好きな人に自分から告白できる」「好きな事に没頭してしまう」といった質問に、「興味あります、これ?(笑)」「もっと作品について皆さんに...(苦笑)」と漏らして会場を沸かせながらも真摯に回答。

「甘えられるより、甘える方が好きだ」という質問では、梶と内田が○、島崎が(○でも×でもなく)△と回答。島崎が「甘えてくれないと、こっちも甘えられないから」と理由を明かす中、梶が「この2人(島崎、内田)は甘え上手な気がする」と告白。

すると、島崎が「梶さんは甘えたがりを引き寄せる性質がある気がします!」と語り、内田は「梶さんはどうでもいいことでも何でも拾ってくれる」と賛同。梶は「僕、どうでもいいことでも拾っちゃってんの?大事なことだと思ってたんだけど...」と苦笑しきりだった。

それぞれがくじで引いた作中の台詞を披露する「『モーリス』決め台詞」のコーナーでは、梶がモーリスの「すべてを投げ打ってもいい。僕が何より怖いのは君を失うことなんだ」という台詞を披露し、「この文言を見ると、このシーンのモーリスの表情や心境が浮かんできますね」としみじみ。

アレックの「もう、ごちゃごちゃ言うのはやめる。今夜俺と一緒にいてほしい」という台詞を披露した内田は「(アレックは)こういうことを言えるってすごいですよね。この台詞にはそれまでのアレックの思いが詰まってますよね」と語った。

一方、島崎が引いた台詞はクライヴのモーリスとの掛け合いのシーンで、梶が再び出番を迎える展開に。2人はクライヴがモーリスに、初めて愛を告白するシーンを再現。2ターンの会話で、島崎によるクライヴの「愛してる」という台詞を聞いた梶は思わず吹き出してしまい「(島崎が)すごい見てきたんだけど。何で僕をそんなに見たの?(笑)」と島崎の熱視線に照れていた。

最後に、内田は「人が何かを選択するという事に関して生じる責任や重さなど、選択した事に対してどう感じるかといったことを考えさせてくれる作品だと思いますので、これから皆さんの選択する時にヒントにつながってくれたらと思います」。

島崎は「『何でこうしたんだろう?』『こんなことを思っているのかな?』など、一個一個(キャラクターの言動の)裏を考えながら観るともっと面白くなるんじゃないかなと思っています」。

梶は「こういった名作に役者として携わらせていただくことができて、本当に幸せだなと感じています。"最後に自分の中でどう咀嚼(そしゃく)するか"が大切な作品だなと感じましたので、ぜひまた何度でもご覧いただければと思います」と、それぞれ作品をアピールしてイベントを締めくくった。

文=原田健

この記事の画像

放送情報

開局30周年記念企画/吹替王国スペシャル2019『モーリス 4K【ムービープラス新録吹替版】』
放送日時:2019年7月21日(日)21:00~ほか
特番『モーリス 4K』新録吹替 ~人気声優に密着!~ vol.1
放送日時:2019年7月21日(日)20:30~ほか
特番『モーリス 4K』新録吹替 ~人気声優に密着!~ vol.2
放送日時:2019年8月18日(日)10:30~ほか
チャンネル:ムービープラス
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!