恋の喜び、切なさがリアルに伝わる!菅田将暉有村架純が見せた生っぽさ

『花束みたいな恋をした』より
『花束みたいな恋をした』より

菅田将暉と有村架純がダブル主演を務めたラブストーリー『花束みたいな恋をした』。男女幅広い層から支持を集めてロングヒットを記録した本作が、WOWOWに登場する。恋が始まるときめきや、気持ちがすれ違っていく切なさなど、彼らの紡ぐ恋模様が実にリアルで、"生っぽさ"を表現できる菅田と有村の演技力に改めて驚かされる映画となっている。

「東京ラブストーリー」や「最高の離婚」、「カルテット」をはじめ、今年放送され大いに話題となった「大豆田とわ子と三人の元夫」など、各時代において連続ドラマの金字塔を数多く手掛けてきた脚本家・坂元裕二のオリジナル脚本を、『罪の声』などで知られる土井裕泰監督が映像化した。

『花束みたいな恋をした』に出演した菅田将暉と有村架純
『花束みたいな恋をした』に出演した菅田将暉と有村架純

(C)2021「花束みたいな恋をした」製作委員会

主人公となるのは、東京・京王線の明大前駅で終電を逃したことから偶然に出会った麦(菅田将暉)と、絹(有村架純)。好きな音楽や映画、本が嘘みたいに一緒で、あっという間に恋に落ちた2人が同棲を始め、忘れられない5年間を過ごしていく姿を描く。

偶然出会った人なのに、同じ白のスニーカーを履き、2人とも天竺鼠のお笑いライブに行きそびれた経験を持ち、好きな本や漫画が同じで、口には出すほどでもないような日々に抱いていた違和感も同じ。好きなものを共有できる人に出会えたときの喜びは、誰にとっても格別なもの。麦と絹は初対面から何度もそんな瞬間を味わい、世界がパッと明るくなったような気持ちとともに恋の始まりを予感するのだが、その様子がなんともリアルで見ているこちらもドキドキとしてしまうほど。

(C)2021「花束みたいな恋をした」製作委員会

そのリアルさの秘密は、まず坂元裕二の脚本のすばらしさにあるだろう。劇中には実在のコンテンツが山ほど登場し、細かくディテールを積み上げてリアリティを生み出していく坂元の真骨頂をたっぷりと堪能できる内容となっている。そしてその脚本に命を吹き込んだ、菅田と有村の演技も圧巻だ。

もともと菅田とまた仕事をしたいと思っていたという坂元。菅田が「ラブストーリーをやりたい」と話していたことがきっかけとなり、最初から菅田と有村をイメージして脚本を書いたという。本作の公開初日イベントで坂元は、「闇や光など、2つの反するものを同時に表現できる。とても人間的なものをお持ちになっていて、そういう方はなかなかいない」と菅田についてコメント。有村については、「なんとも言えない、不思議な手品を見せられているようなお芝居をいつも見せていただいて感激しています」と語るなど、2人の役者力を絶賛する場面があった。

本作を見れば、彼らの特別な魅力を誰もがきっと実感するはず。とりわけ心に残るのが菅田と有村の表現する"生っぽさ"で、2人とも時代を代表するスターでありながら、社会でもがきながら生きる"普通の人"を説得力とともに演じている。恋の喜びや切なさ、息遣いやまばたき、笑顔も涙も真実味があり、実際に公開時には「自分の経験と重なった」「かつての恋を思い出した」という感想が多く見受けられた。彼らが、観客の記憶まで引き出してしまう力を持っている役者だとわかる映画とも言えそうだ。

文=成田おり枝

この記事の画像

放送情報

花束みたいな恋をした
放送日時:2021年11月27日(土)13:00~
チャンネル:WOWOWプライム
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!のサブスク PLUSY 4Kテレビのサブスクサービス
スカパー!