梶裕貴ら出演キャストの心に響いたバック・アロウの言葉とは?キャストが選ぶ名シーン!

世界最大級のアニメイベント「AnimeJapan 2021」がオンライン開催され、人気タイトルのステージも3月27日、28日に行われた。壁に囲まれた世界を舞台に主人公が失った記憶を取り戻すため、壁の外を目指す冒険活劇「バック・アロウ」からは、バック・アロウ役の梶裕貴、アタリー・アリエル役の洲崎綾、エルシャ・リーン役の小澤亜李、ビット・ナミタル役の小野賢章、シュウ・ビ役の杉田智和の5人が出演し、トークを繰り広げた。

写真左から、小澤亜李、洲崎綾、梶裕貴、小野賢章、杉田智和

梶が「1話ごとの内容がとても濃い作品。頭で考える前に、まずは心で感じるべき」と作品への印象を語った。第6話の「美少年牧場」など、インパクトのあるサブタイトルについても触れ、「僕らも台本を頂いたタイミングで、初めてその回のサブタイトルや内容を知るのですが...やはり美少年牧場が一番ザワつきましたね」と、キャスト陣も強烈なワードを目にするたびに盛り上がっていたことを明かした。

キャラクター紹介では、お調子者であるビットを演じる小野が「演じていてすごく楽しい。ビットは遊びを入れられるキャラクターなので、毎回いろんなパターンを現場に持っていって試しています」と笑顔を見せた。さらに「最初は監督から『ビット次第だから』とプレッシャーをかけられたこともありましたが、始まってみれば自由にやらせていただいています」とアフレコの様子を紹介した。

一方、飄々とした性格のシュウを演じている杉田は「欲望に正直なんですよ」と分析。シュウについて独自の見解を熱く披露した。ただし、役作りについては「あまり難しく考えないようにしています」と、作り込み過ぎないように気を付けていることも明かした。そんな杉田との共演について梶は「シュウのお芝居は自分の中で想像できるパターン以外の表現を杉田さんがしてくれるので、影響を受けた僕も違う表現がリアルタイムで出てきたりして、すごく楽しかったです」と語った。

続く「キャストが選んだ印象に残る名シーン」では、作中に出てくる「デマイン科学合唱団」の歌声を耳にした小野が「インパクトが強過ぎて、初めて聴いた日の夜、頭の中に『実験だ~』と曲が流れてきました(笑)」と悪夢になりかけたことを告白。同じシーンを選んだ梶も衝撃的だったことを口にすると、主人公の名前の由来が明かされる衝撃の第1話など、複数の名シーンを紹介した。中でも、第11話で自爆攻撃を仕掛けるレン・シンにバック・アロウが怒鳴りつけるシーンについて「たとえ記憶がなくても、命を粗末にしてはいけないことは直感で分かる。だから彼の言葉には説得力がある」と強く言及すると、その言葉に小野も「『誰かのために命を捨てる。そんなのは自己満足だ』という台詞は、考えさせられました」と心に響いたことを打ち明けた。

その後も次々と好きなシーンが紹介され、「シリアスな展開に突然ギャグが入るシーンが『バック・アロウ』らしい」と語る洲崎や、「見ているだけでカッコイイ。強い女性のレンが私はすごく好き」とレンのシーンだけを取り上げた小澤など、キャスト陣がさまざまな角度から作品の魅力をアピール。あっという間にステージ終了時間が迫り、新たなPVやキービジュアルが公開された。

最後に、梶は「(作品を語るには)想像をしていた100倍時間が足りませんでした」と残念がりつつ、「2クール目は、今まで以上にバンバンズババンバンズバン(バック・アロウの必殺技)という勢いで、皆さまに最高のエンターテインメントをお届けできると思います」と今後の展開に期待を感じさせる挨拶で、ステージを締めくくった。

文=永田正雄

この記事の画像

放送情報

バック・アロウ
放送日時:2021年5月3日(月)21:00~ほか
※毎週(月)21:00~ほか
チャンネル:アニメシアターX(AT-X)
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!のサブスク PLUSY 4Kテレビのサブスクサービス
スカパー!