磯村勇斗が現場で見た「ドラマ甲子園」大賞受賞作品と19歳の監督

若き演出家の才能を発掘するため、年に一度、全国の高校生を対象に1時間のドラマ脚本を募集する「ドラマ甲子園」。大賞に選ばれた脚本は、執筆した高校生自身が監督となり、プロのスタッフ&キャスト陣と力を合わせて1本のTVドラマに作り上げられていく。5回目となる今回、大賞に選ばれたのは、長野県松本市在住の宮嵜瑛太さんによる「キミの墓石を建てに行こう。」という、センセーショナルなタイトルのラブストーリーだ。

日々を無気力に過ごしていた青年・片瀬と、彼と運命的に出会った明るい少女・梨花。彼女の後輩・奈々も含めた3人で過ごす時間が増える中、病魔に冒された梨花が片瀬に託した最後の願いと、それを叶えるために奮闘する片瀬と奈々の姿を繊細なタッチで紡ぎ出していく。

「キミの墓石を建てに行こう。」

主人公・片瀬役にキャスティングされたのは、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」や「仮面ライダーゴースト」などに出演し、注目を集める若手俳優・磯村勇斗。ナチュラルながら印象的な演技はもちろん、ピュアな笑顔やクールな横顔など、多彩な表情を見せてくれる彼が、梨花役の志田未来と奈々役の白石聖と共に、青春の痛みと輝きを等身大の演技で表現している。今回は、撮影中のロケ現場に潜入し、彼に作品の魅力などを聞いた。

最初に脚本をお読みになった際の印象をお聞かせください。

「監督の宮嵜君が18歳の時に描いたお話ということだったんですけど、『18歳が描く作品じゃないな』と思いましたね。大人の恋模様もしっかり描かれていて、ちょっと驚きました。ストーリーも一見するとファンタジックな部分もあったりするのですが、どこか感情移入してしまうリアリティがあって、引き込まれましたね」

磯村さんが演じる片瀬については、どういった印象をお持ちになりましたか?

「最初、台本を読んだ時は、根暗で物事をあまりストレートに話さない人物だなと思いました。実際は、梨花に対しても奈々に対しても優しさを抱いているけれど、その気持ちを素直に話せない人なんだなって感じました。宮嵜監督とは、片瀬がどういう人物なのかを話し合いながら、お互いが抱いている片瀬という存在を共有しながら演じていました」

現場の雰囲気はどのような感じですか?

「宮嵜監督は堂々としていらっしゃいますね。コミュニケーションをよく取っていますが、監督自身が照れ屋なのか、キャストと話すのが少し苦手みたいで。思ったことをどううまく伝えたらいいか分からないみたいな、片瀬っぽいところがあると思いますね。最近は、他愛もない話をしたりして一緒に笑ったりする、そんな現場になっています」

一番心に残っているシーン、またはセリフがありましたらお聞かせください。

「冒頭の『指1本でも良かったのにな』という片瀬のセリフですね。そのセリフだけ取り出すとすごく気味が悪いけど、本人は一切そうは思っていないので、そのいい感じの言葉が面白いなと思いました。あと、梨花が『片瀬といると、冬でも暑い』というセリフがあるんですが、18歳であの言葉を書けるのはすごく素敵で、"青春"って言葉が似合うセリフだなって思いました」

そのシーンを実際に演じられていかがでしたか?

「リアルで言われてみたいと思いましたね。『一緒にいると、冬でも暑い』って言われたら、イチコロだなって思いました(笑)」

もし磯村さんが、親しい方に「墓石を建てて欲しい」とお願いされたら、どうされますか?

「墓石よりも古墳を建てますね(笑)。豪華な方がいいじゃないですか。お金と土地の問題はありますけど。もし僕が建ててもらうとしたら、等身大の自分の像を墓石にしてほしいですね。銅像みたいな感じで(笑)」

磯村さんは中学生時代に自主映画を制作されたことから、俳優の道を歩もうと決意されたとのことですが、宮嵜監督とお話される中で、当時を思い出したりされましたか?

「当時、自分は脚本、監督、編集も担当してましたが、周りは全部友達でした。今、宮嵜監督が経験している現場はプロのスタッフばかりで、その中で自分の思い描くものを具現化していくのは、すごく良い機会だなと思いますね。作品作りはみんなで行うものなので、宮嵜監督の初作品を一緒に素敵なものにしたいなという思いで演じています」

宮嵜監督のようにこれからプロを目指す10代に向けてアドバイスはありますか?

「遊べって言いたいです。何か目標を目指して一生懸命頑張るのはもちろん、有言実行という言葉があるくらい、自分の口から『○○したい』っていうのをどんどん周囲に伝えることで、目標や夢を引き寄せることができると思うんです。固くなって考え過ぎてしまうと、そこで止まってしまうので、心の柔軟性を失わないためにも遊んだり、友達と出掛けたり、息抜きとのバランスも大事だと伝えたいです。僕もずっと目標を口にしてきたことで、こうして俳優という夢を叶えることができたので、夢は公言していれば絶対に叶うと信じて、有言実行してほしいですね」

本作をご覧になる視聴者の皆さんへメッセージをお願いします。

「今回描かれるのは、19歳の監督による切ないストーリーです。すごく温かく繊細な物語なので、監督の描く細かい部分まで一緒に観て、楽しみながら感動していただけたらと思います」

文=中村実香 撮影=中川容邦

この記事の画像

放送情報

第5回ドラマ甲子園「キミの墓石を建てに行こう。」メイキング

放送日時:2018年9月6日(木)17:30~ほか


第5回ドラマ甲子園「キミの墓石を建てに行こう。」

放送日時:2018年10月28日(日)19:30~


チャンネル:フジテレビTWO ドラマ・アニメ

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事