小野賢章がキレのあるダンスと歌声を披露!ライブでファンの視線をくぎ付けに

「黒子のバスケ」の黒子テツヤ、「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」のジョルノ・ジョバァーナなどで知られる声優・小野賢章。子役として映画『北京原人Who are you?』の北京原人ゲンジ役など、映画や舞台で活躍してきた彼は、2001年公開の映画『ハリー・ポッターと賢者の石』で主人公・ハリーの日本語版ボイスキャストから声優としての活動をスタート。一本芯の通った明るく爽やかなハイバリトンボイスの彼は、豊富な経験に裏打ちされた確かな演技力をさまざまな人気アニメや、洋画・海外ドラマの吹き替えで披露し、多くのファンを獲得し続けている。

「スタミュ」の那雪 透、「ツキウタ。 THE ANIMATION」の神無月 郁など、歌唱力も重視される作品で人気キャラクターを演じてきた小野。中でも男性アイドルグループ・IDOLiSH7のセンター、七瀬 陸役に抜てきされた「アイドリッシュセブン」シリーズでは、2018年、2019年に埼玉・メットライフドームで行われたライブで、伸びやかな歌声とキュートな笑顔、そしてメンバーとの息ピッタリのパフォーマンスでファンを魅了。満員の会場を大いに盛り上げたことは記憶に新しい。

アーティストとしては、2014年にTVアニメ「黒子のバスケ」2期ED主題歌に起用されたシングル「FANTASTIC TUNE」でデビュー。子役時代からさまざまなミュージカルに出演していたこともあり、その圧倒的な声量と安定した歌声でロックやポップス、R&Bなど、多彩なナンバーを軽やかに歌い上げ、ライブも積極的に行っている彼が、2018年に開催したツアー「KENSHO ONO Live Tour 2018 ~FIVE STAR~」の東京・豊洲PITで行ったファイナル公演が、5月16日(土)にMUSIC ON! TV(エムオン!)でTV初放送される。

ダンサーたちとステージに静かに登場した小野は、1stフルアルバムのリードナンバー「Take the TOP」を、キレのあるダンスとともに披露。冒頭からギア全開のパワフルな歌声と熱いパフォーマンスに、満員の会場も一気にヒートアップする。続く「TOUCH」は、オリジナルのストレートなロックナンバーにEDMのエッセンスを加えたSPECIAL REMIXバージョンで届けた。MCでは、オープニングを飾った3曲のダンスをたった5日間で覚えたことを告白。観客に向かって「褒めて、褒めて!」とアピールする彼の無邪気な笑顔は必見だ。

アップテンポなナンバーが続いた前半とは変わり、後半冒頭は小野の素直で耳に優しい歌声をじっくり味わえる「Rain Dance」「Wonder Train」「Rainbow Road」を披露。しっとりとした空気が満ちる会場だったが、続く「Feel So Nice!!」からは再びダンサーたちとのシャープなダンスと力強いボーカルによって、会場のボルテージはマックスに。最初から最後まで安定したパフォーマンスと、キュートな笑顔でファンの心を揺さぶり続けた小野。いつまでも少年のようなフレッシュさを失わない彼の魅力を、ライブを通して感じてほしい。

文=中村実香

この記事の画像

放送情報

M-ON! LIVE 小野賢章「KENSHO ONO Live Tour 2018 ~FIVE STAR~」
放送日時:2020年5月16日(土)19:00~
チャンネル:MUSIC ON! TV(エムオン!)
※放送スケジュールは変更になる場合があります

小野賢章のスカパー!出演番組はこちら

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!