鋭い眼光にキャラが宿る!向井理が生への執着を持った零戦搭乗員を熱演!

「ドラマスペシャル 永遠の0」が3月にチャンネルNECOで放送する。原作は言わずと知れた百田尚樹のベストセラー小説であり、岡田准一を主演に2013年に映画化もしている。2015年に放送されたドラマ版は、テレビ東京開局50周年特別企画と銘打ち、600ページ近い原作を3夜に分けての計6時間を超える大作となった。「臆病者」「卑怯者」と蔑まされながらも生き残ることに執着した零戦搭乗員の生き様を、より多面的に限りなく原作に近い形で描いている。ドラマ版の主人公の宮部久蔵は、向井理が演じた。

スペシャルドラマ 永遠の0主演の向井理
スペシャルドラマ 永遠の0主演の向井理

今年40歳になる向井は2006年に俳優デビューを果たした。涼やかで知的な顔立ちと高身長を生かし、「のだめカンタービレ」(2006年)、「ハチミツとクローバー」(2008年)、「メイちゃんの執事」(2009年)ほか話題のドラマに出演。漫画からそのまま出てきたかのような圧倒的なスタイルの良さとイケメンぶりで視聴者をときめかせてきた。2010年には水木しげる夫人の自伝を原案にしたNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」で、松下奈緒演じるヒロインの夫を好演し、幅広い年代にも知られるようになった。

以降の活躍は、多岐に渡る。「信長協奏曲」(2014年)での信長を支える筆頭家臣や『ザ・ファブル』(2019年)での組の転覆を目論むヤクザなど、脇でも光る演技を見せている。今年1月スタートの主演ドラマ「婚活探偵」では、ハードボイルドを気取るゆえに恋愛経験のない探偵役で、情けなかったりポンコツだったりと、これまで見たことのない一面も披露。さらに、3月に公開を控える篠原涼子主演のコメディ映画『ウェディング・ハイ』への出演や、4月スタートの連続ドラマ「先生のおとりよせ」の主演を務めることも決まっている。多彩なジャンルのドラマや映画などで経験を積み、大人の渋みも加わって男前という言葉が似合う役者へ成長を遂げた。

「ドラマスペシャル 永遠の0」は、向井演じる、愛する妻子のために生き残ることに執着し続けた1人の男を描いている。桐谷健太と広末涼子演じる彼の孫たちが、母の言葉をきっかけに祖父の足跡を辿り始める。なぜ彼は特攻隊員として命を落としたのか。元戦友として、教官として、天才パイロットとして、愛する家族を持つ1人の人間としての姿を関係者たちが語っていく。その証言から祖父の人物像が浮かび上がってくる。それぞれ印象の異なる宮部の姿を、向井は真摯に演じきった。宮部として戦時下という異常な時代に人を愛し、死を恐れ、悩み葛藤し、人間らしく生きていた。生への執着を持った向井の鋭い眼光に、宮部というキャラクターの命が宿っていた。仲間や部下へぶつける言葉の1つひとつが、死してなお誰かの心の中に生きている。そんな鬼気迫る熱演を見せた。

この作品が終戦70年目に放送されたことにも非常に大きな意義を感じる。一見クールに見える向井が主演として背負ったもの、秘めたる熱量の大きさは想像に難くない。その思いはすべてセリフや表情に込められている。原作者、スタッフ、キャストの情熱が詰まった傑作となった今作。男らしさや人を愛すること、そして人間とは戦争とは何なのか。向井理が体現した宮部久蔵という1人の人間を通して、この物語の本質を見届けてほしい。

文=中川菜都美

この記事の画像

放送情報

ドラマスペシャル 永遠の0 #1~3 

放送日時:2022年3月5日(土) 14:00~

チャンネル:映画・チャンネルNECO

※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事