「モグラ女子」の代表・逢沢りなが、特撮モノで女優としての原点に立ち返る!

炎神戦隊ゴーオンジャー10YEARS GRANDPRIX
炎神戦隊ゴーオンジャー10YEARS GRANDPRIX

ファッション雑誌のモデルとしても、グラビアアイドルとしても大活躍する人物たちを「モグラ女子」と呼ぶ。(「モデル」の「モ」と「グラビアアイドル」の「グラ」から由来)
逢沢りなはその代表格で、女性誌では「MORE」や「LARME」、男性誌では「週刊プレイボーイ」や「メンズノンノ」などに登場し、多くの読者を虜にしてきた。その一方で女優までこなし大活躍中なのだから、彼女の多才ぶり、人気ぶりには驚くばかりだ。

■逢沢りな、及川奈央、杉本有美の3人でCDリリースも!

そんな逢沢が芸能界で最初に名を馳せたのが、スーパー戦隊シリーズのドラマだったことはファンならご存知の通り。2006年、中学生の時に事務所にスカウトされた逢沢は、2008~09年に放送された「炎神戦隊ゴーオンジャー」にゴーオンイエロー、楼山早輝役で出演し女優デビューを果たした。

「炎神戦隊ゴーオンジャー」は、乗り物の形をした機械生命体"炎神"の力を借り、公害を撒き散らすガイアークから地球を守るために戦うという内容。中学時代バレー部に在籍していた逢沢だけにアクションシーンも軽やかにこなし、その可愛さで画面に華を添え、「スマイル、スマイル!」と言って仲間を励ましたりと存在感は抜群だった。

またこの番組内で楼山早輝(逢沢りな)、ケガレシア(及川奈央)、須塔美羽(杉本有美)の3人が「G3プリンセス」というアイドルユニットを結成し、CDまで発売して大いに話題にもなった。

■NHK大河ドラマにも出演!女優としても活躍

その後逢沢は、その容姿と才能により数々のドラマや映画に出演するようになる。2009年にはNHKの大河ドラマ「天地人」にお松役として出演、2011年には映画『惨劇館~ブラインド~』で主演している。2017年には人気ドラマ「コールド・ブルー」にゲスト出演、また2018年には「恋する肉食べ女子」でドラマ初主演と、目下大活躍中だ。

モグラ女子として活躍する傍ら、着々と女優としての地位も築き続けている逢沢りな。そんな彼女の原点に触れられる作品が昨年リリースされた。「炎神戦隊ゴーオンジャー」の10周年を記念したVシネマ『「炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX』」だ。

当時のドラマの出演者が10年ぶりに揃って登場する、いわば同窓会的な作品で、逢沢や及川らがプロデューサーに持ちかけて製作が始まったという。それほど思い入れのある作品だけに、女優として成長した逢沢の演技もまた格別だろう。ドラマから10年の時を経た世界を描いた『「炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX』」は、6月2日(日)に放送予定。原点に立ち返り、スーパーヒロインとなった逢沢の姿をぜひ堪能してほしい。

文=堀慎二郎

この記事の画像

放送情報

炎神戦隊ゴーオンジャー10YEARS GRANDPRIX
放送日時:2019年6月2日(日)10:00~
チャンネル:東映チャンネル
※放送スケジュールは変更になる場合がございます

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事