横浜流星 最旬俳優のブレイク前の姿を「烈車戦隊トッキュウジャー」で!

横浜流星(「烈車戦隊トッキュウジャー」より)
横浜流星(「烈車戦隊トッキュウジャー」より)

2019年、令和初のブレイク俳優筆頭に挙げられるのは、なんといっても横浜流星だろう。1月期ドラマ「初めて恋をした日に読む話」で、東大を目指すどピンクヘアの落ちこぼれ高校生"ゆりゆり"を演じて大ブレイク。年上塾講師の深キョンを一途に想う姿が世の女性をキュンキュンさせた。

横浜流星は、現在22歳。小学校6年生のとき、家族と一緒に訪れた人生初の原宿でスターダストプロモーションにスカウトされ、超特急、M!LKなども所属するEBiDANメンバーとして、そしてローティーン向けファッション誌『ニコプチ』、『nicola』のメンズモデルとして活動しながら、2012年に「仮面ライダーフォーゼ」でドラマデビューを果たした。

「烈車戦隊トッキュウジャー」

(C)東映

イケメン俳優の登竜門ととなっているスーパー戦隊シリーズだが、横浜流星も御多分にもれず、戦隊出演経験あり。「烈車戦隊トッキュウジャー」で、常に冷静な判断を行うクールガイ、ヒカリ(トッキュウ4号)を演じた。この「トッキュウジャー」には、今をときめくイケメンがもう一人出演している。それがライト(トッキュウ1号)を演じた志尊淳だ。

つい先日も、志尊淳のインスタグラムに「4年ぶりの再集結」という言葉と共に、トッキュウ1~6号の志尊、横浜、平牧仁、小島梨里杏、森高愛、長濱慎、大口兼悟が決めポーズで写った写真をアップしてファンを沸かせたが、ふたりが大ブレイクした今でも、俳優陣の友情は続いているようだ。

トッキュウ4号

(C)東映

「烈車戦隊トッキュウジャー」は、列車をモチーフにしたスーパー戦隊シリーズ第38作。闇の皇帝を復活させるため、悪のステーション(駅)を増やし世界を闇で包もうとするシャドーラインに対抗し、レインボーラインを走り、正義の"烈車"に乗ってやって来る最強ヒーローがトッキュウジャー。他のスーパー戦隊と比べて、メンバーの過去や秘密、敵側のドラマも丁寧に描かれており、アクションだけでなく物語性が高い作品になっているのが特徴だ。

ヒカル(トッキュウ4号)を演じた横浜流星

(C)東映

ヒカリ(トッキュウ4号)を演じた横浜流星は、極真空手の有段者。なんと中学3年生の時に世界大会で優勝した経験もある。他のメンバーがスタントを立てているシーンでも、多くの場面で自らがアクションをやっていたそう。

見事な腹筋を表紙で披露した女性誌『anan』は完売、3月に発売した写真集『流麗』は6万5,000部超えで大ヒット中。「烈車戦隊トッキュウジャー」で、最旬俳優・横浜流星のブレイク前の初々しい姿をイッキ見してみてはいかがだろうか?

文=坂本ゆかり

この記事の画像

放送情報

烈車戦隊トッキュウジャー
放送日時:2019年8月12日(月)17:00~
※毎週(月)17:00~ほか
チャンネル:東映チャンネル

烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE
放送日時:2019年8月17日(土)6:00~
チャンネル:ファミリー劇場
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事