シャーロックで熱演中、岩ちゃんこと岩田剛典(三代目JSB)がサスペンスで輝く!

岩田剛典(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE、EXILE)
岩田剛典(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE、EXILE)

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE、EXILEのパフォーマー、岩ちゃんこと岩田剛典は、「ろくでなしBLUES」(2011年)から俳優業をスタートさせ、「HiGH&LOW」シリーズのコブラ、「砂の塔〜知りすぎた隣人」(2016年)、「崖っぷちホテル!」(2018年)といったドラマから、『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』(2016年)、『パーフェクトワールド 君といる奇跡』(2018年)といった恋愛映画の男性主人公まで、幅広い役柄を演じている。

現在放送中の月9ドラマ「シャーロック」では、ディーン・フジオカ演じる現代版シャーロック・ホームズ=獅子雄の相棒となるワトソン=若宮として、ひょうひょうとしたスタンスでムチャぶりをしてくる獅子雄に翻弄されながらも、事件捜査に手を貸してバディとしての絆を築きつつある。

斎藤工

©2018 映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

■岩田にとって初の本格サスペンス主演作『去年の冬、きみと別れ』

「シャーロック」は、さまざまな事件の謎を解いていくサスペンスドラマだが、岩田にとって初の本格サスペンス主演作となったのが、映画『去年の冬、きみと別れ』だ。

「教団X」などを手掛けた芥川賞作家・中村文則によるベストセラー小説の映画化作品で、岩田が演じたのは結婚を目前に控え、スクープで一旗あげようと目論むフリーのジャーナリスト・耶雲恭介。彼が追うのは天才写真家・木原坂雄大(斎藤工)が撮影中の火事で盲目のモデルを死亡させた事件。事件ではなく事故ということで執行猶予となった木原坂だったが、猟奇殺人とにらんだ耶雲は、木原坂を密着取材することに成功。彼の芸術に対する偏執的なこだわりに驚きながらも、距離を詰めるにつけ彼に翻弄されてゆき、ついには婚約者(山本美月)を監禁されてしまう。

恋人を救うために必至に奔走する耶雲だが、ここからは木原坂だけでなく、彼を守る姉(浅見れいな) 、事件取材の良きメンターといえる週刊誌編集者(北村一輝)など耶雲を取り巻く人物のすべてが怪しく見え、イッキに思いもよらない物語に突入。そして、見ている者誰もがダマされる驚きのラストを迎える。

■翻弄されている岩ちゃんにいつしか翻弄される?

岩田剛典といえば、笑顔がステキな爽やかな人という印象がある。「シャーロック」でも『去年の冬、きみと別れ』でも浮世離れした人物に翻弄されながらも、自分のミッションを遂行しようと努めるマジメな好青年を演じている。

しかし、『去年の冬、きみと別れ』ではストーリーが進むにつれ、そのマジメさの裏に隠された不穏なムードが色濃くなってゆく。ドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」では、「もしかして、彼が犯人?」と思わせたが、爽やかな笑顔の裏に何か思いもよらないものを隠していそうな人物を演じるのがうまい。私たちは翻弄されている彼を見ているのに、いつのまにか彼に翻弄されているのだ。

翻弄される岩ちゃんがたどり着く事件の真相とは。そして、わたしたちは岩ちゃんにどうやって翻弄されるのか。『去年の冬、きみと別れ』は岩ちゃんファンにも、サスペンスファンにも、必見の作品だ。

文=坂本ゆかり

この記事の画像

放送情報

去年の冬、きみと別れ
放送日時:2019年12月20日(金)21:00~
チャンネル:映画・チャンネルNECO
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!