「鬼滅の刃」などで注目を集める声優・鬼頭明里が見せるアーティストとしての可能性

2020年の空前の大ヒットとなった「鬼滅の刃」で竈門禰豆子(禰は正しくは礻に爾)役を演じ、声優としてさらに人気が高まった鬼頭明里。バラエティー番組「しゃべくり007」に出演時には、百戦錬磨のメンバーの無茶振りに機転の効いたユーモアで返すなどトークも評価され、そのマルチな才能で注目を集めている。声優のみならず、アーティストとしても高い表現力と透き通った歌声で多くのファンを魅了し、2020年6月にリリースされた1stアルバム『STYLE』はオリコンウィークリーチャートの7位に輝いた。

そんな声優として、アーティストとして活躍する彼女はイラストもかなりの腕前で、さらに特技はラーメン屋でのアルバイト時代に培った湯切りだという。Twitterのフォロワー数が40万人を超える、今最も人気の声優の1人である鬼頭明里に、熱い視線が注がれる理由に迫る。

(C) 2020 PONY CANYON INC.

■子供の頃からアニメ好き!作品&キャラクター愛が演技にも

アニメやゲーム好きだった父親の影響で、物心ついた時からアニメ漬けだったという鬼頭。小学校高学年の時には毎週レンタルビデオ屋に通うなど、自らオタクと公言しているだけあり、アニメへの思い入れは深い。「鬼滅の刃」の禰豆子役には、「『うぅ〜』って唸っているのに喜怒哀楽をちゃんと表現していてすごい!」など、絶賛の声が寄せられているが彼女自身、禰豆子のキャラクターが大好きなこともあり、竹製の口かせをしたままのシチュエーションで感情をどう表現するのか、試行錯誤したようだ。

アニメで演じる役柄も幅広く、「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」ではおっとりマイペースな近江彼方、「安達としまむら」では地声の低さを活かした安達、「トニカクカワイイ」では16歳で結婚するツンデレヒロインの由崎司、さらに2021年に第2期が放送予定の「虚構推理」では頭脳明晰でキュートな琴子を演じるなど多才だ。彼女自身が筋金入りの漫画、アニメ好きだからこそ、アニメファンのツボをつくという意見も多い。また、イラストレーターを目指していた時期もあり、Twitterにアップされるイラストにも並々ならぬ作品愛が感じられる。

(C) 2020 PONY CANYON INC.

■初のライブツアーでは歌声も衣装もカラフルにファンを魅了!

そんな、さまざまな表情を見せる彼女の素顔に触れられる1つがライブだ。鬼頭が2020年9月から10月にかけて東名阪で開催した、自身初のツアー「Colorful Closet」の千秋楽・名古屋公演の模様が1月24日(日)アニマックスにて、ライブ映像に加えて本人インタビューやメイキングを追加した特別バージョンで放送される。万全の感染対策を行った上で開催されたツアーファイナルでは、「ここは私が生まれ育った街です!」と地元愛を語る場面も。

「Colorful Closet」というツアータイトル通り、演出も衣装もカラフルでオリジナル曲はもちろん、出演作のキャラクターソングや主題歌カバーも披露。声優としての引き出しの多さは歌にも活かされていて、キュートな声で歌うポップチューンや、拳を上げてファンをあおるロックナンバーなど、演技だけではなく歌の幅広さや、ステージパフォーマンスの高さもうかがうことができる。オフィシャルファンクラブの開設も決定し、さらなる活躍が期待される声優、そしてアーティスト・鬼頭明里から目が離せない。

文=山本弘子

この記事の画像

放送情報

鬼頭明里 1st LIVE TOUR「Colorful Closet」ANIMAX Special Edition
放送日時:2021年1月24日(日)20:00~
チャンネル:アニマックス
※放送スケジュールは変更になる場合があります

鬼頭明里のスカパー!出演番組はこちら

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!