小野賢章のナビゲートで海の底に隠されている驚くべき真実に迫る

(c)National Geographic

「アイドリッシュセブン」の七瀬陸役や「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」のハサウェイ・ノア役など、人気アニメで主人公を演じてきた声優・小野賢章。明るくハツラツとした地声をベースに、物語を牽引するパワーを持ったキャラクターを魅力的に演じる存在として、ファンから圧倒的な支持を得ている。

小野を語る上で欠かせないのが、人気映画『ハリー・ポッター』シリーズ日本語吹替版でのハリー・ポッター役だ。ハリーを演じたダニエル・ラドクリフと同い年の小野は、彼の成長と共にリアルな演技を10年間に渡って披露。第1作目で聞かせたあどけない少年声から徐々に声変わりをし、完結編となる「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」では、優しくも頼りがいのある父親となったハリーを同じ足並みで見事に演じきった。

「黒子のバスケ」の黒子テツヤ役や「ReLIFE」の海崎新太役では、アニメ版に引き続き、舞台版でも同役を好演するといった、俳優としてのバックボーンを持つ彼ならではの活動も展開。2014年にはアーティストデビューを飾り、2020年には、ブロードウェイ・ミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」Season2にてリフ役を熱演するなど、活動のフィールドを拡大し続けている。

そんな小野がナレーションを務めているのが、ナショナル ジオグラフィックのヒストリードキュメント「仰天!海の底まる見え検証 4」シリーズの第1~4話だ。水中探査と画期的CG技術を組み合わせて、海の底に隠されている驚くべき真実に迫るシリーズでは、決して"専門家が描いた想像図"などではなく、釘の1本に至るまで本物の物証を提示。長い間、人知れず海の底に沈んでいた貴重な水中遺物を検証することにより、歴史的に重要な出来事にまつわるさまざまな謎の解明に挑む。探検家や考古学者たちによる言葉を通じて、視聴者に史実に基づく物語を伝えていく。

「仰天!海の底まる見え検証 4」より
「仰天!海の底まる見え検証 4」より

(c)National Geographic

第4話の「グレートバリアリーフ 美しさに潜む危険」では、熱帯の楽園として知られるグレートバリアリーフの美しさの裏に潜む危険について迫る。今回、考古学者たちが解明に挑むのは、"オーストラリアのタイタニック"とも呼ばれる豪華客船の沈没にまつわる謎。リーフの底部に水中ドローンを送り込み、その荒々しい誕生と進化の秘密にも迫る。小野は、イタリアが舞台の人気作「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」の主人公ジョルノ・ジョバーナ役でも聞かせた、力強く落ち着いた声で、熱帯の楽園に隠された秘密を解明する考古学者たちの活躍をナビゲートする。

世界屈指の観光都市でもあるグレートバリアリーフの美しい風景とその海に眠る歴史ロマンを同時に楽しめる本プログラム。考古学者たちの情熱と覚悟に敬意を表する小野の美声と共に、栄華を誇ったかつての海洋帝国に想いを馳せてみて欲しい。

文=中村実香

この記事の画像

放送情報

仰天!海の底まる見え検証 4
放送日時:2022年5月28日(土)22:00~ほか
チャンネル:ナショナル ジオグラフィック
※放送スケジュールは変更になる場合がございます

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事