白井悠介斉藤壮馬が「佐々木と宮野」の甘酸っぱい関係を朗読劇で表現!

写真左から、新井良平、斉藤壮馬、白井悠介
写真左から、新井良平、斉藤壮馬、白井悠介

とある男子校を舞台に、女顔がコンプレックスな男子・宮野と、ちょっとだけ不良な先輩・佐々木を中心に繰り広げられる青春ストーリー「佐々木と宮野」。2022年1月のTVアニメ放送に先駆け、佐々木役の白井悠介、宮野役の斉藤壮馬、宮野のクラスメイト・暮沢丞役の新井良平が出演、そして佐々木の友人・平野大河役の松岡禎丞が、声のみで参加する朗読劇が、9月12日に埼玉・ところざわサクラタウン ジャパンパビリオンホールAで開催された。今回は夜の部の模様をレポートする。

原作コミックの画像を舞台上のスクリーンに映しながら、佐々木と宮野の出会いのきっかけや、学年の違う彼らが少しずつ絆を深め合っていく様子をつづるイントロから、3幕構成の朗読劇はスタート。第1幕は、佐々木と宮野が出会ってから最初となる文化祭がテーマ。舞台の中央に座った、ブルーのカーディガンに白のカッターシャツ、黒のパンツといった学生らしい衣装に身を包んだ宮野役の斉藤と、モスグリーン色のカーディガンを羽織った暮沢役の新井によるナチュラルな掛け合いが繰り広げられる。

(C)2022 春園ショウ/KADOKAWA/「佐々木と宮野」製作委員会

朗読劇ながら、互いに視線を送り合い、時には見つめ合いながら言葉を重ねていく2人。男子校の文化祭でメイド喫茶にはしゃぐ宮野と、その様子をクールに受け止める暮沢といった構図の中に、宮野に思いを寄せる佐々木役の白井が加わる。オレンジのTシャツの上に、白のカッターシャツとベージュのカーディガンを重ねたスタイルの白井は、豊かな表情も交えて自然体の佐々木を表現した。

声優陣のセリフにエコーをかける音響効果で、各キャラクターの心の声や過去の発言を、スクリーンに映し出したコミックの1シーンとともに表現するなど、さまざまなアイデアが盛り込まれた演出が展開。後夜祭で1人、宮野が佐々木と過ごした時間を振り返る場面では、スクリーンに花火が打ち上がり、ストーリーにさらなる青春の甘酸っぱさを加えた。

その後も少しずつ距離を縮めて行く2人の日々の移り変わりを、原作コミックの画像を用いてつなげながら、第2幕となる「個人面談」のエピソードへ。ここでは、暮沢と佐々木のコミカルな掛け合いを中心とした物語が描かれた。そして、水族館が舞台となる終幕では、白井がセリフの途中でむせるハプニングがありつつも、ラストはこの朗読劇のために原作者・春園ショウが描き下ろしたイラストが、スクリーンに大きく映し出されて終演を迎えた。

アフタートークでは、MCを務める新井から公演の感想を聞かれ、斉藤は白井がむせた場面について言及。白井が「余計なアドリブを入れるもんじゃないね」と苦笑すると、「自然すぎて(役に)入り込んでいたから、(台本と)違うことが起こったとは思えなくて。逆に『そういう芝居かな?』と普通に見ちゃう」と、その時の心境を明かしつつ、「これが生の朗読の良さ」とコメントした。また、平野役の松岡からの台本を読んでいる感ありありのボイスメッセージが流れ、舞台上では鋭いツッコミが飛び交った。

そして、2022年1月に放送が決定したTVアニメのティザー映像の振り返りをきっかけに、印象に残っているシーンや視聴者へのおすすめポイントを聞かれた白井。しかし、「新井君がそんなにピザが好きだとは思わなかったなー」と、新井がアフレコ時に毎回、違うピザ柄のTシャツを着てくるというエピソードに脱線。斉藤からの「ピザT何枚持っているんだっけ?」との質問に、新井が「この前、いただいたので11枚。今日も私服はピザTです」と答えると笑いがあふれた。

最後に、白井から「今日の朗読劇では、ちょっと先のお話もやらせていただいたので、初めてご覧になって『え?後々はそうなるの?』と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、そこに行くまでのプロセスをこれから楽しんでいただきたいです」とコメント。斉藤は「アニメ放送前に朗読劇をやらせていただくというのは、結構めずらしいんじゃないかなと思います。何を置いても、素晴らしい原作があってのアニメや、ドラマCD、朗読劇という広がりだと思います。先生の素晴らしい原作をスタッフさんとわれわれ役者一堂が繊細に丁寧に1つずつ積み重ねています。本放送まで今しばらくお待ちいただいて、原作と合わせて楽しんでいただければと思います」とメッセージを送り、ステージの幕が下ろされた。

文=中村実香

この記事の画像

放送情報

佐々木と宮野
2022年1月放送開始

白井悠介、斉藤壮馬の
スカパー!出演番組はこちら

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!