岡田准一、役者としてのターニングポイント!今改めて見たい「軍師官兵衛」

大河ドラマ「軍師官兵衛」
大河ドラマ「軍師官兵衛」

群雄割拠の戦国を見事に生き抜いた天才軍師・黒田官兵衛の鮮烈な生涯を描き、話題を集めた大河ドラマ「軍師官兵衛」。大河ドラマ初主演を果たした岡田准一にとってターニングポイントになったこの作品が、10月14日(月)からチャンネル銀河にてCS初放送される。

「この男がいなければ秀吉の天下はなかった」といわれ、知略に優れ不屈の精神力を誇った官兵衛。もともと青年期の官兵衛は、困難に真っ直ぐ立ち向かっていくような爽やかな武将だったが、主君の裏切りによって幽閉生活を強いられ、厳しい形相へと変貌していく。この幽閉を経て、官兵衛がどのように軍師として立ち直っていくのか...。岡田が演じる官兵衛には凄みが宿っていたが、特に本能寺の変を知った官兵衛が「ご運が開けました」と、豊臣秀吉に明智光秀を討つことを提案するシーンの鬼気迫る表情は大きな見どころのひとつだ。

大河ドラマ「軍師官兵衛」

また、竹中直人が1996年の大河ドラマ「秀吉」以来18年ぶりに秀吉を演じている点も見逃せない。平均視聴率30.5%を獲得した「秀吉」に主演した際は、「最も秀吉が似合う男」と称されるほどハマリ役だった。後に「天下を取った後の堕ちてゆく秀吉を演じたかった」とインタビューで語っているが、「軍師官兵衛」では「秀吉」で描かれなかった "闇"の部分を迫真の演技で存分に味わわせてくれる。

大河ドラマ「軍師官兵衛」

さらに、「軍師官兵衛」には松坂桃李、高橋一生、田中圭、中村倫也など、話題のイケメン俳優が多数出演。映画『孤狼の血』(2018年)で数々の映画賞を受賞した松坂が演じるのは、官兵衛の息子で黒田家の嫡男である黒田長政。大河ドラマ「おんな城主 直虎」(2017)で大きな話題をさらった高橋は黒田家の家臣・井上九郎右衛門に、そして「おっさんずラブ」(2018年)で大ブレイクした田中は、本作では徹底的に悪役として描かれている石田三成を熱演。「凪のお暇」(2019年)で人気急上昇した中村倫也は、織田信長の嫡男・信忠を演じている。

大河ドラマ「軍師官兵衛」

徳川家康役の寺尾聰や、織田信長役の江口洋介といったベテラン俳優の味のある演技も楽しめるほか、官兵衛の正妻・光を演じる中谷美紀や、秀吉の側室・淀役の二階堂ふみ、荒木村重の妻・だし役の桐谷美玲といった人気女優も華を添えている。今こそ改めて見たい「軍師官兵衛」で、ぜひ豪華な役者陣の名演に触れてほしい。

この記事の画像

放送情報

大河ドラマ「軍師官兵衛」
放送日時:2019年10月14日(月)8:00~
※毎週(月)〜(金)8:00~
チャンネル:チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうた
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!