石川由依が動物たちの生態を見て感じたことを語る「人間ってすごい特殊な生き物なんだな」

「プレデター in パラダイス」のナレーションを担当する石川由依
「プレデター in パラダイス」のナレーションを担当する石川由依

さまざまな野生動物の生態や雄大な自然を、人気声優陣のナレーションと共に紹介する番組を数多く放送しているナショナル ジオグラフィック。7月14日から毎週木曜20時より、「ワイルド ネイチャー:プレデター・スペシャル」と題し、時に人間を襲う捕食者たちの生態に迫る、日本初放送の番組を3ヵ月に渡って放送している。

その中で、太陽が照り付ける熱帯の楽園にある海岸を棲み処とする捕食者と獲物とのスリリングな対決や、厳しい自然に適応してきた海辺の生物の驚くべき生態に迫るのが「プレデター in パラダイス」だ。本作のナレーションを「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」の藤聖子役や、「進撃の巨人」のミカサ・アッカーマン役などで知られる声優の石川由依が担当。

今回はナレーション収録直後の石川にインタビューを実施し、番組の感想などを聞いた。

――今回ナレーションを担当した番組の映像をご覧になった時の率直な感想を聞かせてください

「海に生きる捕食者をテーマにした動物たちのお話だったので、当たり前ではありますが、自然の厳しさみたいなものをすごく感じました。でも、逆にそんな厳しい自然の中で生き残る知恵だったりとか、繁殖する術みたいなものもたくさん描かれていて、驚きや学びもたくさんあったなと思いました」

――「プレデター in パラダイス」をご覧になって得た学びとは?

「動物たちの姿をみていると、逆に『人間ってすごい特殊な生き物なんだな』っていうのを感じましたね。人間の赤ん坊だったら1人では絶対に生き残れないですし、動物界のトップ・オブ・トップゆえに、他の動物に襲いかかられたとしても、知恵や武器で戦うこともできちゃいますし。改めて人間の凄さというか、同じ生き物でありながら、その特殊さをすごく感じました」

この記事の画像

放送情報

プレデター in パラダイス
放送日時:2022年9月22日(木)21:00~
チャンネル:ナショナル ジオグラフィック
※放送スケジュールは変更になる場合がございます

石川由依の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事