体当たりの演技も披露!新垣結衣のフレッシュな魅力が詰まった感慨深い初主演映画

「恋するマドリ」
「恋するマドリ」

弾ける笑顔とキュートなダンスで世間のハートを撃ち抜いたポッキーのCMなどでブレイク以来、幅広い世代で高い人気と好感度を得た新垣結衣。スペシャル版も放送したドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(2016年)の大ヒットも記憶に新しく、来年には初の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」への出演も控えている。

最近ではビールのCMにも初出演し、「大人になったなぁ」としみじみ見入った人も多いのではないだろうか。今なお健在の可愛さと大人の女性の美しさを兼ね備えた稀有な存在だ。

そんな彼女が『恋空』(2007年)以前に映画初主演を果たした『恋するマドリ』が、10月19日(火)にWOWOWシネマで放送される。近年は「逃げ恥」「鎌倉殿の13人」など妻役での抜擢が目立つが、『恋するマドリ』では姉の結婚を機に初めて一人暮らしをすることになった美大生・ユイをフレッシュに演じている。

松田龍平、菊地凛子ら実力派のキャストが出演した新垣結衣の初主演映画「恋するマドリ」
松田龍平、菊地凛子ら実力派のキャストが出演した新垣結衣の初主演映画「恋するマドリ」

(C)「恋するマドリ」パートナーズ

引っ越しが縁で出会った男女3人の恋模様を爽やかに描く同作。同じマンションに住む樹木研究者・タカシ役に松田龍平、以前の部屋の新しい住人・アツコ役に菊地凛子ら実力派の豪華キャストが脇を固めている。

そんな中で新垣は、恋に悩み戸惑うユイ役で走ったり叫んだり白目を剥いたり...と、体当たりの演技も披露。美大生らしく作品制作に夢中になるシーンや舞い散る桜の木の下で佇むシーンなどで見せる表情には思わず惹きつけられてしまうが、新垣の豊かな感受性で細かな感情の揺れを体現している。

同作での初々しい好演は、『恋空』などと合わせて高く評価され、ブルーリボン賞の新人賞にも輝いた。何事にもまっすぐ向き合うユイは、沖縄から上京しティーンモデルから女優への道を歩み始めた新垣とどこか重なって見える。松田とは後にドラマ「獣になれない私たち」(2018年)で約11年ぶりに再共演を果たし、大人の人間模様を展開しているのも感慨深い。

「恋するマドリ」
「恋するマドリ」

(C)「恋するマドリ」パートナーズ

『恋するマドリ』は、『勝手にふるえてろ』(2017年)や『私をくいとめて』(2020年)など、近年注目度を増している大九明子監督の商業映画監督デビュー作という点も注目だ。主人公の女性の繊細な心情を丁寧かつユーモアを込めて描写した近作2本も高く評価されたが、その原型とも言える表現が『恋するマドリ』にも見出すことができる。新垣結衣と大九監督のフレッシュな化学反応で生み出された独特の世界観を楽しみたい。

文=中川菜都美

この記事の画像

放送情報

恋するマドリ
放送日時:2021年10月19日(火)19:00~
チャンネル:WOWOWシネマ
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!