吉高由里子坂口健太郎の掛け合いは健在!新キャラ・松下洸平の存在も波乱を呼ぶ「東京タラレバ娘 2020」

「東京タラレバ娘 2020」
「東京タラレバ娘 2020」

吉高由里子、榮倉奈々、大島優子が共演し、「幸せになりたい」と願うアラサー女性3人の恋と友情をコミカルに描いた連続ドラマ「東京タラレバ娘」。東村アキコの同名漫画が原作の本作では、何かあるたびに居酒屋に集合して女子会を開いては、「タラレバ話」を繰り広げて盛り上がっていた倫子(吉高)、香(榮倉)、小雪(大島)。連続ドラマから約3年後の2020年に放送された一夜限りのスペシャルドラマ「東京タラレバ娘 2020」では、そんな3人のその後が描かれた。

33歳になった倫子は、恋愛ドラマの脚本家として引き続き奮闘する毎日。そんな中、図書館で出会った朝倉理一(松下洸平)と新たな恋をしていた。一方、昔、バンドマンとの恋で痛い目を見ていたネイリストの香は、小学校の同級生だった平沢ゆう(渡辺大知)と結婚し、倫子と小雪から羨ましがられていた。父親が経営する酒処「呑んべえ」で働くしっかり者の小雪は、ついに夢だった自分の店をオープン。それぞれが充実した日々を送っているように見える...とはいえ、人生に悩みは尽きないわけで、連続ドラマでお馴染みだった女子会の号令が本作でも頻繁にかけられることになる。

3人の中でも最も波乱万丈なのは倫子。少しばかり地味だが優しい朝倉と結婚することになって幸せの絶頂を経験することになるものの、天国から地獄へと突き落とされる事態が勃発する。まるでジェットコースターのように起伏の激しい日々に再び姿を現したのが、この3人を「タラレバ女」と呼び始めた名付け親であり、今やハリウッドで認められる俳優になった「金髪」ことKEY(坂口健太郎)だった。チャラついているがどこか憎めないバンドマンの涼(平岡祐太)や、小雪の不倫相手だった丸井(田中圭)、倫子の元恋人でTV局のプロデューサー・早坂(鈴木亮平)など、連ドラを見ていた人には懐かしい面々が本作でも登場している。

■30歳を過ぎても、倫子はミステリアスな男子に弱い?

周りの景色がピンク色に染まっていくようなハッピーな日々を過ごす倫子。カフェで朝倉が注文するのはスイーツで、倫子はビール。性格も趣味も違う2人だが、香と小雪に焚きつけられた倫子は朝倉に逆プロポーズを実行。その後、3人の中で恋愛絡みの出来事が起こった際に使われる「第4出動」を発令し、3人はいつものように「呑んべえ」に集合することに。3人で楽しく騒いでいるところに突如現れたのが、LAから仕事で帰ってきたKEYだった。

「東京タラレバ娘」より
「東京タラレバ娘」より

久々に現れるなり「あんたら、まだ女子会で盛り上がってんだ?」と相変わらず冷めたひと言を放つKEY。昔、「あの時、付き合っていれば」「あの時、素直になっていたら」ともしもの「タラレバ話」ばかりしている3人にグサグサ刺さる発言をした、クールで謎めいた性格は有名になっても健在のようだ。

坂口と松下がそれぞれの持ち味を活かし、まったく異なるタイプのミステリアス男子を演じているのも見どころ。何歳になってもチャーミングな吉高演じる倫子の恋模様が本作でも描かれるが、倫子は結局のところ、「謎めいた男子」に弱いのかもしれない。

■歩いていく道は違っても3人娘の友情は不滅

おおらかで温厚だが、マザコンの夫に不満を募らせていく香。カフェをオープンする夢は叶ったものの、孤独を感じる日々で、香から勧められたマッチングアプリで初めて会った男性と一夜を共にしてしまう小雪。夫にしびれを切らした香がついに家出してしまう場面で逃亡する先が連ドラでも登場した思い出の温泉だったりと、「こんなシーン、前にもあった!」とどこか懐かしい感覚で楽しめるのもスペシャル版の魅力だ。

そして、朝倉との結婚式でプライドをズタズタにされ、2人に「ネガティブブラックホール」と言われるほどボロボロになっている倫子の目を覚まさせる言葉を放つのは、やっぱりKEY。本作でもその名前の通り、物語の「キー」になるポジションを担っている。

どんな時も何かあったら駆けつける。3人の変わらない友情も清々しく、変わらずとも進化していくタラレバ娘の成長物語が楽しめる。

文=山本弘子

放送情報

東京タラレバ娘 一挙放送
放送日時:2023年3月5日(日)11:00~

東京タラレバ娘 2020
放送日時:2023年3月5日(日)20:30~
チャンネル:ファミリー劇場
※放送スケジュールは変更になる場合がございます

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

この記事の画像

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事