向井理中井貴一との共演を振り返る「貴一さんとやり合うシーンは気が抜けなかった」

富と権力を巡る人間の野望と愛憎を描く山崎豊子の傑作小説が原作の「連続ドラマW 華麗なる一族」(WOWOWプライム)。高度経済成長期の日本を舞台に、関西の政財界で閨閥を張り巡らす銀行の頭取・万俵大介とその家族の物語で、大介を中井貴一さん、息子・鉄平を向井理さんが演じる。

「何度も映像化されていますが、登場人物がそれぞれ欲望を持ち、すごくエネルギッシュな作品だと改めて感じました。山崎先生は取材に時間とお金をたくさんかけていたと言われますが、その取材に基づいた確固たるリアリティーとそれを上回る劇的な展開に圧倒されます。今まで見る機会がなかった方も見ていただきたいです」

鉄平は万俵家の長男で、万俵コンツェルンの一翼を担う阪神特殊製鋼の専務。大介の父であり、万俵財閥の創始者である祖父と容姿が似ていることから、大介との間にわだかまりがある難しい役。

「鉄平は熱くて真っすぐで正直者。だからこそ人にだまされるし、裏切られたりします。登場人物が欲望まみれで生きる中、唯一と言っていいほどポジティブなキャラクターで、作品内ではかなり異質な存在です。次々と逆風に追い込まれていくので、演じる上で、いろんなことをそぎ落とし、常にストレスを抱えて収録中も緩んだ顔をしないよう気をつけました。鉄平はストレスの根源である大介と、内田有紀さん演じる大介の愛人の相子のことを本当に憎らしく思っています。相子に辛辣なことを言われるシーンでは、鉄平に共感するあまり、本番後にいら立ってしまいました(笑)。それくらい、自分も含めて皆さんが役に入っている大人な現場になっています。役の緊張感を保つのに加え、自分の気持ちが鉄平になっているので、中井さんや内田さんとは現場でお話もしてないくらいです」

撮影に入る前から、主演の中井さんとの共演が楽しみだったそう。

「近年、貴一さんの作品を拝見させていただいていますが、今は無双状態じゃないかな?と思うほど、俳優として素晴らしいですよね。紫綬褒章も必然だと思います。ですので、貴一さんとやり合うシーンは気が抜けなかったです。お互い疑心暗鬼の中でやり合うため、ただ感情をぶつけるだけではない複雑な心境を表現するすごく繊細なお芝居になりました。そんな2人が対峙するシーンも見ていただきたいです。いつの時代も人間は欲望を持って生きているので、そのエネルギッシュさと壮大なスケールを楽しんでください」

むかい・おさむ●'82年2月7日生まれ、神奈川県出身。大河ドラマ「麒麟がくる」('20年)では足利義輝役を好演。4/20スタートのドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系)のほか、6/4(金)公開の映画「はるヲうるひと」に出演。

取材・文=玉置晴子 スタイリスト=外山由香里 ヘアメーク=晋一朗(IKEDAYA TOKYO)

この記事の画像

放送情報

連続ドラマW 華麗なる一族
放送日時:2021年5月2日(日)22:00~ほか
チャンネル名:WOWOWプライム
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

向井理の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!のサブスク PLUSY 4Kテレビのサブスクサービス
スカパー!