人付き合いとは?伊藤美来がしまむらに負けない名モノローグを披露!

写真左から、伊藤美来、鬼頭明里
写真左から、伊藤美来、鬼頭明里

体育館の2階で偶然知り合った2人の女子高生の関係が、少しずつ変化していく様子を描いた、入間人間のライトノベル原作のアニメ「安達としまむら」。そのオンラインイベント『「安達としまむら」SPECIAL ONLINE EVENT ~私に相応しいチョコを決めてください!~』が2月21日に開催され、安達役の鬼頭明里、しまむら役の伊藤美来、日野役の沼倉愛美、永藤役の上田麗奈、ヤシロ役の佐伯伊織が出演した。

写真左から、佐伯伊織、伊藤美来、鬼頭明里、沼倉愛美、上田麗奈

イベントオリジナルグッズのTシャツを着て登場したキャスト陣は、まずは5人そろっては初めてとなる「安達としまむら」のイベントに喜びを分かち合った。そして、アニメを振り返るコーナーでは、それぞれが好きなシーンについて語った。第11話の"ヤシエモン"のシーンを挙げた佐伯は「全然ドラえもんに似ていないから」と理由とともに、ヤシロのキャラクターをつかむのに苦労したことを振り返り、「私は宇宙人と思いながらアフレコに挑んでいました」と告白。続く上田は、第3話の永藤が日野のおでこにキスするシーンを挙げ、「2人の関係性が、安達としまむらとは対照的で際立っていました」と紹介した。

沼倉と伊藤はそれぞれ、第4話のしまむらと安達母のサウナ勝負シーン、第9話のしまむらが安達に電光掲示板のサプライズをするシーンと、しまむらに関するシーンを選び、「しまむらの人間っぽいところが見えました(沼倉)」「しまむら的にも人との関係についても一皮むけたシーン(伊藤)」と、しまむらの行動が印象的だったことを選んだ理由に挙げた。一方、第2話で安達が「なんだばしゃぁぁぁぁ」と叫ぶシーンを挙げた鬼頭は「オーディションの原稿にも書いてあって、『なんだばしゃぁぁぁぁ』ってなんだばしゃ?と思いながらやっていました」とコメントし、「原作ファンにも安達といえばこのセリフだったのでプレッシャーだった」と苦慮したことを明かした。

続いて作中で何度も出てくる、しまむらのモノローグにちなんだコーナーへ。お題のモノローグの一部を自分の身に置き換えて言葉を入れるというルールの中、「人付き合いとは、【 】だと思う」の問いに、上田が「迷路」、沼倉が「テーマパーク」、佐伯が「自己形成」と次々と答えていく中、残された伊藤と鬼頭が同時に手を挙げてトリを避けようとジタバタする展開に。結局じゃんけんに勝った伊藤が「おいしい目玉焼き作り」と答え、自身の目玉焼き作りに例えて、いろいろ考えながら人と接していることを明かした。トリとなった鬼頭は「人生」と答え、「人や人生とは一生付き合っていくものなので、一緒に人と過ごすことが人間としての人生だと思う」と感慨深く説明した。

2問目の「小学生のころ、通信簿に【 】ですと書かれた通り、私は【 】する」というお題では、「体調を崩しやすいから心配ですと書かれた通り、私は仮病を利用する」と答えた上田が授業を仮病で休んでいたことをカミングアウト。その理由に「違うことをやりたかったんですよ。入っていた演劇部で台本を書いていたので、書く時間が欲しくて授業をさぼっていました」と当時の心境を説明した。続いて伊藤、佐伯、沼倉も小学生の時のエピソードを語った後、またトリとなった鬼頭は「通信簿に算数は△ですと書かれた通り、私は高校生になっても追試を受ける」と回答。数字が苦手で、ラーメン屋でバイトしていた時に、店で自分だけ会計を暗算で出せなかったという苦いエピソードを披露した。

料理&お菓子作りで共感するテーマを発表するコーナーも行われ、伊藤の「料理もお菓子作りも、そもそも本当はやる気が出ない。出るまでに時間がかかる」の発言に、「できればしたくないと思っているから分かる」と上田と佐伯が強く共感。しかし、鬼頭の「結局、後片付けが一番面倒くさい」の発言に上田は全く共感せずに「片付けは大好き」と答えると、「一家に一台欲しい」とキャスト陣全員からどのテーマよりも共感する声があがり、笑いに包まれた。その後、5人で書き下ろしの朗読劇が披露され、作品の世界観に浸れた佐伯は「久しぶりに帰ってきた気がしました」と笑顔。続けて制服姿に着替えた伊藤と鬼頭によるライブパートへ。エンディングテーマ「キミのとなりで」、挿入歌「メリーゴーランド」、オープニングテーマ「君に会えた日」を歌い上げ、「この格好で歌えたのが嬉しかった(伊藤)」「学校帰りにカラオケに来た感じ(鬼頭)」と満面の笑みで感想を口にし合った。

最後のあいさつで、伊藤は「しまむらを演じることで、私自身も成長できた部分がたくさんありました」と、キャラクターへの思いを語った。そして鬼頭は「個人的には、安達は自分とは正反対な性格で、最初理解するのが難しかったです。でも、回を重ねるごとに理解していって、どんどん愛おしく思えてきました」とキャラクターへの思いに変化があったことを明かし、「世界観がステキだと思うので、もっと続きが見たい」と作品への思いも告げてイベントを締めくくった。

文・撮影=永田正雄

この記事の画像

放送情報

安達としまむら
放送日時:2021年3月27日(土)、30日(火)~4月1日(木)1:00~
チャンネル:TBSチャンネル2 名作ドラマ・スポーツ・アニメ
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!