坂口健太郎が激しいアクションシーンに挑む!北村一輝と演じる時空を超えたバディが熱い「劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班」

2人の刑事が無線機によって時空を超えてタッグを組み、未解決事件に挑む坂口健太郎主演の「シグナル 長期未解決事件捜査班」は、見応えのあるストーリーで人気となった韓国ドラマをリメイクした作品だ。

本作が連ドラ初主演となった坂口が演じているのは、警視庁未解決事件捜査班の三枝健人。2018年を生きる警部補・三枝と、1997年を生きる刑事・大山剛志(北村一輝)がひょんなことから無線機によって繋がり、現在と過去を結ぶやりとりが事件の鍵となることで、現在と過去、2つの世界を結んでいく。

ドラマの放送から約3年後には「劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班」が公開された。

「劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班」より
「劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班」より

(C)2021「劇場版シグナル」製作委員会

劇場版の舞台は、2021年の東京。内閣情報調査室次長・三谷宗久(杉本哲太)の乗るハイヤーに何者かが毒ガスを仕込んだことにより、車は高速道路からの転落事故を起こす。その毒ガスは、2001年に多くの犠牲者を出した「西新宿テロ事件」で使用され、処分されたはずの「ヘロンガス」と同じものだった。

未解決事件捜査班の三枝は、2009年に法務省と防衛省の高官が突然死と思える交通事故を起こしていることに着目するが、その記録は処分済み。唯一、残されていた当時の資料も真っ黒に塗りつぶされてしまっていたが、目撃者に城南署の大山巡査部長の名前が記されていることを確認できた。三枝は、刑事の桜井美咲(吉瀬美智子)と共に、深い闇が横たわるこの事件に果敢に挑んでいく...。

■坂口が激しいアクションシーンに挑む!

この記事の全ての画像を見る

放送情報【スカパー!】

劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班
放送日時:2024年6月1日(土)21:00~
チャンネル:映画・チャンネルNECO
※放送スケジュールは変更になる場合がございます

詳しくはこちら

キャンペーンバナー

関連記事

関連記事

記事の画像

記事に関するワード

関連人物