中村隼人寺田真二郎が岐阜名物を秋らしいオリジナル料理に!【動画あり】

写真左から中村隼人と寺田真二郎
写真左から中村隼人と寺田真二郎

歌舞伎界の次世代を担う若きプリンス・中村隼人と、イケメン料理研究家・寺田真二郎がMCを務めるクッキングトークバラエティ「メンズキッチン」。

メンキチ恒例「にっぽん全国食べ尽くし!」シリーズで、10月は岐阜県を取り上げる。岐阜県と言えば、飛騨高山、世界遺産・白川郷に下呂温泉と観光に事欠かない名所だらけ。飛騨牛、赤かぶ、朴葉味噌など特産品もずらり。中でも観光都市・飛騨高山の郷土料理である朴葉味噌は、旅館などの一品に欠かせない名物だ。秋の風を感じる今月にふさわしい、食欲をそそる岐阜ならではの2品をご紹介する。

和洋折衷!?朴葉味噌風ビーフシチュー

まずは朴葉味噌を使った一品。他県ではなじみのない言葉、朴葉は「ほおば」と読み、自家製の味噌に、みりんや日本酒などの調味料とネギなどの薬味、シイタケなどを混ぜて朴の木の葉に乗せて焼く岐阜県の郷土料理だ。飛騨地方には朴の木が多く、香りが良く殺菌効果もあるという。「入れるだけでコクがでる」と中村も絶賛するこの岐阜の味噌を使って、和風テイストのビーフシチューを作り上げる。完成されたはずの洋風料理に伝統的な日本の味噌が意外なほどハマり、新しい深みやコク、そして食欲をそそる香りも楽しめるオリジナルメニューだ。

自宅で簡単!栗入り和風ティラミス

お次は、秋の甘味と言えばコレ!という「栗」を使ったデザート。岐阜県恵那地方の名産、恵那栗は今人気のブランド栗の一つ。また、お正月の栗金団とは別の、新鮮な栗に砂糖だけを加えて炊き上げる和菓子「栗きんとん」の発祥の地は、岐阜県中津川市だというほど、実は栗にゆかりある岐阜県。そんな名産の栗を使ったスイーツをクッキング。栗をふんだんに使って、和洋折衷な栗入りティラミスを作り出す。トッピングもたくさん用意して自分好みに完成させていくのも、メンキチ流の料理の楽しみ方の一つ。ちょっとした中村と寺田の大人げない対決もあり必見!

文=中川菜都美

これまでの連載はこちらのバナーをクリック!

この記事の画像

放送情報

メンズキッチン2

放送日時:2018年10月2日(火)11:30~

チャンネル:女性チャンネル♪LaLa TV

メンズキッチンのレシピはこちらから
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事