レモン色の金髪がキュート!目を惹きつけるラウールの王子様のような存在感

映画「ハニーレモンソーダ」(7月9日公開)
映画「ハニーレモンソーダ」(7月9日公開)

累計700万部突破の同名少女コミックを映画化した青春ラブストーリー『ハニーレモンソーダ』が、7月9日(金)より公開される。それに合わせ、秘蔵メイキングなどと共に見どころを徹底紹介する「映画『ハニーレモンソーダ』公開記念特番」が、衛星劇場にて7月9日(金)、ホームドラマチャンネルにて7月10日(土)に放送となる。映画単独初主演を務めたSnow Manのラウールや、ヒロインを務めた吉川愛の息の合ったスペシャルトークも展開される。

ラウール扮するレモンソーダ男子が話題に!映画「ハニーレモンソーダ」(7月9日公開)

(C)2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会 (C) 村田真優/集英社

"読者が選ぶ好きな少女マンガ&実写化してほしいマンガランキング1位"(※「セブンティーン」(集英社)2020年9月号より)に選ばれるなど、ティーン女子の圧倒的支持を集める少女コミックを映画化した本作。学園の人気者の三浦界(ラウール)と、いじめられていた過去があり、自分に自信を持つことができないヒロイン・石森羽花(吉川愛)らによる甘酸っぱい高校生活を描く。

映画「ハニーレモンソーダ」(7月9日公開)

(C)2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会 (C) 村田真優/集英社

羽花だけではなく、女子のハートをわし掴みにするのが、髪をレモン色に染めた界。いつもは塩対応でソーダみたいに刺激的だが、実は誰よりも優しい"レモンソーダ男子"を、ラウールがハマり役として演じている。

アイドルグループ、Snow Manのメンバーにして、身長188cm、股下96cmという驚異のスタイルと、17歳の現役高校生とは思えない色気とカリスマ性を持っているラウール。そのビジュアルとはギャップのある"人懐っこさ"でもファンを魅了しているだけに、究極のツンデレ男子、界役にはぴったり。教室や体育館、通学路など、明るい光が差すたびにキラキラと輝く金髪も実によく似合っている。

劇中では、界と羽花が徐々に距離を縮めていく姿が瑞々しくつづられるが、その過程は胸キュンシーンも満載だ。羽花が困っていると、さっそうと駆けつけて彼女を助けてくれる界。自らを「石森係」と呼び、なにかと羽花の世話を焼いてくれるなど、羽花にとって界は、まさに王子様のような存在。唇に手を当ててナイショポーズを見せたり、羽花の頭をぽんぽんしたり、「石でも、お前は宝石なんだよ」と語りかけてみたりと、クールな界が大いにドキドキさせてくれる。

映画「ハニーレモンソーダ」(7月9日公開)

(C)2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会 (C) 村田真優/集英社

本作のメガホンを取ったのは、『ピーチガール』(2017年)や『honey』(2018年)など、人気コミックを原作とした青春ラブストーリーに定評のある神徳幸治監督。本作では、キラキラとした恋愛模様だけでなく、"自分を変えたい"と願う羽花が変化していく様子や、ある秘密を抱えて後ろ向きになってしまう界の成長など、それぞれが"人と触れ合いながら、一歩を踏み出していく"という人間ドラマまでを描き出している。

映画「ハニーレモンソーダ」(7月9日公開)

(C)2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会 (C) 村田真優/集英社

ラウールにとって大きな挑戦となった本作の世界観を彩るのは、Snow Manによる「HELLO HELLO」。"愛"に出会えたことへの喜びを表現した楽曲で、Snow Manとしてもデビュー後初となるポップなラブソングとなっている。つい先日には、映画本編と「HELLO HELLO」のMVとのスペシャルコラボミュージックビデオも解禁されており、そのキラキラした主題歌同様、映画への期待も高まるばかり。夏にぴったりの爽やかな余韻を残す1作で、ラウールの俳優としての魅力もぜひ発見してほしい。

文=成田おり枝

この記事の画像

放送情報

映画「ハニーレモンソーダ」公開記念特番
放送日時:2021年7月9日(金)12:30~
チャンネル:衛星劇場
放送日時:2021年7月10日(土)21:30~
チャンネル:ホームドラマチャンネル 韓流・時代劇・国内ドラマ
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事